銀杏BOYZ・峯田和伸、初の連ドラ出演を決めた理由は“麻生久美子”

ニュース
LINEで送る

 4月24日にNHK BSプレミアムでスタートする連続ドラマ「奇跡の人」(日曜午後10:00)の第1話試写会に、主演の峯田和伸(銀杏BOYZ)、共演の麻生久美子、住田萌乃が出席した。

 連続ドラマ初主演の峯田は、出演を決めた理由を「麻生久美子さん」と断言し、「初めて自分がお芝居をした映画『アイデン&ティティ』で、芝居の仕方も分かっていない自分を全部受け止めてくれたのが麻生さん。洋服とかを買ってあげられない分、共演という形で恩返しできれば」と13年ぶりの共演に思いもひとしお。気合がみなぎっているだけに、「撮影が終わって家に帰る時は頭が真っ白。帰ると家の玄関でスイッチが切れたように寝てしまう毎日」と報告した。

 1児の母である麻生は、「出産をしてから、子供と向き合う母親役をやりたいと思っていたので、今回初めてその機会を頂けてうれしい」と喜びを口にした。演じるのは、口調も荒く暴力的な元ヤンキーという設定だが、「アクションが苦手で、峯田さんを殴るシーンでは、必要のないところで本気で殴ってしまいました」と告白。「サポーターを巻いてない時にふりでいいと言われたのに本気で殴ってしまいました。あの時は本当にすみませんでした」と恐縮していた。

 同作品は、脚本家・岡田惠和氏が、重度のハンディキャップを克服したヘレン・ケラーと彼女に光を与えたサリバン先生の実話をベースに描くラブストーリー。ダメ男・亀持一択(峯田)が、過酷な人生と闘うタフな女性・鶴里花(麻生)に一目ぼれしたことから、彼女の娘で目と耳に障害がある海(住田)にとっての“奇跡の人”になろうとする。

LINEで送る

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP