池上彰がAKB48総選挙に興味津々!? 「日本の底力」を探る特別番組の第2弾

ニュース

 テレビ東京系では、「温故知新」をテーマに、日本に秘められた真の力を探る報道番組「池上彰のJAPANプロジェクト~ニッポンの底力スペシャル~」を、11月9日に夕方の部(午後4:00)、夜の部(午後7:54)の2部構成で放送する。このほど、東京都港区のテレビ東京で収録が行われ、キャスターを務める池上彰が取材に応じた。

 同番組は、50年前から現在に至るまで、日本がどう歩んできたのかを検証し、未来を見据える特別番組の第2弾。今回は「食」「マナー」「復興力」をクローズアップし、第1部では「日本食を文化遺産に押し上げた力」「食の安全を生み出した力」に迫る。第2部では、「外国人から『クール』と呼ばれる日本人」の実態と歴史をたどるほか、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城・石巻の製紙工場の被災から復興までの物語を、寺脇康文主演で映像化したドキュメンタリードラマなどをおくる。

 企画やスタジオのセットなど、同番組には池上の意見がさまざなところに反映されており、池上は「日本の良さを紹介する番組はたくさんありますが、この局は他でやらないことをやる」と宣言。「1964年の東京五輪の前は、ゴミだらけだったり、『うそつき缶詰』や『うそつきジュース』があふれていたんですが、そういった『日本のダメだったところ』を伝えられるのがこの番組のいいところだし、それらを地道な努力で改善してきた日本人の底力もしっかりと取り上げていきたいと思います」と力を込めた。

 海外から“クールジャパン”と呼ばれる日本独自の文化については、「海外から『クール』『カワイイ』といわれているそれらは、実は私たちが気付かなかったもの。外から指摘されて自分たちの魅力を知るということも大切なことなんですね」と言及。また、“クールジャパン”の中でもAKB48の選抜総選挙に興味を持っていることを明かし、「中国には選挙制度がないんですが、(上海で活動するAKB48の姉妹グループ)SNH48の選抜総選挙で中国の若者たちが初めて選挙を経験し、感動していたそうです。もしかたしたら、ここから中国の民主化運動が始まるかもしれません」と、独自の視点で分析していた。

関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」
千葉雄大サイン入りポラを
1名様にプレゼント!

PAGE TOP