完全保存版TVドラマガイド【2018年冬】

特集

連続ドラマW 監査役 野崎修平

1月14日 スタート WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

出演者

織田裕二/岸谷五朗/松嶋菜々子/古谷一行 ほか

スタッフ・音楽

原作:周良貨・能田茂「監査役野崎修平」(集英社)/脚本:前川洋一/監督:権野元

概要

織田裕二主演! 正義感あふれる銀行員が不正を徹底究明すべく戦う痛快作

同名経済漫画を原作に、バブル経済が崩壊し金と権力が渦巻いていた1990年代末に、銀行の不正を徹底究明すべく行内の抵抗勢力に戦いを挑む銀行員・野崎修平の活躍を描く痛快作。主人公の野崎に扮するのは織田裕二。持ち前の熱い正義感と人情、そして冷静な判断力で、銀行の“悪”を暴いていく監査役を演じる。共演は岸谷五朗、松嶋菜々子、古谷一行ら。脚本は、同局の連続ドラマWの「沈まぬ太陽」「アキラとあきら」を手掛けた前川洋一、監督は「楽園」などの権野元が担当する。

あらすじ(第6話 2月18日放送)

東京地検特捜部によるおおぞら銀行への家宅捜索の直後、会見に臨んだ京極(古谷一行)は、再開発計画「G1計画」は東銀座支店の元支店長・大森(螢雪次朗)が全て独断で行ったと説明。武田(岸谷五朗)は副頭取・柳沢(光石研)が仕組んだことだと見抜く。一方、野崎(織田裕二)は沖田(小林且弥)から、何者かが海藤(宇梶剛士)らを検察に売ったのは武田との噂を流していると聞く。野崎は武田を心配し、警備を付けるよう忠告するが…。

キャラクター紹介

  • 野崎修平(織田裕二)
    おおぞら銀行の地蔵通り支店長だったが、支店の閉鎖に伴い監査役に就任。銀行内の不正を目の当たりにし、銀行を変えることを決意する。正義感が強く人情に厚い人柄。
  • 武田真吾(岸谷五朗)
    おおぞら銀行専務。頭取の京極によって、野崎に対抗すべく出向先から呼び戻された剛腕。
  • 立川祥子(松嶋菜々子)
    おおぞら銀行東銀座支店長。上昇志向の強いエリート行員。おおぞら銀行初の女性支店長となり、さらに初の女性役員になるという野望を持つ。
  • 京極雅彦(古谷一行)
    おおぞら銀行頭取。圧倒的な権力を握る。

記者会見情報

WOWOWで放送の「連続ドラマW 監査役 野崎修平」の試写会に、主演の織田裕二、共演の岸谷五朗、松嶋菜々子、古谷一行、権野元監督が登壇した。同ドラマは、不正が横行する銀行の改革を決意する監査役の野崎修平の活躍を描く痛快作。織田は「いろいろな方から『ぴったりの役柄』と言われますが、自分はそんなイメージなんですかね?」と照れつつも、「精根尽き果てるまで叫んだり、目を見開いて芝居をした」と熱演を報告した。上昇志向の強いエリート行員・立川祥子役の松嶋は、映画「ホワイトアウト」以来約17年ぶりの共演となる織田について、「当時はあまり共演シーンがなかったので、今回初めてお会いしたような気分」と回想。織田も「これが初共演みたいな感覚。松嶋さんに経済もののイメージがなくて、専門的な難しいセリフをどう言うのかと思っていたら、なんの苦もなくサラサラ言われて、さすが!と思った」と舌を巻いていた。

  • 精根尽き果てるまで叫んだり、目を見開いて芝居をしました(織田裕二/野崎修平)

    いろいろな方から「ぴったりの役柄」と言われますが、自分はそんなイメージなんですかね? 劇中では「過去よりも未来を見ないか?」と、甘い餌を何度もぶら下げられるけれど、野崎はなびかない。自分だったらどうだろうか?と思うくらいで、そういう意味では苦しかったです。真面目過ぎる役どころなので、撮影後には喉のかわきをビールで潤さなければやりきれないと思いました。途中からは、顔面崩壊していきますので、心してご覧ください。ここまで叫んだことがないというくらい、精根尽き果てるまで叫んだり、目を見開いて芝居をしました。権野監督とはこれが初めてでしたが、いいチームだと、幸せに感じました。「できることならばこのチームでまたやれたら」と思えた作品です。自分自身ドキドキしています。松嶋さんとは、これが初共演みたいな感覚で、松嶋さんに経済もののイメージがなくて、専門的な難しいセリフをどう言うのかと思っていたら、なんの苦もなくサラサラ言われて、さすが!と思いました。

  • 顔のテカテカも汗も抑えないで、ギラギラしています(岸谷五朗/武田真吾)

    一つ、ピカピカのオールバック。最終話ではグリースを六つ使いました。二つ、妊娠8カ月くらいのおなかをしています。三つ、ふてぶてしさ。それが僕の持っていない部分だったので難しかったですね(笑)。顔のテカテカも抑えません。第2話から8話まで、汗も抑えない。ギラギラしています。

  • 私が優位に立つような設定だったので、緊張感を持たずにやれました(松嶋菜々子/立川祥子)

    (織田と共演した映画)「ホワイトアウト」当時は、あまり織田さんとの共演シーンがなかったので、久しぶりの共演という感じではなく、今回初めてお会いしたような気分です。今回の役柄は、私が優位に立つような設定だったので、緊張感を持たずにやれました。

  • これまでの経験上で最長のセリフでした(古谷一行/京極雅彦)

    すごい部屋のセットを作ってもらって、その空間を埋める存在感を出すのは大変だと思いました。それに、人を人とは思わぬようなセリフを吐くので、それをどれくらいのリアリティーをもって言えるかを考えました。セリフも、これまでの経験上で最長でしたが、若い人に背中を見せられればと思って演じました。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP