尾上寛之、清水葉月が「さぼリーマン甘太朗」に参加。エンディングテーマはイトヲカシの「アイスクリーム」に決定!

ニュース
LINEで送る

 眼鏡イケメンなエリート営業マン・飴谷甘太朗が周囲にひた隠しにしている秘密…それは「仕事を手早く片付け、サボってスイーツを食べる」こと! 7月13日にスタートするテレビ東京の木ドラ枠第2弾「さぼリーマン甘太朗」(木曜深夜1:00)に、尾上松也演じる主人公・甘太朗が勤務する「吉朝出版」で共に働く営業部社員として、尾上寛之、清水葉月が出演する。甘太朗の先輩となる販売営業部の営業マン・山地大輔役を尾上寛之、甘太朗に密かに憧れを抱いている女性社員・佐野えりか役を清水が演じる。

 「スイーツを食べて異世界にトリップする、経験したことのないところに挑戦できるという喜びがとても大きかったです。山地の見どころとしては、仕事をしてない佐野ちゃんとのコンビを楽しんでいただきたいです。美しい甘味と不思議な世界観。よだれの出過ぎにご注意ください」とユーモアあふれるコメントを寄せた尾上寛之。そして、清水は「脚本を読んだだけではどうやって映像化するのか全く分からないシーンもたくさんあったのですが、皆さんと想像をめぐらせて撮影に挑みました。キャラクターの濃い社員が多くそろった会社で、佐野ちゃんはマイペースに伸び伸びしていられるように心掛けていました。皆川(猿時)さんのアドリブが散りばめられた社内での掛け合いも密かに注目してください!」と楽しげな撮影現場の雰囲気を語った。

 さらに、ドラマを彩るエンディングテーマは、イトヲカシが歌う「アイスクリーム」に決定。イトヲカシは、伊東歌詞太郎と宮田“レフティ”リョウから成る注目の2人組音楽ユニット。2012 年に結成され、インターネットの世界に音楽を投稿、さまざまなアーティストへの楽曲提供やプロデュースワーク、サポートミュージシャンなどの活動をそれぞれが行い、特に動画サイトにおいて、その歌声とメロディーセンスが大きな話題を呼び、投稿動画総再生数は2500 万回、Twitterのフォロワー数は併せて60 万人以上と異例な存在だ。個々の活動を含めて4 年間の準備期間を経て、満を持して昨年から活動を本格化させた彼らが、ドラマとマッチングした楽曲で世界観を盛り上げる。

LINEで送る

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP