本郷奏多が怪獣オタクに!? 主演ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」が6月スタート!

ニュース
LINEで送る

 連続ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」が6月からスタートすることが決定した(MBS=6月4日スタート 日曜深夜0:50、TBS=6月6日スタート 火曜深夜1:28)。ドラマの舞台は1970年代半ばで、“特撮番組に登場する怪獣の研究”に青春を捧げた若者たちの物語となる。

 主人公・リョウタを演じるのは、映画「進撃の巨人」シリーズ、主演ドラマ「ラブホの上野さん」(フジテレビほか)、そして、今年12月には映画「鋼の錬金術師」への出演も決まっている若手実力派俳優の本郷奏多。怪獣を熱く愛する青年の葛藤と恋愛をひたむきに演じる。

 実際に存在していた“怪獣倶楽部”(空想特撮シリーズを愛し、怪獣をさまざまな角度から研究、怪獣の同人誌を発行していた団体)から着想を得て、円谷プロの協力の下、本作の制作が実現。「ウルトラマン」「ウルトラセブン」での実際の放送を徹底的に研究する、彼らのマニアックな編集会議の模様を全4話で描く。

 主演を務める本郷は、「誰でも気軽に見ていただける作品に仕上がると思いますが、特撮に夢中になった世代の方々は、昔を懐かしみながら見ていただけると思います。また、他キャストにもかなり強い個性を持ったすてきな面々がそろっておりますので、そちらもお楽しみください」とアピール。

 本作では、実際に放送された内容を議論するシーンが見どころの一つ。怪獣倶楽部の面々が独自の理論で熱く語り、また、劇中にもそれぞれの怪獣が実際に登場する。ウルトラファンにはたまらないマニアックな内容であるとともに、知らない世代の方々にも、彼らが熱く議論する姿はドラマとして純粋に楽しめるはずだ。

LINEで送る

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP