小栗旬、西島秀俊共演の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」で長塚京三が怪演を宣言!

ニュース
LINEで送る

 4月にスタートするフジテレビ系連続ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(火曜午後9:00=関西テレビ制作、開始日未定)に、長塚京三と飯田基祐が出演することが決定した。同ドラマは、小栗旬演じる稲見朗をはじめとする公安機動捜査隊特捜班の活躍を、直木賞作家の金城一紀氏が描いた骨太なアクションエンターテインメント。稲見と共に特捜班に所属する田丸三郎を西島秀俊が演じる。

 長塚が扮(ふん)するのは、警察庁警備局長・鍛治大輝。特捜班の生みの親で、国家を揺るがすテロ事件との対峙(たいじ)を迫られ、高度な政治的案件も飛び交う中、極めてドライかつ合理的な考え方をする切れ者だ。主に自身の忠実な部下である青沼祐光(飯田基祐)を介して特捜班に任務を言い渡すが、誰もその本心をうかがい知ることはできない。

 長塚は「『何を考えているか分からない男といえば長塚でしょう』と監督にお声掛けいただきました。特捜班のことをどう考えているのか、彼らを使ってどうしようとしているのか、非常に自制心が強い人間なので絶対に表に出さない。そこがすごく怖い男です。つかみどころのない重層的な役柄は難しいのですが、逆にいえば、そこが面白いです」とやりがいを感じている。

LINEで送る

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP