佐々木希と市川実日子がドラマ「小さな巨人」で長谷川博己を取り巻く女性に

ニュース

 4月16日にスタートのTBS系連続ドラマ「小さな巨人」(日曜午後9:00)に、佐々木希と市川実日子が出演することが決まった。佐々木は、主人公の刑事・香坂真一郎が左遷されるきっかけになる事件のキーパーソンとなる“謎の女”役、市川は香坂を支える献身的な妻・美沙役を演じる。

 同ドラマは、たった一つのミスで、警視庁捜査一課から所轄署の刑事に左遷された刑事の香坂を主人公に、絶対的な階級社会である警察のリアルな姿を描く。香坂は不条理な現実に苦しみながらも、自分の正義を信じて、警視庁のノンキャリアの最高峰である捜査一課長を目指そうとする。

“謎の女を演じる佐々木は、「警察内部の人間模様が描かれていて、誰が味方で誰が敵なのか分からなくなってく話の展開に、演じながらも話の続きが楽しみでドキドキしています」と物語に引き込まれていることを明かし、「どういった存在かが分からない不思議さを、少しでも感じていただけるように表現したいです」と意気込んでいる。

 また、市川も「人や自分を信じたり、疑ったり、おとしめたり。警察組織内で起こる人間模様に、ざわざわハラハラします。そんな中、香坂の信じていくものや言葉は、性別も職業も関係なく、人にとって大事なものなのではないかと感じました。香坂家のシーンが見てくださる方に、少しでもホッとできるものになったらうれしいです」と役どころを明かしている。主人公を取り巻く“陰と陽”の女性二人が、重厚なストーリーにどのように絡んでいくのか注目される。

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP