海外ドラマTVガイド WATCH

特集
LINEで送る

【インタビュー】
「シカゴ・ファイア」のテイラー・キニー来日
役作りから撮影の舞台裏まで、気になることを聞きました!

リアルなキャラクターにしたいから、ギリギリまで自分で演じているよ


 アメリカ・シカゴを舞台に、消防士・救命士たちの命を賭けた日々を描くドラマ「シカゴ・ファイア」。放送開始するや瞬く間に大ヒット、シーズン6の制作も決定した本作のメインキャラクターの1人、ケリー・セブライドを演じているテイラー・キニーが初来日。自らの役柄や作品の魅力について語ってくれた。

── この役柄を引き受けた理由をお聞かせください。

「僕自身、アウトドアな人間で体を動かしたり、外で動き回ったりするのが大好きなんだ。だから、消防士という役どころには強く惹かれた。もし俳優をやっていなければ消防士をやっていたかも、と思うくらい親近感のある職業だったからね。アクティヴなセブライドは、自分にピッタリなんじゃないかと思ったんだ」

── では、演じていて精神的・肉体的に苦労はないですか?

「もちろん精神的にも肉体的にも大変だよ。セブライドは複雑な男で心に暗さや傷も抱えているしね。でも、だからこそこの役に惹かれたし、演じ甲斐があると思っているよ」

── 消防士の役を演じるにあたり、どんな役作りをしましたか。

「2012年3月にパイロット版を撮影したんだけど、その前に2週間、シカゴの消防訓練学校でトレーニングを受けたんだ。ロープの結び方や体に付けるギアの付け外しの方法から始まって火災現場のシミュレーションも経験したし、煙の充満したコンテナに入ったり、専門用語の使い方を教わったりもした。本物のシカゴの消防士たちの出動に帯同して実際の事故や災害現場を見学したこともあるよ。彼らとは今でも友情関係が続いていて、撮影中に分からないことがあると教えてもらったりして、今もいろいろ学んでいるよ」

── アクションシーンもほぼノースタントだとか。

「屋上からロープで降りたり、炎の中を駆け回ったりする場面なんかも僕自身が演じている。時々、危険すぎるからってプロデューサーに止められることもあるけど、人間性を帯びたリアルなキャラクターにしたいと思うから、自分自身で限界まで頑張ってみたいんだ。でも、シーズン1で真冬のミシガン湖に入ってレスキューするシーンは、キツすぎたね。いったんは水に入ったんだけどあまりの寒さに無理だと思ってプロのスタントマンに交代してもらったよ(笑)。シーズン2ではスキューバのライセンスを取得して、水中シーンも自分で演技しているんだ」

── 自分の役以外で興味がある役はありますか。

「尊敬できるな、と常々思うのは大隊長のボーデンだね。深い知恵があって頼りになる人物だし、大人の男性・女性を諫めたり、仕切ったりしている手腕は本当にスゴイと思うよ」

── シカゴの街でのロケなど、撮影はどのようにおこなわれているのですか?

「1エピソードを撮影するのには毎回8~9日間かけていて、その半分以上がシカゴでのロケ撮影なんだ。僕自身は外で走り回るのが大好きだから、ロケは本当に楽しんでいるよ。シカゴという街も細部までよく知ることが出来たし、友達や知り合いも増えたしね。シカゴは、このドラマやスピンオフ作の重要な登場人物の1人と言ってもいい存在だよ」

── このドラマの成功で、「シカゴP.D.」など、スピンオフ(派生作品)がどんどん作られています。それらとのクロスオーバー・エピソードも多数制作されていますが、「~ファイア」の撮影に加えてクロスオーバー(2つまたは3つのシリーズをまたいで1つのエピソードを描くこと)の撮影となると大変なことも多そうですね。

「いつもの撮影だと1エピソードの脚本は55ページくらいなんだけど、そこに『シカゴP.D.』、『シカゴ・ジャスティス』(日本未放送)がクロスするとなると、覚える脚本のページ数は3倍にもなるんだ。勉強しないといけないことも増えるし、なかなかチャレンジングではあるよ。1つのストーリーとして矛盾がないように気も遣うしね。特に『シカゴP.D.』はナイトシーンが多いから、昼から準備して深夜、時には明け方までかかって撮影することもある。でも、撮影のトレーラーや照明器具がずらりと並んでいる光景は、まるでサーカスみたいで壮観だよ。シカゴの街の意外な一面が見られるし、夜景の美しさも格別だしね。他のドラマのスタッフやキャストと仲良くなれるのも嬉しいことだよ」

── 今回の来日ではお母様がご一緒だそうですね。どこか行かれるご予定は?

「明日(取材日の翌日)は京都へ行って、観光して、母に着物を買ってあげようと思っているんだ。東京ももっとあちこち行ってみたいと思っていたんだけど、今回はあまり行けそうもないね。実際に来てみて気づいたんだけど、思っていたより東京って広いんだね(笑)。次に来る時はもっとプランを練ることにするよ。日本の食事も大好きだし、都会だけでなく地方にも行ってみたい。日本的なものを知りたいし、神社仏閣、歴史的な建築物…見たいもの、行きたいところは色々あるからね」


 決められた時間の中、質問する方もされる方もよりたくさんの話をしたい一心で自然と早口になっていたが、真剣に語っている話の途中でも、同じ部屋の中でくしゃみをした人がいると「God bless you!(お大事に)」とすかさず言ってあげていたテイラー。大人の落ち着いた優しい雰囲気とちょっぴりの茶目っ気が印象的だった。

【プロフィール】
テイラー・キニー Taylor Kinney

1981年7月15日、米・ペンシルベニア州生まれ。ドラマ「ファッション・ハウス」(’06)でルーク・ジアーニ、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」(’09〜)でメイソン・ロックウッドを演じる。「ゼロ・ダーク・サーティ」(’12)、「ダメ男に復讐する方法(日本未公開)」(’14)などの映画にも出演している。


派生作品が次々と誕生している「シカゴ・シリーズ」


 シカゴシリーズとは、消防士・救命士のドラマ「シカゴ・ファイア」から生まれたスピンオフ作である刑事ドラマ「シカゴ P.D.」、医療ドラマ「シカゴ・メッド」(NHK BSプレミアムで放送中)、法廷ドラマ「シカゴ・ジャスティス」の4つの全米大ヒットドラマのこと。いずれもアメリカ・シカゴを舞台に「この街を守る」という使命を持つ者たちの姿を描いている。4つのドラマは登場人物同士が深くつながっており、互いの作品を行き来して同じ事件・出来事を描くクロスオーバー・エピソードが多く作られているのが魅力。製作総指揮は「LAW&ORDER」シリーズなどを手掛けるアメリカTVドラマ界のヒットメーカー、ディック・ウルフ。


取材・文/藤野貴子
撮影/中越春樹


<DVD情報>
「シカゴ・ファイア シーズン2」

DVD-BOX 7/5(水)発売 9,500円+税
DVDレンタル VOL.1〜6  6/7(水)レンタル開始
        VOL.7〜11 7/5(水)レンタル開始

発売・販売元/NBCユニバーサル・エンターテイメント
「シカゴ P.D.」

DVD-BOX 6/7(水)発売 8,000円+税
DVDレンタル VOL.1〜8 6/7(水)レンタル開始


発売・販売元/NBCユニバーサル・エンターテイメント

<放送情報>
「シカゴ・ファイア シーズン3」

AXN海外ドラマ 毎週木曜 午後10:00〜ほか(字幕)
AXN海外ドラマ 毎週金曜 午後11:00〜ほか(二ヵ国語)
「シカゴP.D. シーズン2」

AXN海外ドラマ 毎週金曜 午後10:00〜ほか(字幕)
AXN海外ドラマ 毎週土曜 午後11:00〜ほか(二ヵ国語)


LINEで送る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP