完全保存版TVドラマガイド【2017年夏】

特集
LINEで送る

僕たちがやりました

7月18日 スタート フジテレビ系 毎週火曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

出演者

窪田正孝/永野芽郁/新田真剣佑/水川あさみ/三浦翔平/古田新太 ほか

スタッフ・音楽

原作:金城宗幸、漫画:荒木光「僕たちがやりました」(講談社) /脚本:徳永友一/監督:新城毅彦/監督:瑠東東一郎/プロデューサー:米田孝/プロデューサー:平部隆明/プロデューサー:白石裕菜
主題歌:DISH//「僕たちがやりました」/オープニングテーマ:Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」

概要

窪田正孝が旬の若手キャストと高校生を演じる青春逃亡サスペンス

今どきの男子高校生たちが、ひょんなことから爆発事件の容疑者となり逃亡する中で、もがきながらも自分の生きる道を模索していく青春サスペンス。2015年~17年まで連載されていた同名人気コミックの連続ドラマ化で、すでに完結した原作とは異なる結末が用意されている。主人公の増渕トビオを、28歳の窪田正孝が制服姿で熱演。トビオの幼なじみ・蒼川蓮子を現役女子高校生の永野芽郁、トビオと対立する不良・市橋哲人には、改名後初仕事となる新田真剣佑が名を連ねる。そのほかの共演者には、間宮祥太朗、葉山奨之、今野浩喜、水川あさみ、三浦翔平、古田新太ら若手から実力派まで個性的なキャストが顔をそろえる。

あらすじ(第10話 9月19日放送)

【最終回】自らの罪を世間に公表すると決めたトビオ(窪田正孝)たち4人。しかし、イベント会場の舞台に立って罪の告白をしたトビオらは、乱入してきた覆面の男たちに拉致されてしまう。4人を拉致したのは、輪島(古田新太)の顧問弁護士・西塚(板尾創路)とパイセン(今野浩喜)の腹違いの弟・玲夢(山田裕貴)らだった。西塚は、輪島からパイセンを殺すよう頼まれたと口にし、他の3人にはここから消えて全て忘れろと告げる。

キャラクター紹介

  • 増渕トビオ(窪田正孝)
    凡下高校2年。ちょっとしたイタズラ心で仕掛けた不良たちへの復讐が、とんでもない事件に発展し、逃亡することに。現実逃避を繰り返すが、一方で罪の意識にもさいなまれ、もがきながらも自分の生きる道を模索していく。
  • 蒼川蓮子(永野芽郁)
    トビオの幼なじみ。美人で芯の強い女子高生。
  • 市橋哲人(新田真剣佑)
    数々の事件を起こしている、矢波高校イチの不良。トビオたちを威圧する。
  • 立花菜摘(水川あさみ)
    トビオの担任教師。美人で人気はあるが、本性は謎。
  • 飯室成男(三浦翔平)
    クールで冷酷な刑事。爆破事件の真相に気付き、トビオたちを追う。
  • 輪島宗十郎(古田新太)
    謎に包まれた裏社会のドン。

記者会見情報

フジテレビ系の連続ドラマ「僕たちがやりました」の試写会に、主演の窪田正孝ら主なキャストが出席した。同名コミックを、人気若手俳優総出演で実写化する同ドラマは、今どきの高校生たちが、ひょんなことから爆発事件の容疑者となり、逃亡する中で自分たちを見詰め直す青春サスペンス。28歳で高校生役を演じる窪田は「気付いたらもう29歳になる。高校生なんてできるのかなって思っているし、ヒロイン(永野芽郁)とは実年齢で11歳差だし。結構しんどいよ」とぼやき節。ヒロインを務める永野が、窪田に跳び蹴りするシーンを振り返り「うまくいかなくて何度も蹴らせていただき、何度も倒れてくれたので助かりました」と感謝すると、窪田は「何度でもいいよ、こんな奴は踏みにじってくださいという感じだから」と笑わせ、窪田と同年代の三浦翔平も「芽郁に蹴られるならばいいよね。自分も何度でも蹴り飛ばされたいくらい」と謎の願望を口にしていた。

  • この作品で、十数年の役者人生で初めてケツを出しました(窪田正孝/増渕トビオ)

    自分なんかが真ん中にいるのが畏れ多いです。撮影現場は、高校生なのでスタイリッシュでテンポもあるし、絶叫マシンに乗っているようなイメージでやっています。気付いたらもう29歳になります。高校生なんてできるのかなって思っているし、ヒロイン(永野芽郁)とは実年齢で11歳差だし…結構しんどいです(笑)。芽郁が中学2年生くらいの時に共演しましたが、真っすぐな目で見詰めてくるので、時々“生きていてごめんなさい”という気持ちになります(笑)。ピュアで真っすぐなところは変わっていないです。第1話のシーン1が、まあ終わらない。ずっと走っていました。かぶり物をしていて、本当に走りにくかったです。自由に演技をしているのでつながりとかも関係ありません。この作品で、十数年の役者人生で初めてケツを出しました。もう恥ずかしいとか一切なくなっちゃって、見たければどうぞという感じ。放送を楽しみにしてください(笑)。

  • 窪田さんがいろいろなアドバイスをくれました(永野芽郁/蒼川蓮子)

    窪田さんに跳び蹴りするシーンは、私も痛かったです。でも、うまくいかなくて何度も蹴らせていただいて、窪田さんが何度も倒れてくれたので助かりました。普通は“早く決めろよ”というような顔をされてもいいはずなのに、逆にいろいろなアドバイスをくれました。ホテルに泊まった時に、部屋に何もなくて、化粧を普通のせっけんで落としたことが最近の私のやらかしてしまったことです。

  • 見終わった後に次の話が見たくなります(新田真剣佑/市橋哲人)

    この夏で一番、見終わった後に次の話が見たくなる“映画”だと思います。窪田さんとは一度お芝居をやらせてもらいたいと思っていました。敵対する立場だけれど、窪田さんの芝居を見ながら芝居を吸収して盗ませてもらっています。

  • プロデューサーに「自分を出してくれ」と懇願しました(間宮祥太朗/伊佐美翔)

    原作も本当に面白くて、ドラマのプロデューサーに「自分を出してくれ」と懇願しました。驚くべきことに、まだ第1話を見ていないので、早く見たいです。撮影では川栄DAYというのがあり、川栄さんが僕からマウントポジションになる時に、力が強過ぎてベッドから落とされたことがありました(笑)。

  • この先、皆さんに嫌われるのではないかとすごく心配です(葉山奨之/丸山友貴)

    僕の役は本当にどうしようもない役なので、この先、皆さんに嫌われるのではないかとすごく心配です。皆さんとそろったのが久しぶりな気がして、今日はとてもうれしいです。僕(の役)はかつらなんですけど、真夏だから地獄です。だからいつもハンカチを持ち歩いているんです。

  • 最後まで必ず見てください!(今野浩喜/小坂秀郎)

    この映画は順次ロードショーされる作品で、主演を変えて映画化します(笑)。別目線から描いた作品になる予定で、来年の冬に公開されます。このドラマを見ないと分からない映画になるので、最後まで必ず見てください!真夏の撮影なので、俺なんて頭にまで日焼け止めを塗っています。頭に塗っていいんだろうかと思いながら(笑)。

  • 私の夢が詰まっているドラマになっています(川栄李奈/新里今宵)

    巨乳、巨乳と言われるたびにすごく冷たい視線があり(笑)、「偽りだろ?」みたいな視線があるけれど、私の夢が詰まっているドラマになっています。

  • ドラマオリジナルの役で、回を増すごとに本質が明らかになっていくと思います(水川あさみ/立花菜摘)

    美人でかわいくて巨乳で脚が長い、という設定の役柄です。美人役ということで、とても適した役だと思っています(笑)。ドラマオリジナルの役で、回を増すごとに本質が明らかになっていくと思うので、私も楽しみです。間宮くんが私のことを「シニア」って呼ぶし、シニア扱いしてきます。ツッコミが、的確に一言で突いてくるから、それがむかつきます(笑)。

  • 冷静でクールでバイオレンスな役を演じています(三浦翔平/飯室成男)

    今回は渡部篤郎さんのバディ役ということで、犬とか猫を使って物語が展開していく…これって「警視庁いきもの係」ではないですか? また間違えました(笑)。「警視庁いきもの係」の会見の場でも、同じ間違いをしてしまいました。冷静でクールでバイオレンスな役を演じています。原作がありますので、詳しくはそちらでご確認ください(笑)。

LINEで送る

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP