福士誠治と南沢奈央が号外新聞配布でドラマをPR! 「社長室の冬」主演の三上博史の迫力に感服

ニュース
LINEで送る

 WOWOWプライムで4月30日にスタートする「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」(日曜午後10:00)に出演する福士誠治と南沢奈央が、ドラマPRの号外型特製チラシを都内で配った。

 同作は、元新聞記者の作家・堂場瞬一氏の経済小説を原作にした社会派ドラマ。発行部数が低迷する、伝統ある巨大新聞社「日本新報」が、ドナルド・トランプ米国大統領を彷彿(ほうふつ)させる“暴君”ぶりを発揮する外資系企業の日本法人社長・青井聡太(三上博史)に身売りを画策するという衝撃的なストーリーが展開する。日本新報に勤務する南康祐役を福士が、酒井優奈役を南沢が演じる。

 通勤前のサラリーマンやOLに、サプライズでチラシを手渡しで配った南沢は、「朝早くから皆さん出社されてお疲れさまですという気持ち。気を引いてもらうのがなかなか難しかった」と慣れない作業に苦戦した様子。同じく、福士も「難しかったけれど、新聞が持つ力を感じることができた。新聞が持つ力はまだまだあるんだと思った」と身をもって体感した。

 劇中で、新聞社に無理難題を突き付ける主人公・青井を演じる、主演の三上博史との共演について福士は、「お会いする前は無口でクールなイメージがあったけれど、実際は気さくで現場を和ませてくれるいい先輩」と印象を明かしながら、「でも、いざ撮影になると、こっちが常に負けそうになるくらい。三上さんが役になり切った時のギャップはすてき」と感服。南沢も「目力がすごくて、すっかり三上さんの目力のとりこです」と笑わせた。

LINEで送る

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP