「陸王」で役所広司の息子役に山崎賢人が決定。「おやじの背中から、いろんなものを感じていきたい」

ニュース

 TBS系で10月期に放送される連続ドラマ「陸王」(日曜午後9:00、開始日未定)に、山崎賢人が出演することが決まった。同ドラマは、池井戸潤氏の同名小説を原作に、老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長の宮沢紘一(役所広司)がランニングシューズの開発に挑む姿を描くもので、山崎は紘一の長男・大地役を演じる。就職活動の傍ら、家業を手伝う役どころとなる。

 山崎は「大地と同じ23歳になる年に、この役に巡り合えて、とてもうれしいです。熱意もなく、自分が本当にやりたいことも分からず悶々としている中で、こはぜ屋の人たちが持つ情熱や義理人情に触れて、大地がどう変わっていくのか。そのさまが、これから社会に出ていく皆さまの力になることを願っています」と役を通じて、同世代の若者を後押ししたいとアピール。さらに、「足袋作り百年ののれんを掲げるこはぜ屋。その伝統を背負いながら挑戦をやめないおやじの背中から、 いろんなものを感じて、大地として生きていきたいと思います」と主演の役所から多くを学ぶ意欲を見せている。

 ドラマは、足袋の需要が先細る中、足袋製造で培った技術を生かした“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発という大勝負に打って出た社長の紘一が、苦しい資金繰りや世界的な有名スポーツブランドとの競争など、立ちはだかる困難を仲間と共に乗り越える姿が見どころになる。

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP