GOING STEADY時代の曲が「恋仲」挿入歌になった峯田和伸。最終回に特別出演

ニュース
LINEで送る

 フジテレビ系連続ドラマ「恋仲」の9月14日放送になる最終回に、銀杏BOYZの峯田和伸が特別出演する。初回放送の回想場面で、主人公・三浦葵(福士蒼汰)とヒロイン・芹沢あかり(本田翼)が高校時代にイヤホンを分け合って聴いた「BABY BABY」は、峯田がバンド・GOING STEADYを結成していた時代に、19歳で作詞作曲した代表曲の一つ。続く第2話で世武裕子によるカバーバージョンが流れ、7年ぶりに再会した葵とあかりの距離をぐっと近づけるきっかけの曲として印象を残した。

 初回放送では、幼なじみの同級生という設定において、同時代、同時間をシェアした「BABY BABY」という楽曲が2人の懸け橋となったが、最終回では、峯田演じる人物が2人に何かを手渡すという。どのようなシーンに登場するのか、最終回の意外なサプライズとして注目したい。

 民放ドラマ初出演の峯田は「最終回ということで、今まで3カ月間ずっと撮影を続けてきた福士さんと本田さんの2人の感じが本当にいいな、と思いました。2人の中から自然に生まれてくるものがあって、それがちゃんと芝居の中に見えた」と月9の世界観に浸れたことがうれしいようだ。

 俳優としても映画などで存在感を放っている峯田だが、「今回の演技は0点。とりあえず迷惑だけは掛けないように努めただけです」と恐縮しきり。「親がドラマを見ていて、曲が流れているよ!と言って驚いていました。作った当時は、まさか将来フジテレビのドラマでああいう形で使われるなんて想像すらしていませんでしたから。今届かなくてもいつか届くことがあるかもしれないので、これからもたくさん曲を作っていきたい」と楽曲使用にしみじみしている。

LINEで送る

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP