斉藤和義が名曲「東京砂漠」「シャドー・ボクサー」に初挑戦。「The Covers」リニューアルで新コーナーも! 

ニュース
LINEで送る

 2014年3月からレギュラー放送されているNHK BSプレミアムの音楽番組「The Covers」が、4月28日から金曜午後10時枠にお引っ越し。4年目突入を機に、装い新たに拡大リニューアルする。これまで同様に人気アーティストによるカバーとトークはもちろん、新コーナーも誕生。日本の名曲を、さまざまな角度からより楽しめる番組にパワーアップする。

 日本の歌謡史に名を刻むアーティストを招いて名曲の知られざるエピソードに迫ったり、ミッツ・マングローブ率いる音楽ユニット・星屑スキャットが進行役となり、「昭和歌謡」のディープな世界へいざなうロケコーナー「BAR 好猫(バー・スキャット)」などの新企画もスタートする。

 リニューアル初回のカバーズゲストは斉藤和義。番組がレギュラーになる前に放送したパイロット版「The Covers特番」(2013年10月20日放送)の初回に出演以来、ソロでは3年半ぶりの登場となる。今回は昭和歌謡界に刻まれる名曲、内山田洋とクール・ファイブの「東京砂漠」、そして松本隆が作詞を手掛けた、原田真二の「シャドー・ボクサー」に初挑戦。また、オリジナル曲「遺伝」を弾き語りで披露する。

 日本の歌謡史に名を刻むアーティストを招いて名曲の舞台裏を聞く「LEGEND」コーナーには、松田聖子の「赤いスイートピー」や斉藤由貴「卒業」などを手掛けた松本が登場。これまでも「白いパラソル」(松田聖子)や「スニーカーぶる~す」(近藤真彦)など、松本作品をカバーしてきた斉藤とのレアなトークにも注目だ。

LINEで送る

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP