haru*hana インタビュー

特集

「PRODUCE 101」で大注目のユニットMXM未公開インタビュー!(Part.1)

haru*hanaインタビュー

「PRODUCE101 シーズン2」に出演したイム・ヨンミンとキム・ドンヒョンによるユニット・MXM。11月4日(土)には東京・渋谷で「MXM 1st LIVE & FAN MEETING UNMIX in JAPAN」を開催するが、チケットは即完! そんな人気急上昇中の彼らを「haru*hana」vol.44では、日本の媒体で初取材。グラビア&インタビューを掲載していますが、今回は誌面で紹介しきれなかった未公開エピソードを公開します!(取材は2017年8月末に行われました)


── 韓国でリリースしたデビューアルバム「UNMIX」のリスニングポイントを教えてください。

ドンヒョン「タイトル曲はサビの部分がとても簡潔で一緒に歌いやすい感じになっています。聴きながら口ずさんでもらえると思います!」

ヨンミン「ほかの曲も中毒性があって、ぼ~っとしている時にふと思い浮かぶような曲がたくさんある気がします。多様な姿をお見せするために、トレンディーな音楽など、いろいろなことにチャレンジしました」

── お気に入りのトラックは?

ドンヒョン「僕は『客観的な視線(객관적인 시선/ケッカンジョギン シソン)』が気に入っています。相手に話をしているような感じが良いです。特に明るく弾けていた雰囲気が、急に真剣に変わる部分が気に入っています」

ヨンミン「僕は『とりあえず出て来い(일단 나와/イルタン ナワ)』が気に入っています。普段の僕らとは全く違う雰囲気の曲です。ヒップホップでありながらも、ムーディーで、個人的に好きなジャンルの音楽なので、自分たちの曲として歌うことができてすごく幸せでした」

── 初めてレコーディングルームに入った時のことを覚えていますか?

ドンヒョン「初めてのレコーディングだったので、ものすごい使命感を持って臨みました(笑)。絶対に完璧にしたいと思って部屋に入ったのを覚えています」

ヨンミン「僕も初めてのアルバムなので完璧な姿をお見せしたいという欲がありました。経験が全くないので難しいとは思っていたんですが、それでもたくさんのファンの皆さんのためにできるだけ完璧な姿を、と思ってレコーディングルームに入りました」

── 収録曲の中で、自分の魅力がもっともよく表現できたなと思う一節はどこだと思いますか? 

ドンヒョン「『客観的な視線』のブリッジパートです。曲調がシリアスな雰囲気にガラッと変わって僕の歌声をしっかりとお聴かせできる部分だと思うので、そこで僕の魅力をアピールできるんじゃないかと思います」 ヨンミン「『とりあえず出て来い』で、何気なく『とりあえず、出て来い!』と言う部分があるんですが、普段の僕のイメージとは真逆な感じなので、ギャップをアピールできるんじゃないかなと思います」

── ドンヒョンさんは20歳になったらやってみたい“To do list”に「北海道に行くこと」を挙げていましたが、20歳になったら北海道で何をしてみたいですか?

ドンヒョン「学校で見た『歩いて世界の中へ』という番組の北海道編がすごく印象的だったんです。雪が膝の上くらいまで積もっていて、車の上にも雪が積もっていて…。積もった雪を踏んでみたいし、雪の中に埋もれてみたいです。有名な湖にも行ってみたいですし、“ラーメン王国”でいろんなラーメンを食べてみたいです。行くならぜひ冬に行ってみたいですね」 

── ヨンミンさんもドンヒョンさんのように「20歳になったらやってみたい!」と思っていたことはありましたか?

ヨンミン「僕は20歳になるまでどこかへ行ったことがありませんでした。釜山の中だけにいましたし、近くの海雲台(ヘウンデ)にもあまり行かなかったくらいです。20歳になったら一人暮らしをしたり、買い物したり、旅行に行きたかったんですが、ちょっと残念ですね」

── デビュー前に化粧品ブランド「TONY MOLY」のモデルに抜てきされたことも話題になりましたが、スキンケアへのこだわりは?

ヨンミン「肌のケアに興味があります。米のとぎ汁や緑茶で洗顔したり、1日にレモン水を2リットル飲んだり、いろいろ試しました。そのなかでは緑茶洗顔も良かったですが、何より水をたくさん飲むのが良いと思います」

ドンヒョン「今のハンサムの基準は美肌ですよね(笑)。僕も美肌になりたかったです(笑)。メークをするようになったらトラブルも起こるようになったのでキレイな肌になる方法などをいろいろ調べてみました。水をたくさん飲んで、ぐっすり寝て、日焼け止めを塗るように気をつけています(笑)」

ヨンミン「パックもよくしています。最近は時間がなくてシートマスクをしていますが、ピールオフパックなどをする時もあります」

── 最近は男性が女性にメークをしてあげる番組もありますが、自分がメークをしてあげることになったら、どのメークならうまくできそうですか?

ヨンミン「アイシャドーです。バーガンディーカラーで、ほんのりメークをしてあげたいです。チークもほんのりと赤くして、華やかにしてあげられる自信があります!(笑)。実際にやってあげたことはありませんが(笑)」

ドンヒョン「うまくできる自信はありませんが、ディズニーのお姫さまのようなスタイルのメークをしてあげたいです。目はぱっちり、目鼻立ちがはっきりするような。メークをされる方はちょっと微妙な気分かもしれませんが、最善を尽くしてあげたいです(笑)」


 発売中の「haru*hana」vol.44では、2人のシンクロ度などさまざまな角度から彼らに迫っています! MXMをもっと知りたい方はぜひ誌面をチェックしてくださいね!


購入はこちら→ https://zasshi.tv/s/product/catalog/t/category/ca/HAR

haru*hana(ハルハナ)とは?
韓国エンタメ好きのための、新しい情報誌「haru*hana」(奇数月20日頃発行)。
ドラマやK-POPはもちろん、最新芸能ニュースまで網羅!韓国エンタメの“いま”を知るならこの1冊!

Twitterアカウント:@haruhana_tvg
バックナンバー :http://haruhana.zasshi.tv/

キーワード
関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP