超特急は無事に卒業できるのか!?  「ふじびじスクール!」の卒業スペシャルが地上波&CSで放送

ニュース
LINEで送る

 メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急の冠番組「超特急のふじびじスクール!」(フジテレビのみ)が3月で最終回を迎え、このたび「超特急のふじびじスクール!卒業スペシャル」と題し、4月21日にフジテレビの「次ナルTV-G」内の30分(深夜3:30、関東ローカル)と、4月29日(午後7:00)にCS放送のフジテレビTWO ドラマ・アニメで完全版を放送する。

 「超特急のふじびじスクール!」は、2014年10月から「めざましどようび」内のインフォマーシャルとウェブ番組として始まり人気を博し、その圧倒的な反響を受けて地上波ミニ枠番組となるまで続いた人気バラエティー。超特急がさまざまな場所で社会勉強をするお勉強プログラムで、団長安田(安田大サーカス)から出されたミッションに従い、教室を飛び出して課外授業に挑戦していった。

 卒業スペシャルでは、「お勉強プログラム」として学んできた数々の成果を試し、超特急メンバーが本当に卒業できるのかをさまざまなコーナーを通じてテスト。おなじみの大喜利バトルやクイズコーナーはもちろん、フジテレビの新動画投稿サイト「DREAM FACTORY」を使った動画対決などを行う。

 メンバーの1号車コーイチは、「一旦終わりになりますが、今後僕らがいろんな場所で活動していく中で、“ふじびじ”で学んだことが生かされる時がたくさんあると思います。僕たちが大切にしている“ふじびじ”での思い出を、皆さんも大切にしてくれたらいいなと思います」、2号車カイは「終わってしまうのは寂しいけれど、このことを“新しい超特急”を見せるためのステップにできたらと思います」と今後の飛躍を約束。

 3号車リョウガは「悲しんでいてもどうにもならないし、もちろん僕らもふじびじスクールに“留年”したいので、今回のスペシャルが“次”につながる機会になればと思います」、4号車タクヤは「スタッフさんとも『またやりたいね』と話しているので、前だけ向いていきます。また帰ってくることを約束するので、それを楽しみに待っていてほしい」、5号車ユーキは「集大成を見せられるよう、懐かしの教室でスペシャルの収録をしました。感動的でもあったし、僕としては悔いの残るようなシーンもあったので(笑)、そんな姿も全部見ていただけたらと思います」と見どころをアピールしている。

 6号車ユースケは「次につながる最終回であるようにと願いながら、見ていただけたらいいなと思います。これで終わりではございません」、7号車タカシは「最終回って寂しいイメージがあるかもしれないけど、僕たち、団長先生と一緒にしっかり楽しみながら全力で挑ませていただきました。温かく見守ってくださったら」とメッセージを寄せている。

LINEで送る

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP