満島ひかりが「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」についに登場!

ニュース
LINEで送る

 女優の満島ひかりが、フジテレビ系で放送中の連続ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(月曜午後9:00)の2月22日放送回(第6話)に出演することが分かった。

 同作は、脚本家・坂元裕二氏が手掛けたオリジナルのラブストーリー。有村架純と高良健吾が主演を務め、若者たちがもがきながら生きる姿を5年半という長い物語として描き出す群像劇となっている。満島は有村演じるヒロイン・杉原音の亡き母親役で、第1話では亡き母が幼い娘・音に残した手紙を読み上げる声のみの出演を果たしたが、放送後にはその表現力の素晴らしさに「涙が止まらなかった」との反響が多く寄せられたという。

 そんな満島が、第6話でついに姿を現す。27歳になった音が、母が亡くなった年齢に達したという感慨にふけりながら母のことを回想するシーンで、幼い音が砂場で遊びながら母に「恋」について尋ね、それに対して母があふれんばかりの笑顔で「恋とは何か」を答える。

 村瀬健プロデューサーは「第1話で声の出演をしていただいた際は、見てくださる方にその言葉だけに聞き入ってほしかったので、その声が満島さんであるという情報はあえて一切伏せたまま放送しました。実際、テロップで名前が出るまで満島さんだと気付かなかった人も多かったようです」と振り返りながら、「幼い音が発する『恋って何?』という質問に対して、彼女が伝える答え。それが、ここから始まる第2章の行方を暗示しています。それは、満島さんに演じてもらえたからこそ伝えられる重要な言葉です。ある意味、このドラマ全体のテーマともいえる言葉です」と明かしている。

 音たちの2011年までを描いた第5話で第1章が終わり、第6話からは5年の歳月を経た16年へと舞台は移り、第2章に突入する。

LINEで送る

関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2016年6月3日号
発売日:2016年5月25日
特別定価:340円
表紙:堂本剛

新着 タレント連載

5月29日は何の日?

友引
国連平和維持要員の国際デー、こんにゃくの日、呉服の日、競馬・日本ダービー(東京)

5月29日生まれの有名人

後藤理沙子〈SKE48〉(’97)、井上理香子〈フェアリーズ〉(’96)、石田ニコル(’90)、伊勢谷友介(’76)

テレビ視聴率ランキング

地上波録画予約ランキング

地上波録画視聴ランキング

アンケート&プレゼント

投票して特製図書カードをもらおう!
「テレガイゴング」読者意識調査アンケート!

PAGE TOP