スペシャルインタビュー

特集

BOYS AND MENが「炎・天下奪取」をリリース! MVでは銭湯で全裸ラインダンス!?

 東海エリア出身・在住のメンバーで構成されたBOYS AND MEN(通称・ボイメン)の勢いは2018年も止まらない! 6月に東京、7月に名古屋、8月に大阪のツアーを終えたばかりの、ボイメンの派生ユニット・誠のメンバーである本田剛文、勇翔、平松賢人、土田拓海、吉原雅斗に、9月12日発売のニューシングル「炎・天下奪取」について直撃取材を敢行した!!

──早速ですが、9月12日発売のニューシングル「炎・天下奪取」について教えてください!

平松賢人 「じゃぁ、(勇翔を指さし)お願いします!」

勇翔 「昨年の『帆を上げろ!』に続いて、ヒャダインさんに楽曲を作っていただきました。前回は夏の海をイメージした曲だったんですが、今回はじりじりとした暑さが地面から伝わってくるような感じで、いわゆる日本の夏を象徴したような曲。その暑さがボイメンとマッチしていますし、セミやいろんな音も入ってきますので、とても楽しい曲になっていると思います」

吉原雅斗 「いいね、誰の受け売りにもなってないコメント!(笑)」

──しかも、「炎・天下奪取」のミュージックビデオがスゴ過ぎです。みんなで裸になって銭湯に入って。

平松 「すっごく楽しかったんですけど、あまり体には自信がないからなぁ」

吉原 「誰も体のことなんて聞いてないから!」

土田拓海 「勇翔の時と違って、厳しくない?(笑)」

平松 「でも、すごくボイメンらしいMVかなって。“ボイメンとはコレです”って世の中に発信できるという意味ではうれしかった。まぁ、最初は僕、体に自信がないし、大丈夫かな?っていう二つの気持ちで複雑でしたけど(笑)」

土田 「僕は最初、銭湯だってことにびっくりして。曲のイメージとしては、『高校野球っぽいよね!』ってほかのメンバーと話していたので。グラウンドで白球を追いかけたり、そういうボイメンらしさかなって思っていたから。でも、実際に銭湯でMVを収録したら、すごく楽しかった」

本田 「確かにボイメンらしさでは、今までで一番の自信作。ファンの皆さんにも好感触だったんですけど、電車の中では見づらいらしくて(笑)。そこはもうちょっと配慮できたら良かったのかなって、若干の反省はあります」

──確かに電車の中で見るには、裸ばかりの映像なので恥ずかしそうです(笑)。収録では、いろいろとハプニングもあったんじゃないですか?

本田 「ポロリとかは普通にあったしね(笑)。って言っても元々、僕らは裸になることに抵抗はないんですけど」

土田 「脱ぐことに関してはね。ただラインダンスの振り付けを当日覚えたので、カメラマンさんにはかなりな僕らのセクシーショットを見せることになったのかなって(笑)」

──ちなみに一番、体に自信があるメンバーって?

本田 「辻本達規ですかね」

吉原 「うちの勇翔も負けてないですけど」

本田 「なんか今日、めっちゃ勇翔押しだね(笑)」

平松 「まぁ、でもつーじー(辻本)が一番脱ぎたがるよね」

本田 「逆に脱がないのが小林豊。今回も脱いでいるんですけど、かたくなに首にタオルをかけて胸元を隠してるんですよ(笑)」

平松 「そう。だから一人だとバランスが悪いからって、僕もタオルをかけることになったし」

土田 「オレもそうや。しかも、片方の乳首だけ隠れてて、“かた乳首だけNGなの?”ってファンの方に聞かれて、恥ずかしい思いをしたぐらい」

本田 「あいつはどっちかというと、女子力系男子だからね。肉体派とは対極にいて、普段はまったく脱がないキャラだし。そういう意味ではレアな裸かも(笑)」

平松 「昔は東京に来ると、いつも事務所みたいなところに泊まっていたから、あぁいう銭湯に入っていたよね」

吉原 「そうだった。懐かしいね」

──カップリング曲となった「あなたに出逢えたこと」と「つっぱりパッショネイト」は?

