KISS & CRY

特集
LINEで送る

「ユーリ!!! on FESTIVAL」に1万3千人が大集結!
メドベージェワ選手からのメッセージも!
「闘いとはどういうものかを見せてくれる作品」

 完全新作の劇場版の製作が決まるなど、ますます注目を集めている本格男子フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」。そのサマーフェスティバル「ユーリ!!! on FESTIVAL~第12.1滑走 超超超超がんばらんば!ふんどしだょ!!シーズン直前!!!長谷津くんちスペシャル!!!!~」が、7月16日に幕張メッセで開催されました。

 ステージには、勝生勇利役の豊永利行さん、ヴィクトル・ニキフォロフ役の諏訪部順一さん、ユーリ・プリセツキー役の内山昂輝さん、ギオルギー・ポポーヴィッチ役の羽多野渉さん、ジ・グァンホン役の本城雄太郎さん、レオ・デ・ラ・イグレシア役の土岐隼一さん、エミル・ネコラ役の日野聡さん、クリストフ・ジャコメッティ役の安元洋貴さん、ミケーレ・クリスピーノ役の前野智昭さんの9名の声優陣と、原案・ネーム・キャラクター原案を務めた久保ミツロウさんが登場。「離れずに側にいれくれてありがとう!」という、豊永さんのファンへの感謝を込めた挨拶で、イベントの幕が上がります!

 今回のテーマは“夏祭り”。イベント名の「長谷津くんち」は、勇利の故郷「長谷津町」のモデル・佐賀県唐津市で実際に行われている祭り「唐津くんち」にちなんでつけられました。久保先生の「いつもと違う異次元へと連れていく」という意味深なメッセージに、ファンから期待が込められた悲鳴が上がります。

 まず、「長谷津くんち」が行われている街を舞台にした、3部構成の朗読劇がスタート。第1部は、異国の文化に興味津々の海外スケーターたちが、“ふんどし姿の新プログラム”に挑戦!?というところで終了。どよめくファンを前に、久保さんは「みなさん受け止めきれていますか?」と心配な様子でした。

 ここで、「長谷津くんち王決定戦」という対決コーナーに。声優陣がチーム勇利とチームヴィクトルの2チームに分かれて、曳山(トロッコ)で場内を移動しながらゲームを繰り広げます。賞品が佐賀牛10万円分だと発表されると、声優陣のテンションもアップ! 特に内山さんは、肉に対して並々ならぬ情熱を見せます。

 対決は、アニメの1シーンにまつわる「長谷津マニアッククイズ」、会場の1万3千人のファンの中から1人だけ当てはまるお題を考える「目指せ!ユーリ!!! on FESTIVAL分の1」、ヨーヨーに見立てた巨大バルーンをファンがリレーする「ヨーヨー送り」、1分間の間で型をキレイに抜くことを競う「ただの型抜き」、Tシャツの玉が出るバズーカーで風船を撃ち落とす「ビッグ射的」の5番勝負。最終対決の「ビッグ射的」では、すばらしい射撃センスをみせたチームヴィクトルが大量ポイントを獲得しますが、最終的な勝敗は観客の拍手で決定することになり、各競技で健闘をみせたチーム勇利が勝利しました! 内山さんは「ごね得でした(笑)」とコメント。負けたチームヴィクトルは悔しそうな表情をみせますが、諏訪部キャプテンの「20万分の肉を食わせてやる」という男気あふれる言葉で、元気を取り戻していました。

 大盛り上がりの中、作品のファンでもあるロシアのフィギュアスケート世界女王エフゲニア・メドベージェワ選手からビデオメッセージが届きます。「闘いとはどういうものかを見せてくれる作品」と同作を評したメドベージェワ選手は、好きなキャラクターのヴィクトルについて、「ヴィクトルには2面性がある。真面目な面とハチャメチャな面。同じソウルを感じる」とコメント。また「作品の曲の中で滑りたい曲は?」という質問には、オープニング曲の「History Maker」を上げていました。

 朗読劇の第2・3部がスタート。それぞれ別行動をしていた選手たちが一堂に会する中、勝生勇利選手がとんでもない事態に陥るという怒とうのストーリー展開で、声優陣の演技にも熱がこもります。ラストはキャスト全員で、今回のために用意された楽曲「カツキくんち」を熱唱! 大爆笑のストーリーと生アフレコの迫力に、会場からは大きな拍手が贈られました。

 イベントもいよいよ大詰め。「History Maker」を歌うDEAN FUJIOKAさんのビデオメッセージに続き、羽多野さんがエンディング曲「You Only Live Once」を生披露。クールで熱いパフォーマンスで会場を沸かせてくれました。

 最後は声優陣一人ひとりが、挨拶をしました。内山さんは「こんなに多くの方々がイベントに協力してくれて、改めて作品の力ってすごいなと思いました」、諏訪部さんは「会場を埋め尽くすほどの愛を肌で感じられました。たくさんの“ラブ”に支えられて、ここまでやってくることができました。今後も心を込めて作品と向き合っていきたいと思います」とコメント。そして豊永さんは「僕は『ユーリ!!! on ICE』のいちばんのファンだと思っています」と作品に対する情熱を語り、「ちょっとお酒が入っちゃうとやらかしちゃう勇利くんとか、油断したらお腹がぽこって出ちゃう勇利くんとか、そんな彼も含めて愛していただけたら、うれしいなと思います。これからも応援よろしくお願いします。」と呼びかけました。

 大成功で幕を閉じた「ユーリ!!! on FESTIVAL」。イベント中には、7月21日(金)から開催される「ユーリ!!! on MUSEUM」や、唐津市とのコラボイベント「サーガ!!! on ICE」の第2弾、テレビシリーズ全12話の4DX上映など、今後の展開に関する新情報も続々発表されました。ますます世界を広げていく「ユーリ!!! on ICE」から、今後も目が離せません!


<関連情報>
【ユーリ!!! on MUSEUM】
◆7月21日(金)~9月3日(日) 渋谷タワーレコード8F SpaceHACHIKAI

【「ユーリ!!! on ICE」テレビシリーズ全12話の体感型アトラクション・シアター4DX上映】
◆9月23日(土)~ 全国の劇場にて

「KISS & CRY」とは?
「KISS & CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターのみなさんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組TVオンエアスケジュールも掲載。TVの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

LINEで送る

キーワード
関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP