スペシャルインタビュー

特集

「警視庁・捜査一課長」で鑑識官を演じる“中国で最も有名な日本人俳優”矢野浩二を直撃!

 ヒラからはい上がった“たたきき上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く「警視庁・捜査一課長」。連続ドラマ第3作目となる今回は、安達祐実さんやナイツ・塙宣之さんが捜査一課に新加入し、ますますパワーアップして話題を呼んでいます。そんな人気ドラマで連ドラ第1作目から警視庁捜査一課・鑑識課主任の武藤広樹役を演じる、俳優の矢野浩二さんを直撃! 中国でも活躍してきた矢野さんに、今作で感じるやりがいや意気込み、そして難しさについて伺いました。

──「警視庁・捜査一課長」は連続ドラマとしては今回で3作目となります。撮影が始まった現在、どんな心境ですか。

「第1作目の頃は続編があると思っていなかったのですが、ドラマが好評なことに加え、3年連続で参加できて大変光栄です。3作目となり鑑識としての経験も積んできているので、僕なりに武藤の成長ぶりを表現できたらと思っています」

──今回特に気を付けていることはありますか。

「あまり気付かれないかもしれないのですが、実は見た目にもこだわっていて。2作目では髪形を天然っぽいパーマにしてみたのですが、今回はシンプルな髪形に戻しました(笑)。あと今回は、どれだけ苦心して手がかりを探しているか、武藤が画面に映っていない間の裏側のことを今まで以上に意識しています。鑑識としての地道な作業に思いをはせることで、一課長への報告シーンにリアリティーが出せたら、と思っています」

──矢野さんの思う、武藤広樹の一番の魅力を教えてください。

「単刀直入で、真面目なところですね。とにかく真っすぐな男だと思います。普段の自分とも似ているところは結構あって、僕も真っすぐ…というか不器用な方ですね(笑)」

──矢野さんは8年間にわたって森田健作さんの付き人をされていたそうですが、それも森田さんが出演する番組を見に行って直談判されたとか。ずばぬけた行動力をお持ちですね。

「うーん…まあ、普通じゃやらないですよね…それも不器用だからなんですよね(笑)。一度決めたら躊躇(ちゅうちょ)せず、周りにも相談せずに進んでいくので。それで何度も失敗しているので、必ずしもいいとも言えないのですが…(笑)」

──そこまで真っすぐに行動できる方はなかなかいないと思います! 今回新たに加入した安達さんや塙さんとの共演はいかがですか。

「僕が24歳の時に、ある学園もののドラマに出演したのですが( 世にも奇妙な物語「史上最高の転校生」(フジテレビ系)・1997年放送)、その主演が安達さんでした。共演はその時以来なので、もう20数年ぶりになりますね。塙さんは今回が初めての共演ですが、のほほんとしていてマイペースな方だなぁと(笑)。お二人もそうですし、内藤剛志さん演じる大岩一課長、金田明夫さん演じる小山田管理官など、捜査一課のメンバーはそれぞれ個性豊かなので、その中で僕の演じる武藤も役割を果たしていけたらと思っています」

──演じる上で、どんなところに苦労しますか。

「普通のドラマ、たとえば恋愛ドラマは自分の感情でせりふを出すので自然と演技できますが、刑事ドラマで出てくる言葉は、職務に関するものがメインなので感情が排除されたせりふをどう表現するかに、いつも難しさを感じています。『死亡推定時刻は〇時〇分、死因は〇〇』といったような報告が多いので3年間演じていても、その難しさはつくづく感じますね。だからこそ武藤が画面に映っていない時の仕事ぶりに思いをはせて、せりふが上滑りしないよう心掛けて演じています」

──普段絶対に口にしないせりふですよね…。ところで矢野さんは長く中国を活躍の場とされていましたが、中国でも刑事ドラマで演じられた経験はありますか。

「ないです! 中国だと公安ですが、外国人は演じられないです(笑)。ちなみに中国にも刑事ドラマはありますが、風紀上の問題からゴールデンタイムでは放送せず、深夜のみなんですよ」

──知りませんでした! 中国と日本とでは、ドラマの撮影現場に何か違いはありますか。

「中国の現場はとにかくスピードが速いです。1話を3日間くらいで撮り終えるので、日本に比べてだいたい倍のスピードで進みます。日本に戻ってきてもう3年経つので、日本のやり方にももう慣れましたね」

──今も中国と日本を行ったり来たりしながら活動されている矢野さんですが、今後日本でどんな役を演じてみたいですか。

「どんな役でも挑戦したいですね! 僕の場合、日本でまだまだ頑張らないといけないので、まずは、『警視庁・捜査一課長』という素晴らしい作品を通して、自分の名前を覚えてくださる人が増えてくれたらとてもうれしいです」

【プロフィール】 
矢野浩二(やの こうじ)
1970年1月21日生まれ。大阪府出身。日本で活動を始め、その後中国へ渡り数多くの作品に出演。ニューズウィーク日本版では「世界が尊敬する日本人100」にも選ばれた。最近では中国だけでなく日本、その他の国などでの活動の場を広げている。主な出演作品に、中国連続ドラマ「夢を追う」「私の太陽」、映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」など。
【番組情報】
「警視庁・捜査一課長」 
テレビ朝日系 
木曜 午後 8:00~8:54

取材・文/碇雪恵(テレビ朝日担当)

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP