完全保存版TVドラマガイド【2018年冬】

特集

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男

2月3日 スタート フジテレビ系 毎週土曜 午後11:40~深夜0:35

出演者

滝沢秀明/遠藤憲一/片岡鶴太郎/谷村美月/横山めぐみ ほか

スタッフ・音楽

原作:小杉健治「父と子の旅路」(双葉社)/脚本:いずみ玲/演出:国本雅広/演出:村松弘之/プロデューサー:西本淳一/プロデューサー:大久保直実/プロデューサー:坪ノ内俊也
主題歌:滝沢秀明「記憶のカケラ」

概要

滝沢秀明が初の弁護士役&ソロで主題歌も担当する骨太サスペンス

小杉健治の小説をドラマ化するヒューマンサスペンス。家族を惨殺された過去を持つ弁護士が、その事件の犯人である死刑囚の再審請求を担当して事件と向き合う中で、冤罪(えんざい)の可能性に気付いたことから、衝撃の真実が明らかになっていく。主人公の浅利祐介を演じる滝沢秀明が弁護士役に初挑戦するほか、一家3人を殺害した罪で死刑執行を待つ死刑囚・柳瀬光三を遠藤憲一、祐介に事件と向き合うように促す法律事務所の所長・澤田陽一郎を片岡鶴太郎、祐介に再審請求の依頼をする謎の女性・河村礼菜を谷村美月、秘密を抱える礼菜の母・あかねを横山めぐみが演じる。

あらすじ(第4話 2月24日放送)

柳瀬(遠藤憲一)の実直な人柄や光男への愛情を知った祐介(滝沢秀明)は柳瀬の無罪を確信する。だが、柳瀬は再審請求の手続きを拒絶する姿勢を崩さない。祐介はあかね(横山めぐみ)が入院する病院を再び訪ねる。あかねは祐介が事件の被害者遺族でありながら柳瀬の再審弁護人になると聞き、驚きを隠せない。対する祐介は、柳瀬の人生が狂ったことも礼菜(谷村美月)が長年苦しんできたことも、あかねに原因があると責め立てる。

キャラクター紹介

  • 浅利祐介(滝沢秀明)
    弁護士。赤ん坊の頃に両親と祖父を殺害され、養父母の元で育ち、事件のことを知り法律家の道へ。犯人とされる死刑囚・柳瀬の再審請求をしたいという礼菜の申し出に、最初は嫌悪感を抱くが、弁護士としての使命感から事件に向き合うことに。
  • 柳瀬光三(遠藤憲一)
    一家3人を殺害した罪で死刑執行を待つ死刑囚。事件当時、妻に逃げられ、自病もあり、一人息子を預けようと奔走していたが、殺人犯として逮捕された。手放した息子の幸せだけを心の支えに、30年間刑務所で過ごす。
  • 澤田陽一郎(片岡鶴太郎)
    祐介の勤める弁護士事務所の所長。祐介が尊敬する理想の弁護士で、冤罪事件を多く手掛けている。江戸っ子気質の熱血漢で、実直な人柄。
  • 河村礼菜(谷村美月)
    祐介に柳瀬の再審弁護人を依頼をする、謎の女性。祐介と出会い、心ひかれていく。母のあかねを反面教師として育つ。
  • 河村あかね(横山めぐみ)
    礼菜の母。17歳の時に家出をし、自由奔放で荒れた人生を送ってきた。末期がんで余命宣告を受ける。

記者会見情報

フジテレビ系の連続ドラマ「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」の試写会に、主演の滝沢秀明と共演者らが参加した。同作は、家族を殺された過去を持つ弁護士が、事件の犯人である死刑囚の再審請求を担当して事件と向き合う中で、衝撃の真実を知ることになるヒューマンサスペンス。初挑戦となる弁護士役について滝沢は、「専門用語も多く、いろいろな言葉が出てくるので頭の中がぐちゃぐちゃ」と語り、「寝る瞬間まで台本を読んでいて、夢にもセリフの文字が出てくる」と撮影が1カ月を過ぎた現在の奮闘ぶりを明かした。また、死刑囚役の遠藤憲一との15年ぶりとなる共演について、「あらためてご一緒できると聞いてうれしかった」と再共演を喜び、57歳の役の遠藤が27歳の姿も演じることについて、「20代をやる勇気がすごい。思い切り胸を借りてぶつかっていこうと思っている」と尊敬しきりだった。

  • 同時進行する成長物語も意識して、最後までやりきりたいです(滝沢秀明/浅利祐介)

    初めての弁護士役で、気合を入れて頑張っていますが、役作りには苦労しています。専門用語も多く、いろいろな言葉がたくさん出てくるので、頭の中がぐちゃぐちゃです。早く家に帰って、5分でも時間があれば台本を見たいし、寝る瞬間まで読んでいます。そうしないと追い付かないです。夢にもセリフの文字が出てきます(笑)。それくらいいっぱいいっぱいです。(過去の)事件に対して立ち向かっていく男の、成長物語も同時進行するので、それを意識して最後までやりきりたいです。遠藤憲一さんとあらためてご一緒できると聞いて、うれしかったです。15年前に会った時は、こわもての方なので正直ビビっていたけれど、実際はものすごく優しい方でした。(今回のドラマで遠藤が)20代をやる勇気もすごい。演技面でも、表現力を一段上げて演じられているし、実際に若くも見えました。見た目も表現力も含めて、さすが役者。思い切り胸を借りてぶつかっていこうと思っています。

  • 今回の、刑務所の中にいる役はピッタリです(笑)(遠藤憲一/柳瀬光三)

    これまでいろいろな役をやってきたけれど、今回ピッタリな、刑務所の中(にいる役)です(笑)。死刑囚は初めてだし、30歳を過ぎてから20代を演じるのも初めてです。20代に見えなくても、自分がカツラをかぶって出てきたら、視聴者の皆さんには“20代なんだ”と頭にインプットして見てほしいです。タッキーは、15年前に会った時にも美しい顔をしている方だと思ったけれど、それは今も変わりません。一緒にバカ話をしたいけれど、こういうテイストのドラマなので、なかなか話せません。それでもいいハートをもらっています。昔からタッキーは芝居上手。それに大人の色気も付いてきて、より良いと思います。

  • バラバラでありながらも見守っている、そういう旅路もありますね(片岡鶴太郎/澤田陽一郎)

    エンケンちゃんがカツラをかぶって出てくると、まるで薬物中毒者みたい。ただドラマの視聴率は20%超え確実でしょう。私にとって家族とは? いませんね。離婚して一人になりましたから(笑)。子どもを含めて5人家族でしたが、今はそれぞれが独立しているので、バラバラでありながらも、大人としてそれぞれの状況を見守っている形です。そういう旅路もありますね。

  • お仕事を前向きにやることが、家族への恩返しです(谷村美月/河村礼菜)

    滝沢さんとは、「本物だ~!」と思ってお芝居をしています。ただ、昨日くらいからイメージは変わりました。自分としては、髪の色を染めたりした点が役作りです。家族とは、当たり前の存在です。日々感謝しなければいけないので、このように、お仕事を前向きにやることが恩返しです。

  • 「真珠夫人」と打って変わって、かなりきつい役です(横山めぐみ/河村あかね)

    癖のある、自由奔放な母親の役で、面白い役として楽しんでやっています。(今作と同じ東海テレビ制作の)「真珠夫人」と打って変わって、かなりきつい役です。自分の本能に忠実な人で、まるで野生児。自分にも無きにしもあらずの部分を大きく膨らませながら、その時の空気感を持ってやっています。滝沢さんは美しいです。それに(他局で取り上げられた)火山探検家のタッキーを見てしまって、もうリスペクトしかない。リーダーに付いていけば間違いないと思っています。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP