haru*hana インタビュー CROSS GENE「Love & Peace」のミュージックビデオ撮影現場の写真を公開!10月7日に両A面シングル「Love & Peace/sHi-tai!」がリリース!

特集
LINEで送る

SEVENTEEN未公開トーク!その3
楽曲制作やスペシャルステージ秘話

 大好評発売中の「haru*hana」vol.36に表紙で登場してくれたSEVENTEEN。ここでは、誌面の都合上、掲載できなかったインタビュー内容(その3)をお届けします!

※取材は韓国カムバック前の4月中旬に行われたものです。

(3)楽曲制作エピソード編

 楽曲制作や振り付けをセルフプロデュースするのもSEVENTEENの魅力。その舞台裏とは…? 本誌では主にディノ、ホシ、ウジが答えてくれましたが、こちらではヒップホップチームの回答も公開。スペシャルステージに対する思いや今後挑戦したいことについての未公開トークもご紹介します。

――曲作りのインスピレーションは?

ウォヌ「読書、映画、ドラマなどは、作詞や舞台表現のヒントになります」

バーノン「トレンドです。歌詞は今の時代の物語なので。みんなが共感できる歌詞を書きたくて、常にネットなどでトレンドをチェックしています」

エスクプス「たくさん想像すること。頭の中でミュージックビデオを描き、その情景に歌詞をつけたりします。でも、いつも想像するMV と 実際のMVは全然違うものになります(笑)」

セットチェンジ中。偶然ヒップホップチームが集まりました。

――振り付けのコンセプト作りはどうしていますか?

ホシ「曲を聴いたらまずユニット内でコンセプト会議をして、優等生か、不良学生か、などのコンセプトを考えます。それから、そのコンセプトに合うアイテムを探して、そのあとに振り付けを作り始めます。コンセプトに合う映画やドラマを見ることもありますね。そうやってひとつずつ集めていって、僕たちに合う動作に変えて作り上げていきます」

ミンギュ「『Pretty U』の場合は、振り付けを準備しながら映画『ハイスクール・ミュージカル』を見直しました。どうすればステージをより楽しくエネルギーあふれるものにできるか、すごく悩みました」

ウォヌ「今回はパフォーマンスに本を使用するのもポイントなんですが、小道具を使うのは初めてなので、どんなハプニングが起こるか想像できなくて…。そこはちょっとだけ心配だったりします」

パフォーマンスチーム。左からディノ、ディエイト、ジュン、ホシ

――音楽番組や授賞式のスペシャルステージを披露する際、どんな曲をやるときも必ずアレンジを加え、SEVENTEENらしい編曲に仕上げていますよね。アレンジでこだわっていることは?

エスクプス「SEVENTEENの魅力を最大限生かすこと。どんな曲も僕らならではの色で表現することに重きを置いています」

ジョンハン「自分たちの楽曲を披露するときは原曲と正反対のイメージにすることが多いですね。『Adore U』は甘いムードにしたりとか」

ジョシュア「僕はジャズギターが好きなので編曲にジャズコードをよく使います。メロディーを変えたり、スローテンポにアレンジするのが好きです」

ミンギュ「SEVENTEEN本来の活動では各ユニットがうまく調和しているのがポイントですが、スペシャルステージではグループ内にユニットがあるということを強調する場合もあります。各ユニットが際立つようにしている、と言えばいいかな」

左利きのミンギュ! 読者プレゼントにサイン中

――毎回あれだけのパフォーマンスを準備するのは本当に大変だと思います。

ウジ「正直、そうですね。でも、あえて苦労してやっている部分もあります。チャンスをいただけたら、ただやるだけじゃなく、SEVENTEENらしさにこだわりたいので。あと、僕らの中にはそれに対して文句をいう人が一人もいないんですよ。むしろ好きなんだと思います。それをやることでチームのコンセプトやイメージが、より確固たるものになることをわかっているから。だからメンバー全員が欲を出し、一生懸命準備するんです」

スングァン「そういった工夫をすると、ファンの皆さんが喜んでくれることも僕らはわかっているので。見せるのが楽しみっていうのもありますね」

ゲームコーナー撮影中、寄り添い合うジョシュア&バーノン

――本当にいつも見ていて楽しいです。先日の「ショー!K-POPの中心」で披露したガールズメドレーのスペシャルステージも素晴らしかったです。

ホシ「あ~! あれも本当に大変だったんですよ(笑)」

スングァン「久々に立てるステージだったので、カムバックステージのように一生懸命準備しました。ファンの皆さんにもいいものを見せたかったし、視聴者にも『僕たちがSEVENTEENだ!』ということをアピールしたくて」

ジョンハン「僕は、僕自身について個人的に褒められるのもうれしいですが、チームとしてステージを褒めてもらえるのが一番うれしいんです。『見ると元気が出る』とか『楽しくてまた見たくなる』っていう言葉を聞くと『やった!』って思います」

ゲーム撮影中。ディエイトの後ろにメンバーが連なっている理由は本誌36号をチェック!

――今後の活動でやってみたいことや、挑戦したいことはありますか?

スングァン「いつかドラマのOSTを歌ってみたいです。チームでは明るくておもしろいやつっていうイメージですが、ボーカリストとしては真面目で感性的な歌手になりたいんです」

バーノン「ラップと作詞のスキルを確実に固めたあと、作曲の勉強をしたいです。HIPHOPチームとしては、こつこつと公演ができる機会があるとうれしいですね」

ミンギュ「いつか演技にも挑戦したいです。デザインにも興味があって、日常生活で使っているものをどう変えればより便利になるかなって、いつも考えています。いつか自分がデザインしたものを飾ったオシャレなレストランを運営してみたいです」

ウォヌ「僕はモデルをやってみたいです。服に興味があるし、写真を撮られるのも好きなので」

バーノン「ウォヌ兄さんは本当にスタイルがいいんですよ! マネキンが着ている服をそのまま着せてもよく似合う。たまに、マネキンが着ている服をそのまま買うこともあります(笑)」

ウォヌ「だって、マネキンには一番いい感じの服が着せられているから(笑)」

撮影中、耳元でささやくドギョムの言葉に思わず笑ってしまうスングァン

――今後の目標はありますか?

エスクプス「ラッパーとしてのスキルを磨くこと。もっと成長しないとSEVENTEENを代表するラッパーになれないので。より深く勉強したいです」

ディエイト「今のように一生懸命で、努力を怠らないグループでいることです」

ジョシュア「SEVEVTEENが全世界に知られるグループになれるよう、これからも努力していきたいです! 個人的には歌を頑張って、もっと難しい曲もこなせるボーカルになりたいです」

ジョンハン「僕ももっと練習を積んで、今よりも成長した姿を見せたいです。グループとしては、この友情とチームワークが壊れることなく長く続けていきたいです」

読者プレゼント用のポラロイドを撮影中

 「haru*hana」vol.36では、ここで紹介した以外にも、クイズゲームやユニット別のインタビューも掲載しています。そちらもチェックしてみてくださいね!

【誌面の詳細はこちら】
http://haruhana.zasshi.tv/list/vol036.html

INFORMATION

SEVENTEEN 日本初コンサート 東京&大阪で開催決定!

<SEVENTEEN CONCERT in Japan (仮)>
2016年8月5日(金) OPEN13:00 START14:00 大阪・グランキューブ大阪
2016年8月5日(金) OPEN18:00 START19:00 大阪・グランキューブ大阪
2016年8月8日(月) OPEN18:00 START19:00 東京・中野サンプラザ
2016年8月9日(火) OPEN13:00 START14:00 東京・中野サンプラザ
2016年8月9日(火) OPEN18:00 START19:00 東京・中野サンプラザ
料金:全席指定 8,000円(税込)

SEVENTEEN Japan official fanclub “CARAT” チケット先行抽選受付決定!
2016年6月14日(火)23:59までのご入会(入金完了)でSEVENTEEN Japan official fanclub “CARAT”コンサートチケット先行抽選予約受付にご参加いただけます。

SEVENTEEN FIRST ALBUM 「LOVE&LETTER」発売記念サイン会日本初開催決定!

対象商品を指定期間内にお買い上げいただいた方の中から抽選で200名様をご招待!
2016年8月6日(土) OPEN13:00 START13:30 大阪市内某所 計100名様
2016年8月7日(日) OPEN13:00 START13:30 東京23区内某所 計100名様
すべての詳細はSEVENTEEN Japan official site、http://seventeen-17.jp/
haru*hana(ハルハナ)とは?
韓国エンタメ好きのための、新しい情報誌「haru*hana」(奇数月20日頃発行)。
ドラマやK-POPはもちろん、最新芸能ニュースまで網羅!韓国エンタメの“いま”を知るならこの1冊!

Twitterアカウント:@haruhana_tvg
バックナンバー :http://haruhana.zasshi.tv/
関連リンク
LINEで送る

TVガイド最新号

TVガイド
2017年3月3日号
発売日:2017年2月22日
特別定価:340円
表紙:Hey! Say! JUMP

新着 タレント連載

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP