元・EXILEの松本利夫が長寿旅番組「遠くへ行きたい」に登場。信州の豊かな自然の中で食と水を満喫!

ニュース
LINEで送る

 2015年でEXILEのパフォーマーを卒業したMATSUこと松本利夫が、6月4日放送の旅番組「遠くへ行きたい」(読売テレビ 日曜午前7:00、日本テレビ 日曜午前6:30)に出演する。食と水をテーマにした今回の目的地は初夏の信州。そこで、アルプスの雄大な自然とそこで生きる男たちの暮らしの知恵を探る。

 47年続く長寿番組に新風を巻き起こすため、初の起用となった松本に対し、読売テレビの中間利彦プロデューサーは、「舞台やバラエティーなど、さまざまなことにチャレンジする松本利夫さんなら、きっと『遠くへ行きたい』に新しい可能性を見いだしてくれると考えました」と明かす。

 信州大学の祭りサークルのメンバーと共によさこいソーランの練習に参加し、街のいたる場所にある湧き水を利用した酒屋をのぞいて水の恩恵を知った松本。「最終日に行かせていただいた乗鞍でのロケは、大好きな手打ちそばの体験をさせてもらったり、山菜を採って小川で洗ってそのまま食べたり、神秘的な滝も見られて、本当に思い出深かったです」とコメントしている通り、安曇野では信州サーモン養殖場を訪ねてサーモン尽くしの料理を味わうなど、食をテーマにしているだけあって、旅先で松本が食べるものにも注目だ。

 「あらためて長野県に行かせてもらって、そこでしかない産物だったり、住まれている方々の人柄の温かさ、水や自然の大切さを感じさせていただきました。一度訪れてみたかった松本城にも行けて、楽しく勉強になる3日間でした」と充実した撮影を振り返った。

LINEで送る

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP