KISS & CRY

特集
LINEで送る

「コラントッテ」スペシャルイベントに宇野昌磨選手が登場! 「2年前よりいいプログラムができると信じている」

KISS & CRY

 宇野昌磨選手がアドバイザリー契約を結ぶ健康磁気ネックレス、「コラントッテ TAO ネックレス AURA Limited」 から“宇野昌磨モデル“が発売! これを記念したスペシャルトークイベントが横浜ランドマークプラザで開催されました。なんと約2時間で完売したという”宇野昌磨モデル“。会場には購入した方を含む500人以上のファンが集結しました。

KISS & CRY
KISS & CRY

 今季のフリースケーティングの曲『トゥーランドット』が流れる中、白いジャケットに黒いTシャツ、グレーのパンツという少し大人っぽい衣装で登場した宇野選手は、「最大限のおしゃれをしてきました」と照れながらファンへ挨拶。会場のあちこちから「昌磨~!」と熱い声援が飛び交います。実はフィギュアスケート関連以外のイベントには初参加という宇野選手は「たくさんの人の前で話すのは緊張します」とコメント。和やかな雰囲気の中、イベントがスタートしました。

KISS & CRY
KISS & CRY

──「コラントッテ」との出会いを尋ねられた宇野選手。

宇野「1~2年前ですが、お父さんのプレゼントを買いに行ったんですけど、その時に自分も何も付けていなかったので、(コラントッテは)見た目もおしゃれだし、付けてみたいと思いました。(その時は)髪の毛とかも試合の時以外はセットしたりしていなかったんですけど、セットするようになったり、ちょっとだけ自分の身だしなみに気を付けるようになってきた時で。他の選手がしているのを見て、僕も付けてみたいなと思って付けたんですけど、すごく気に入って愛用しています」

KISS & CRY
KISS & CRY

── この日つけていたのは赤をあしらった限定モデル。

宇野「今まで黒をつけていましたが、衣装に合わせた赤色を作っていただいて、派手でもなく、すごくかっこいいので気に入っていますね。わざわざ僕のモデルということで作っていただいたのに、全然売れなかったらどうしようかと思いました(笑)。スケートとは関係ないんですが、僕はすごくゲームをするので、昔は肩こりがひどかったんですけども(このネックレスをつけてから)ゲームを長時間できるようになりました(笑)」

── この夏もさまざまなアイスショーに出演している宇野選手に手応えを聞くと…。

宇野「たくさんのアイスショーで、ショート&フリー両方滑らせていただいているんですけども、まだまだ完成し切れていないところがたくさんあるので、一刻も早く滑り込めるようにと、ひたすら練習する毎日です。フリーに関しましては2年前にも使わせていただいた曲なんですけども、また違う味が『トゥーランドット』で出せるんじゃないかと樋口美穂子先生に選んでいただいて、この曲で1年戦っていきたいなと思います。絶対に2年前よりいいプログラムができると自分でも信じていますし、少しでも大人びた『トゥーランドット』ができればと思っています」

── オリンピックシーズンにあたる今季は、コンディショニングも重要になります。

宇野「試合に向けてのコンディショニングがいちばん重要なことかなと思っています。試合の時は気持ち1つで大きく変わってくるのですが、コンディションに関してはやることをやれば、最大限のパフォーマンスができるんじゃないかという思いで、調整しています。まずはなるべく睡眠をちゃんととって…。食事に関しては僕は何も言えないんですけど(笑)」

── 実は野菜が苦手だという宇野選手。体調管理は欠かせません。

宇野「けっこう太りがちではあるので、甘いものが好きなので、そういうのは気を付けるんですけど。せっかく何日もかけてやってきたものが、そういう些細な事で悪影響を及ぼさないように、やれることはしっかりやれたらなと思います」

── 平昌冬季オリンピックを目指す宇野選手にとって、アイスショーはプログラムへの反応を見る大事なステージ。練習にも力が入ります。

宇野「みなさんに見ていただける場に向けて頑張る練習が、すごく充実しています。先日出たアイスショーで初めてフリーをお披露目したんですけど、全然まだまだなので、これから頑張って練習していきたいです。練習時間はシーズンオンとオフでそんなに大きく変わらないんです。シーズン中はどれも万遍なく練習しなければいけないですけど、シーズンオフにしかできない、ジャンプをメインにしたり、スケーティングをメインにしたり、何かピンポイントで練習できるのが夏なんじゃないかなと思います。(アイスショーでは)滑り終わった後のみなさんの反応で、自分がどれくらいの出来だったのか分かるので、すごく緊張しながら滑っています」

── そんなストイックな宇野選手の気分転換とは?

宇野「ゲームとスケート以外で最近やったことがないんですけど…(苦笑)。(ゲームは)自分にとっては気分転換だととらえているんですが、傍から見ると、どっちもオンなんじゃないかと思われているようです(笑)。懸ける思いはスケート並みにあります!」

KISS & CRY
KISS & CRY
KISS & CRY

 終始笑顔があふれたイベントでは、フォトセッションやサイン会、そして握手会も催され、ファン1人ひとりと大切に向き合う宇野選手の姿が印象的でした。そんな宇野選手からメッセージです。

宇野「たくさんの方々に来ていただけてすごくうれしかったですし楽しかったです。こんなにもたくさんの方に応援していただいていることに、感謝の気持ちでいっぱいです。(試合では)演技後の拍手や声援の大きさで自分の演技がどうだったかわかるので、すごく自分のためになっています。滑っているときに声援が大きいと、気持ちも高まってその流れにのっていけたるするので、その声援をプレッシャーに変えないように、自分の力にできるように、自分でコントロールすることが大事だと思っています。みなさんの声援にこたえられるよう頑張ります!」



「KISS & CRY」とは?
「KISS & CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターのみなさんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組TVオンエアスケジュールも掲載。TVの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

LINEで送る

キーワード
関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP