完全保存版TVドラマガイド【2017年冬】

特集

プレミアムよるドラマ 幕末グルメ ブシメシ!

1月10日 スタート NHK BSプレミアム 毎週火曜 午後11:15~午後11:45

出演者

瀬戸康史/草刈正雄 ほか

スタッフ・音楽

原作:土山しげる「勤番グルメ ブシメシ!」(リイド社)/脚本:櫻井剛/演出:山内宗信/演出:金澤友也/演出:雫石瑞穂/制作統括:出水有三/制作統括:藤尾隆/プロデューサー:井上季子

概要

瀬戸康史がNHK連続ドラマ初主演。グルメ時代劇で料理姿を披露

幕末の江戸を舞台に、マイペースで気の弱い勤番武士が、料理上手な妻の“献立”を頼りに、周囲の人々の悩み事を解決する1話完結の“ほのぼの時代劇”。主人公・酒田伴四郎に扮するのは、同局連続ドラマ初主演の瀬戸康史。殿の参勤交代で江戸へやって来たはいいが、妻子を恋しがり泣きながら単身生活を送る中で、伴四郎は、殿や同輩、町娘、果ては相撲取りにまで頼られて、人情料理を振る舞っていく。共演は、お殿様である松平茂照を演じる草刈正雄のほか、田中圭、酒井若菜、三吉彩花、平田満ら多彩なキャスト。

キャラクター紹介

  • 酒田伴四郎(瀬戸康史)
    高野藩藩士。職務は、殿様の身なりを整える衣紋方。マイペースな性格で気が弱く、参勤交代で江戸へ来るもののホームシックにかかり、料理上手の妻・すずを思い出しては泣いている。初心者ながらも、すずが荷籠に忍ばせた“献立”を頼りに料理を作り、周囲の人々の悩み事を解決していく。
  • 松平茂照(草刈正雄)
    伴四郎が仕える、高野藩のお殿様。いつも毒味の済んだ、冷めた料理しか食べられないことを不満に思っている。

記者会見情報

NHK BSプレミアムの連続ドラマ「プレミアムよるドラマ 幕末グルメ ブシメシ!」の取材会に、主演の瀬戸康史と共演の三吉彩花らが出席した。同作は、幕末の江戸を舞台に、瀬戸演じる気弱な武士・酒田伴四郎が、包丁片手に人情料理を振る舞いながら周囲の人々の悩み事を解決するほのぼのグルメドラマ。女優として時代劇に初出演するレスリングの吉田沙保里について、瀬戸は「試合中の力強いまなざししか知らなかったけれど、普段はかなりキュート。お芝居も力強くてお上手でした」と報告。また、三吉から「優しくて温かい」と絶賛された瀬戸が照れる一幕も。料理の腕前について瀬戸は、「スイーツを作る番組をやっているからか、『料理がうまい』と言われる」と、自身が出演する「グレーテルのかまど」(NHK Eテレ)での経験がいかせたと語った。

  • すてきな方ばかりの現場です(瀬戸康史/酒田伴四郎)

    スタッフや出演者の皆さんがすてきな方ばかりで、現場の空気に癒やされながら、ほんわかしていてつかみどころのないちょっと抜けた伴四郎を丁寧に演じることができています。伴四郎は、人と接する時にうそのない人で、それが作る料理にも表れているのではないかと思っています。人間関係が希薄になってきている今、何か大切なものが、この作品の中に込められているような気がしています。

  • 伴四郎と殿様の2人の掛け合いは、本当に面白かったです(田中圭/矢沢五郎右衛門)

    撮影は栃木の日光で行われているのですが、本当に寒いんです。初日に「カイロを貼りますか?」と聞かれて、「大丈夫です」と強がっていましたが、2日目に2枚貼り、いまは8枚貼っています(笑)。ただ、現場の雰囲気はとても温かいんです。実際に出来上がった映像を見ましたが、伴四郎と(草刈演じる松平茂照の)殿様の2人の掛け合いは、本当に面白かったですね。ぜひ、オンエアを楽しみにしていてください。

  • 瀬戸さんが、優しく温かく現場を包んでくださっています(三吉彩花/酒田すず)

    主役の瀬戸さんが本当に優しく温かく現場を包んでくださっているので、毎日楽しく撮影に臨ませていただいています。それが作品にも表れているような気がしています。今後、最終話に近づくにつれて、意外な展開が待っています。そこも楽しみにしていてください。

  • 殿様役を、思いっきり楽しんでいます(草刈正雄/松平茂照)

    おふくろが東映映画の大ファンで、幼いころはよく映画館に連れて行かれましたね。その時に萬屋錦之介さんが殿様を演じていた「一心太助」などを見ました。さらに印象に残っている映画はたくさんあって、大川橋蔵さんが町人を演じていたりね。今回、あれをやれるんだ、楽しそうだと思い、お引き受けさせてもらったわけです。今、思いっきり楽しんでおります。

関連リンク

TVドラマガイド

朝ドラマ

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP