haru*hana インタビュー CROSS GENE「Love & Peace」のミュージックビデオ撮影現場の写真を公開!10月7日に両A面シングル「Love & Peace/sHi-tai!」がリリース!

特集
LINEで送る

“進化系 K-POPボーイズグループ”JJCC 2nd シングル『FREEDOM』日本先行発売

 世界的アクションスター、ジャッキー・チェンの手掛けるK-POPボーイズグループ、JJCC(ジェイジェイシーシー)。彼らの日本セカンドシングル『FREEDOM』が11月16日(水)にリリースされました。リリースイベントキャンペーンで来日したJJCCにセカンドシングルの話を聞きました!

――日本セカンドシングル『FREEDOM』は前作の日本デビュー曲『今すぐに』の路線とは180度違ってハードな歌詞とラップ色の強いものになりましたが、そのコンセプトを教えて下さい。

SimBa 「前作は‘彼氏にしたい6人組’とキャッチフレーズにあるように、ラブリーなイメージで「親近感のある爽やかな彼氏」(笑)的な曲でした。韓国盤が先にリリースされて約2か月後に日本語歌詞でデビュー曲としてリリースしましたが、日本のファンのみなさんへのご挨拶的な雰囲気もマッチしていて良かったのではないかと思います。今回の『FREEDOM』は作詞作曲、レコーディングにもメンバー全員が取り組み、今のJJCCの等身大の姿が反映された曲になりました。楽曲のクレジットには載っていませんが、作詞作曲はメンバー全員で作ったので思い入れは200%です!」

――レコーディングもメンバー全員で取り組んだと言う事ですが、苦労した点とかありま したか?日本語歌唱でしょうか?

San Cheong 「レコーディングはメロディやラップに慣れるように、同じ日に先に韓国語歌詞をレコーディングしました。この時は韓国のディレクターが立会ってのレコーディングでした。その後、夜の11時頃から日本語盤のレコーディングをしましたが、メンバーも身体に感覚が残っているので、スムーズにできると思っていましたが、やはり、日本語を同じ音符に乗せて行くので時間は掛かりました。この時は、日本のスタッフさんと僕たちでディレクションをしましたが、前作に続いての2回目のお仕事でしたのでコミュニケーションもバッチリで和気藹々の中にも良い緊張感が生まれて一体感がありました。」

――日本語歌詞はどうでしたか?

E.co 「デビュー前から日本語の勉強をしていたので、割と上手くできたと思います。前回の『今すぐに』の時は本当に緊張して前日は眠れなかったのですが、日本のスタッフともキャンペーン等で同じ時間を共有したので、僕たちの表現したいことを尊重して頂き良いレコーディングになりました。」
Yul 「『今すぐに』の歌詞で日本語の「つ」が僕の歌詞に多くて本当に発音が難しくて何回もNGがでました。でも、今回の歌詞には「つ」が無かったので問題ありませんでした(大笑)」

――この『FREEDOM』は、歌詞を見るとワイルドでちょっとヤンチャな感じがしますよね?『今すぐに』の時は色で言うとブルーとかピンクとか綺麗な明るい感じの イメージでしたが、『FREEDOM』は黒のイメージ。JJCCの色(カラー)とは?

Eddy 「以前から「JJCCの特色は?カラーは?」と聞かれますが、僕たちの「色(カラー)」 って無いんです。無いって言うとちょっとニュアンスが違うのですが、「どんな色にもなれる」のがJJCCなんです。今回のキャッチにも有りますが、留まる事をしない、常に進化しているのがJJCCなんです。だから、固定イメージもあまり持ちたくないですし、良い意味で常に新曲をリリースする時に「皆さんの期待を裏切りたい」と、思っています。次作はんなJJCCをお見せする事になるのか僕たちも本当に楽しみです!」

――日本先行発売と言う事は、セカンドシングルのリリースイベントでこの  『FREEDOM』を初披露したわけですが、反応はいかがでしたか?

Zica 「いつもなんですが、特に今回は日本先行だったので制作に時間が無くて本当にギリギリまで練習をしました。日本でのセカンドシングルにこの曲で行くと決まって、先に韓国語でデモは完成していましたが、日本語歌詞が出来上がってメンバー全員で練習、すぐにCDの写真撮影、翌日にレコーディング、その後にミュージックビデオの撮影。レコーディングが終わるとダンス用の振り付けで毎日深夜までレッスンしていました。今回のダンスが一番ハードで難しくて…。1回終わるとEddyじゃないですが、汗が止まらなくなりますね(笑)羽田空港に到着してそのまま日本イベントの初日の会場に直行しましたが、楽屋で本番前までずっと皆でダンスの練習をしていたんです。僕たちも緊張しましたし、ドキドキでした。でも、来場してくれたファンの方々は物凄くノッてくれましたし、応援も大きくて。ああ、一歩始まったんだなぁって思いました。」

――ステージを拝見しましたが、M.Vにも登場した「小道具」というか、フラッグを使ってのパフォーマンスをされていましたよね?

SimBa 「そうなんです。M.Vにも出てきますがこのフラッグこそが「FREEDOM=自由」の表現なんです。歌詞にもありますが、がんじがらめの世の中で僕たちが自由への扉を開けてあげるからこの旗のもとに集まれ!的な感じです。大きなステージでしかこのフラッグは危なくて使えないのですが(笑)、今回のパフォーマンスでも数回使いました。自分で言うのも恥ずかしいですが、物凄くカッコいいです!ダンスも激しくて個人個人の見せ場が散りばめられて「男くさい」JJCCをお見せ出来ました。

――あっと言う間に終わってしまった感のある日本のキャンペーンだったと思いますが、もっと長くステージを見たい!と、言う多くの声も聞こえていたのでは?

Eddy 「僕たちももっとたくさん歌いたいし、又、美味しい食べ物の多い日本に戻って来たかったので(大笑)ライブツアーを実現させる事にしました!12月23日に東京、12月24日に名古屋、12月25日に大阪の3会場6公演を予定しています。去年もクリスマスライブを東京で3日間行いましたので2年連続のクリスマスを日本の皆さんと過ごせることは本当にHAPPYです!

――では、最後に日本のファンの皆さんへコメントをお願いします。

SimBa 「JJCCリーダー、実写版ライオンキングのSimBaです。セカンドシングル『FREEDOM』のリリースイベントではたくさんの皆さんに又お会いできて本当に嬉しかったです。待っていて頂いた事が感動でした。是非、ライブにも遊びに来て下さい!」

Eddy 「汗is my life !?リードボーカルのEddyです。『FREEDOM』では物凄く激しいダンスとラップに挑戦しています。もっと汗を流しますのでこのライブツアーを是非見に来て下さいね~」

San Cheong 「ツンデレ末っ子、マンネのSan Cheongです。この『FREEDOM』ではJJCCの叫びを聴いて頂ければと思います。曲の最初のパートは僕なんですが出だしの「oh」がこの曲のポイントですので(笑)是非、生のステージで感じて頂きたいです!お待ちしています。」
E.co 「クリエイターE.coです。日本のイベントに多くの温かいファンの方が来て頂いた事を本当に感謝しています。僕たちも皆さんとクリスマスを過ごしたいので是非、ライブに来てね!」

Zica 「アンパンマンZicaです。『FREEDOM』はいかがですか?僕のパワフルVOCALも聴きどころなので是非、歌詞の「O-E-O-E-O-E-oh」を一緒に歌って頂きたいです!クリスマスにお会いしましょう。」

Yul 「セクシーYulです。又、日本でイベントが出来て皆さんにお会いできて本当に楽しかったです。日本が大好きですので、これからも日本で皆さんと楽しい思い出をたくさん作って行きたいです。ライブでお会いしましょう!」

JJCC 1st JAPAN TOUR 開催決定!!
~聖なる夜に舞い降りる6人のサンタクロース~
韓流グループ最速での東名阪ツアーの開催が決定!!

12月23日(金・祝) 東京・表参道Wall&Wall(http://wallwall.tokyo/)
【1部】開場12:00 開演 13:00 【2部】開場17:00 開演18:00

12月24日(土) 名古屋・VERSUS東海ホール(http://versustokai-hall.com/)
【1部】開場12:30 開演 13:30 【2部】開場17:30 開演18:30

12月25日(日) 大阪・梅田Zeela(http://osaka-zeela.jp)
【1部】開場12:30 開演 13:30 【2部】開場17:30 開演18:30

料金(各部共通):オールスタンディング
前売6,000円 当日6,500円 別途ワンドリンク代要

チケット発売開始:2016年12月5日(月) 午前10時~
チケット購入方法など、後日お知らせいたします。

お問い合わせ先:LGD Scene Creats(info@lgd-sc.jp)
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
※お車での来場はご遠慮ください。
※未就学児童の入場不可。
haru*hana(ハルハナ)とは?
韓国エンタメ好きのための、新しい情報誌「haru*hana」(奇数月20日頃発行)。
ドラマやK-POPはもちろん、最新芸能ニュースまで網羅!韓国エンタメの“いま”を知るならこの1冊!

Twitterアカウント:@haruhana_tvg
バックナンバー :http://haruhana.zasshi.tv/
関連リンク
LINEで送る

TVガイド最新号

TVガイド
2017年3月31日号
発売日:2017年3月22日
特別定価:350円
表紙:相葉雅紀

新着 タレント連載

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP