KISS & CRY

特集
LINEで送る

樋口新葉選手&本田真凜選手がベルガール&パティシエに!
「トゥーランドット」を受け継ぐ本田選手へ
荒川静香さんがエール「感じたことを常に氷の上に注いで」

「プリンスアイスワールド2017 東京公演」が行われ、荒川静香さん、本田武史さんのほか、ゲストスケーターとして安藤美姫さん、町田樹さん、小塚崇彦さん、織田信成さん、村上佳菜子さん、宇野昌磨選手、三原舞依選手、樋口新葉選手、坂本花織選手、本田真凜選手、本田太一選手、本田望結選手が出演。夏の暑さを忘れさせてくれるような、清涼感あふれる爽やかな演技を披露しました。

 まずはショーに先駆けて屋外で荒川さん、樋口選手、本田真凜選手3人による記者会見が行われました。プリンスホテルにちなんで、樋口選手はベルガールの制服、本田真凜選手はパティシエのコスチュームで登場しましたが、時折吹く強風により、本田真凜選手の長い帽子がグラグラ。これには本人も「頭の長さが自分で分からなくてずっと壁に当たっています(笑)」と苦笑い。一方、樋口選手は「(実際にショーの中で着て滑るため)スカートを少し切って滑りやすくしてもらいました。あまりこういう服を着る場面がないので新鮮です」とニッコリ。さらに二人は、今シーズンに向けての意気込みも発表しました。

樋口選手「ショートがドン・キホーテの『ジプシーダンス』、フリーは(映画)『007』の『スカイフォール』を滑ります。どちらも振付師の方が選んでくれたのですが、いろんな方が使っている曲だと思うので、最初は自分らしさを出すのが大変かなって思っていたんですけど、しっかりシーズンまでに自分らしい部分を出せたらいいなと思っています。今シーズンは、自分の悔いがないようにとにかく1つ1つの試合を大切にしていきたいなと。自分らしさをショートでもフリーでも出していきたいと思っています。」

本田選手「ショートはタンゴで『ラ・クンパルシータ』という曲を滑ります。今までにタンゴ系は滑ったことがないので、今シーズン初めて挑戦したくて、シニアデビューの年に使いたいなと思っていました。やっと使える年になったので、毎日練習も楽しくて、すごく難しいプログラムですが、毎日毎日できることが少しずつ増えていくのが楽しみです。今年はオリンピックシーズンというよりは、シニアデビューシーズンという方が自分の中では大きいです。試合が楽しみで楽しみで。すごくいい年にオリンピックがある気がしているので、自分のペースで楽しんでやって、オリンピック出場を目指せればと思います。」

 そんな二人を前に、解説者でもある荒川さんが今季の展望を語りました。

荒川さん「男女ともに日本の選手が活躍しているので、代表争いも熾烈になると思います。でも熾烈だからこそ、皆がしのぎを削って成長するという良い側面があると思うので、そういった戦いの中で、選手たちがそれぞれ大きな成長をするシーズンになればいいなと思います。やはりオリンピックの良いところって、出場するたけでなく、それを目指して成長するからこそ魅力が大きいのがオリンピック。目指す選手すべてにとってオリンピックシーズンは重要な年です。成長することを自分の楽しみの一つとして、苦しい、辛いだけじゃなく、自分への期待を込めて頑張ってほしいなと思います。」

 また、今季のフリーで「トゥーランドット」に挑む本田選手は、この曲で’06年トリノ冬季オリンピックの金メダルを獲得した荒川さんに強い思いを伝え、荒川さんからもエールが贈られました。

本田選手「荒川さんの演技を見てオリンピックを目指したいなと思った憧れの方で、『トゥーランドット』は私の好きな荒川さんの演技の中でも1位です。自分らしい『トゥーランドット』を作りながら、荒川さんのような力強くて美しいプログラムができるように練習していきたいなと思っています。」

荒川さん「私自身もオリンピックで『トゥーランドット』を滑りたいなという強い気持ちが、オリンピックへのエネルギーになったので、自分の好きな曲で滑ることが力になるというところがあると思うんですね。だから、好きだと思って選曲できたこと、そしてそれが自分のパワーミュージックのような特別な存在になっていくために、これから滑り込んでいって、1回1回滑ることを楽しみにできたら心に残る演技につながっていくんじゃないかなと思います。“本田真凜さんにしかできないトゥーランドットだったね”と言われるようなプログラムになることを願っていますし、それを見るのも今から楽しみです。今回ここで披露するのと、また試合で披露するのと、月日が経って披露していくのとでは、味が変わっていくと思います。毎回感じたことを常に氷の上に注いでいけば、それが力になると思っています。」

 次回は、各スケーターたちの演技をリポートします!


「KISS & CRY」とは?
「KISS & CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターのみなさんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組TVオンエアスケジュールも掲載。TVの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

LINEで送る

キーワード
関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP