スペシャルインタビュー

特集
LINEで送る

ラップで世界進出を目指す中学生HIPHOPグループ・MAGiC BOYZの野望を徹底解剖!

 映画「イカれてイル?」が2016年2月6日より公開。“リアル中学2年生によるリアル中二病”をテーマにした本作は、妄想の中で魔法学校に通い、世界最強のYoutuberを目指す少年たちが女子大生に淡い恋心を抱くフェイクドキュメンタリー。

 今作で映画初主演を務めるのはフウト(髙橋楓翔)、トーマ(井上東万)、リュウト(松田琉冬)、ユウト(中村祐翔)、マヒロ(藤田真広)からなり、ラップで世界進出を目指し活動する中学生5人組HIPHOPグループ・MAGiC BOYZ。映画の撮影秘話や、2月3日にリリースされた映画の主題歌「ありのままでマジボ」について5人に聞きました。

左からトーマ、マヒロ、リュウト、ユウト、フウト

――映画初主演ということで、おめでとうございます! 出演が決まったときの率直な気持ちを教えてください

ユウト「普通に驚いたけど、初対面の人とでなく、メンバーとやるのは緊張が少なかったし、慣れ親しんだ感じでできたかなって思います」
フウト「初の主演映画ということで嬉しかったです。このメンバーでやるとは思ってもなかったのでビックリしましたね! メンバーと一緒の撮影はとてもやりやすかったです」
トーマ「主演っていうだけでも驚いたけど、MAGiC BOYZの5人で主演をやるっていうのでさらに驚きました。普通にいつも会っている慣れ親しんだ人たちと主演をやって新鮮な感じでした」
リュウト「目標金額を集められたら制作できるっていう企画(クラウドファウンティング)だったんですけど、目標の約2倍ぐらい集まって。周りの人への感謝がすごくあったし、出資してくれたみなさんに後悔させないような映画が作れたのではないかなと思います」
マヒロ「僕は途中(2015年4月)からDJとしてMAGiC BOYZに入りまして。ユニットに入ったらライブとかが主な活動だと思っていたわけですよ。でも、俺が入って4か月後に映画の撮影だったからビックリしました!」

――『イカれてイル?』は魔法学校に通う中二病の少年たちと、彼らの女子大生への淡い恋心を描いた作品ですが、お気に入りのシーンはありますか?

トーマ「“ヤーマン”って呪文を言って、ものをバナナに変えるところです!」

――劇中では、結構な頻度でバナナが出てきましたよね

マヒロ「バナナの皮が必要だからってバナナめっちゃ食べたよね(笑)」
トーマ「休憩中もバナナ食べてました! 普通に美味しかったです(笑)」

――共演者の方々から学んだことはありましたか?

マヒロ「どれだけ俺たちが集中力ないかが分かった!」
リュウト「ほんと、みなさん集中力がすごかったよね。僕たちが主演の映画なはずなのに、僕たち以上にやる気を出させてしまって、“すみません、頑張ります”って思った」

――作品のキーワードでもある“中二病”。みなさんは中二病どんなイメージ?

ユウト「フウト説明してみてよ」
フウト「俺が説明すんの!?」
マヒロ「リュウトは答えられそうな気がするから、フウトから聞きたい」
フウト「中二病っていうのは、ちょっとイカれたやつらで、親への反抗と…(小声で「なんだよ…、あとなに!?」とフウトがメンバーの方を見ると「考えろ!」と言われ)こういうのも…」
マヒロ「リュウトは中二病ってどう思う?」
フウト「おい!(笑)」
リュウト「俺はね、二次元のキャラを自分に反映させてる、そういうのが中二病だと思ってた。自分を神だと思ってるというか『左手がうずきやがったぜ、俺の左手に封印されしダークエンペラーズドラゴンが!』みたいな」
ユウト「そうそうそう!!!」
マヒロ「すげえ! さすが、さすが」
リュウト「でも『なんで俺やんなきゃいけないの? お前やれよ』みたいな、そういう偉そうになるのも思春期の中にある中二病だと思います」

――映画の主題歌『ありのままでマジボ』もMAGiC BOYZが歌っていますが、これまでと曲調が少し違いますよね?

リュウト「これまでのマジボ(※1)はハードな曲が多かったんですけど、ついに変化球が来たなって」
フウト「雰囲気変わったよな」
トーマ「いままではオラオラ系だったんですけど」
リュウト「マヒロみたいに?」
ユウト「マヒロ、オラオラ系なんですよ。今日のオラオラは静かだね」
マヒロ「俺、普段はオラオラしてないからさ(笑)」
フウト「ステージ上ではめっちゃオラオラしてる!」

※1 MAGiC BOYZの略

――ライブでのMAGiC BOYZってどんな感じなんですか?

ユウト「普通のグループと違って、ダンスも多い方じゃないし、結構フリーな事が多くて。フウトなんか骨折してるのにダイブしたり、お客さんの方にどんどん入って行ったりします」
フウト「みんなにも飛び跳ねてほしいですね!」
リュウト「僕はペンライトを持ってこないでほしい。ペンライトがあるとアイドルってイメージが強くて。でも、僕らはアイドル的な盛り上がり方よりも、“Put your hands up”してほしい! 一回、本気でハジけてみると結構楽しいんですよ。だからやってみてね!」

――ファンのみんなと会場で一体感を生んで、一緒に盛り上がっていきたいのかな?

トーマ「マジボのライブはそうです。盛り上がればいい」
フウト「遠慮しなくていいから!」
マヒロ「この曲はこうしなきゃダメとか、そういうルールはないけどマジボは一緒に盛り上がらなかったらもったいないよね!」

――じゃあ、ライブに来てくれる人は日頃のストレス発散もできそうですね!

一同「そう! ストレス発散してほしいよね!」
リュウト「日々のことは忘れてほしい!」
マヒロ「マジボのライブくらいは好きにやっていいよって思う」

――映画の話に戻りますが、女子大生・彩香へのちょっとした恋心もストーリーの重要なポイントですよね。

ユウト「いや、ちょっとしたじゃおさまりきらなかったですよ! この子(リュウト)はもう台本としてじゃなくて…」
リュウト「俺がさ、(彩香を演じる北山)詩織さんにホレると思う?」
ユウト「っていうので、逃げてるんですよ(笑)!」
リュウト「俺はオカリナとかそういう…」
ユウト「(リュウトは)今、おかずクラブのオカリナさんにハマってて」

――リュウトくんの好きなタイプはオカリナさん?

リュウト「そう言うと誤解されそう(笑)」
ユウト「まあ、ラジオとかでも言ってるからね(笑)」

――恋バナついでに、ちなみにもうすぐバレンタインですけど、チョコレートをもらう理想のシチュエーションや、バレンタインの思い出を聞かせてください

リュウト「僕、バレンタインの次の日が誕生日なんですよ。だから『バレンタインじゃなくて、誕生日プレゼントをくれ』って言うんです。だけど、自分は誕生日プレゼントもバレンタインでもらった数として数えてかさ増ししてます!」
リュウト「フウトは?」
フウト「もらえるだけいいと思う。もらえたらいい!」
ユウト「俺、設定はあんま気にしないです。とりあえずもらえればいいかなって感じですね」
マヒロ「俺ね、1回怒られた記憶がある。チョコの上にグミを乗っけてくれた女の子がいたの。グミがすごく小さくて100個! 100個で絵を作ってくれたの。でも、グミとチョコあわなくね?って思って、こうしちゃって(チョコの上のグミを落とすジェスチャー)。で、怒られたんだよね。ちょっと苦い思い出」
ユウト「バカじゃねーの!?」
トーマ「それ、サイテーだよ!」
リュウト「それ、怒られただけで済んでよかったね」
フウト「やっぱお前、気つかえないんだな…」
マヒロ「違う、その時はまだ俺がガキだった!」
ユウト「いまでもガキだよ!」
リュウト「ちなみに何年生?」
マヒロ「小3だったかな?」
ユウト「ガキだな!」(一同爆笑)
ユウト「けど、小3の女の子がグミ100個のせて作ったんだ。すごいな」
マヒロ「すごいよね。今考えればすごい。」
トーマ「僕も同じになっちゃうんですけど、もらえるだけでいいです」
マヒロ「(同じってことは)グミ落としたんすか?」
トーマ「ちがう、ちがう(笑)。俺はそんなひどいことしない!」

――話は尽きませんが、そろそろシメましょう。最後にMAGiC BOYZの 2016年の目標を教えてください

トーマ「僕たちは世界進出目指してやっていますけど、まだ今は渋谷らへんって感じ。まずは日本を制したいですね。今年は日本で1度大きいところでやってみたいなって思います」
マヒロ「でも、MAGiC BOYZは、まだ大きなところでやったことはなくて。大きい会場でやっても、EBiDAN全体のライブに出させてもらったり、マジボは何組かの出演者の中の一組。自分たちのワンマンとして大きな会場でやったことはないんです。もっとお客さんの人数を増やして、大きい会場で騒ぎたいです!」
ユウト「一人ひとりのスキルをどんどん上げていけば、マジボ全体も上がる。各自で目標を立てて、自分の上を目指せばチーム自体がどんどん上がってくと思うので、スキルをあげてお客さんにどんどん楽しんでもらって、それと同時にでっかいところでライブやれたらいいなって思います」
リュウト「世界進出って言ったんですけど、そのためにはマジボの知名度を上げないといけないから、どんどん大きなとこでライブがしたいです。それに見合う努力もしたいと思います!」
フウト「マジボはラップにどんどん興味を持って成長してきているので。このままもうちょっとスキルを磨いて、もっと会場を大きくして、最終的に世界に行けたらなって思います!」

TEXT:伊藤美寿々

MAGiC BOYZ(マジックボーイズ)
MCフウト(髙橋楓翔)、MCトーマ(井上東万)、MCリュウト(松田琉冬)、MCユウト(中村祐翔)、DJマヒロ(藤田真広)が所属する中学生5人組HIPHOPグループ。2016年2月6日に初主演映画『イカれてイル?』が公開。同映画の主題歌『ありのままでマジボ』が発売中。
LINEで送る

TVガイド最新号

TVガイド
2016年6月10日号
発売日:2016年6月1日
特別定価:340円
表紙:大野智&小瀧望

新着 タレント連載

6月1日は何の日?

大安
衣替え、国際親の日、気象記念日、電波の日、写真の日、麦茶の日、真珠の日

6月1日生まれの有名人

本田望結(’04)、中山絵梨奈(’95)、前田亜美〈AKB48〉(’95)、夏川結衣(’68)、坂上忍(’67)

テレビ視聴率ランキング

地上波録画予約ランキング

地上波録画視聴ランキング

アンケート&プレゼント

投票して特製図書カードをもらおう!
「テレガイゴング」読者意識調査アンケート!

PAGE TOP