本田 「『あなたに出逢えたこと』はナオト・インティライミさんに書き下ろしていただいた曲で」

吉原 「ちょっとボイメンとしては珍しいミディアムバラードの曲なんです」

平松 「最近、ライブのセットリストを組んでいくと、めちゃくちゃ盛り上がる曲、盛り上がる曲、超バラードとあって、『あれ、中間の曲がない!』ってことに気付いて作っていただいた曲です」

吉原 「めちゃくちゃいい曲です。ナオトさんの曲は、ギターを弾き語りする人だからこそ作れる流れとか、独特の間があって。最初に歌ったときは難しく感じたんですけど、一回ハマるとものすごく気持ちが良かったですね。聴いてくださる人もきっと、心地よい曲だって思ってくれるんじゃないかな」

勇翔 「いいコメントだね」

吉原 「ありがと!」

本田 「『炎・天下奪取』は今年の勝負曲で、『あなたに出逢えたこと』はボイメンらしからぬ曲。そして『つっぱりパッショネイト』はボイメンのインディーズのころの楽曲の匂いがする懐かしき曲って感じですね」

平松 「この前、ライブで披露したんですけど、最近、ファンになったコたちは“どういう反応すればいいんだろう?”みたいな感じで聴いてたし(笑)」

本田 「YUMIKO先生は、昔から僕らのために曲を書いていただいている方で。今回もYUMIKO節がさく裂しているよね(笑)」

勇翔 「名古屋弁が入っているんですけど、語尾だけじゃなく、名古屋ではこのことをこういうふうに言うんだよって説明していたり。ちょっと名古屋弁の勉強にもなるのかなって思います」

吉原 「素晴らしい!」

本田 「今日ちょっと勇翔に甘すぎない?(笑)」

──そして来年の1月14日には…。

本田 「ついにナゴヤドームの単独公演が決定しました!!」

全員 「(パチパチパチパチパチ)」

本田 「6月、7月、8月と“誠ツアー”もやってきて。3公演とも、とんでもない盛り上がり方をしたよね?」

勇翔 「うん」

本田 「ボイメンのライブの中でも、トップクラスなぐらいの盛り上がり方だった」

土田 「まさにナゴヤドームにつなげるためのライブって感じで」

勇翔 「今回のツアーで初めて僕らのライブに来ていただいた方には、ボイメンってこういうグループだよっていうのが分かっていただけたと思います。次のナゴヤドームでは、きっとみんなでお祭り騒ぎしようぜ!ってなると思うので、ぜひ足を運んでほしいです!」

本田 「どうだった?」

吉原 「う~ん、イマイチ(笑)」

本田 「だよね、さっきの曲のコメントの方が良かった」

勇翔 「(がっくり)」

──来年のナゴヤドームの公演は、何か発表できることはあるんですか?

本田 「いや、僕らはまだ何も聞かされてなくて。ただ、『ボイメン名古屋夢まつり』ってあるので、きっとお祭りのようなライブになると思います」

吉原 「花火とか上げられたらいいなぁ。あとは屋台とか」

本田 「普通のお祭りと勘違いさせて、お客さんを集めるとか?」

土田 「チケットに食券を付けるとか」

平松 「それいいじゃん!」

本田 「でも、ニュアンスとしてはそういう感じになるんじゃないかな。今、吉原が冗談めかして言っているけど、半分本気だし。ボイメンのライブに行くぞ!っていうよりも、ボイメンが何か楽しそうなことやっているらしいよ!っていう敷居の低さを表現できたらいいねって思ってるんです。最終的に地元のお祭りのようなライブにできたらなって」

全員 「(パチパチパチパチパチ)」

【プロフィール】 
BOYS AND MEN
2010年に結成、東海エリア出身・在住のメンバーで構成された男性ユニット。現在、「ボイメン体操」「ボイメン☆クエスト」(ともにCBC)、「スタイルプラス」(東海テレビ)など、レギュラー出演番組多数。MBS/TBSで放送中の「マジで航海してます。~Second Season~」の主題歌「炎・天下奪取」が9月12日に発売。
【リリース情報】
「炎・天下奪取」 
9月12日発売
通常盤 ¥1,300円(税込) 
初回限定盤A/初回限定盤B 各¥1,800円(税込)

取材・文/今泉 
撮影/蓮尾美智子

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP