完全保存版TVドラマガイド【2017年夏】

特集
LINEで送る

警視庁いきもの係

7月9日 スタート フジテレビ系 毎週日曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

出演者

渡部篤郎/橋本環奈/三浦翔平/寺島進/浅野温子 ほか

スタッフ・音楽

原作:大倉崇裕「小鳥を愛した容疑者」ほか(講談社)/脚本:田中眞一/演出:木下高男/演出:松木創/演出:石川淳一/演出:菊川誠/プロデューサー:貸川聡子
主題歌:超特急「My Buddy」

概要

渡部篤郎と橋本環奈が初共演! 動物を手掛かりに事件の謎を解くコメディーミステリー

警視庁総務部総務課動植物管理係(通称・警視庁いきもの係)という架空の部署を舞台に、鬼警部補と新米巡査のコンビが、動物の生態を基に事件解決に奔走する異色のコメディーミステリー。大倉崇裕の原作を連続ドラマ化した本作で、主人公・須藤友三に扮するのは渡部篤郎。相棒となる動物マニアの新米刑事・薄圭子役を、橋本環奈が熱演する。犬や猫だけでなく、バラエティーに富んだ動物たちが数多く出演し、須藤と圭子が事件の謎解きをしていく様子から、自然と動物たちに関する蘊蓄(うんちく)を学ぶこともできる。共演者には、三浦翔平、寺島進、浅野温子らが顔をそろえる。

あらすじ(第10話 9月10日放送 ※午後9:30~午後10:24)

【最終回】須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は、何者かに撃たれたはずの鬼頭(寺島進)が、重体だと偽ってひそかに詐欺集団「ギヤマンの鐘」を捜査していると知る。そして、ギヤマンの鐘と手を組んだ元養蜂家の庄野(利重剛)がスズメバチを使った無差別テロの主導者だと教えられる。背景には、5年前の殺人事件が関係していた。そんな中、石松(三浦翔平)を見舞った須藤らは、慰安旅行先で出会った蜂騒動の被害者・今尾(高橋洋)と再会する。

キャラクター紹介

  • 須藤友三(渡部篤郎)
    元警視庁捜査一課の鬼刑事。ある事件で銃撃を受け負傷し、総務部総務課動植物管理係(通称・警視庁いきもの係)へ異動。“いきもの係”としての初仕事で圭子と出会い、圭子の動物に関する知識に助けられ事件を解決したことがきっかけで、再び仕事への情熱を持ち始める。
  • 薄圭子(橋本環奈)
    “いきもの係”所属の新米巡査。獣医学部卒の動物マニア。幼少期から動物に対しての異常な興味と天才的な記憶力・考察力を持つ。動物についての広く深い知識はもとより、飼育法や治療法にも詳しく、生物学やアニマルセラピーなどにも精通している。その深い愛情は動物にのみ注がれ、基本的に人や事件そのものにはあまり興味がない。
  • 石松和夫(三浦翔平)
    警視庁捜査一課所属の巡査部長。須藤のことを尊敬している後輩で、捜査一課時代の相棒だった。
  • 鬼頭勉(寺島進)
    警視庁捜査一課管理官で、須藤の元上司。ある考えのもと、須藤を“いきもの係”に異動させ、ひそかに期待を寄せている。
  • 田丸弘子(浅野温子)
    “いきもの係”所属の唯一の事務職員。捜査一課時代の須藤のことを知っており、何かと気遣う。

記者会見情報

フジテレビ系の連続ドラマ「警視庁いきもの係」の制作会見に、渡部篤郎、橋本環奈、三浦翔平、長谷川朝晴、横山だいすけ、寺島進、浅野温子が出席した。警視庁総務部総務課動植物管理係(通称・いきもの係)を舞台に、渡部演じる鬼警部補と、橋本演じる新米巡査の凸凹コンビが、動物の生態を基に事件解決に奔走するコメディーミステリー。渡部は、さまざまな動物との共演に「思った以上にちゃんとしてくれている」と喜ぶ一方で、「迷惑なのはスケジュールくらいかな」と制作陣をチクリとやり笑わせた。相棒役の橋本も、「すごくお利口さん」と、芸達者な動物たちに感謝。“交番のおにいさん”役で連ドラ初レギュラーの横山は、「警察官になりたいという夢を持って巡査になった役どころ。僕自身も、幼い頃からの夢を持って“うたのおにいさん”になれたという経験があるので、それを役柄にシフトチェンジしたい」と大役に意気込んだ。

  • 橋本さんが相棒役で良かったと思います(渡部篤郎/須藤友三)

    集まってもらったキャストは素晴らしく、満足しています。ただ、長谷川(朝晴)だけはどうだか…みんなもそう思っているはずです(笑)。こういうドラマをやりたかったので、代表作になればと思います。撮影中は、思った以上に動物がちゃんとしていてくれて、かまれるというハプニングもなく、全然ちっとも迷惑していません。ただスケジュールくらいかな? 迷惑なのは…(笑)。橋本さんは、18歳だけどしっかりしていて、コミュニケーションもとってくれるし明るい。相棒役で良かったと思います。

  • 蛇は苦手なので、掛け合いのシーンに今からドキドキしています(橋本環奈/薄圭子)

    脚本を読んで楽しみになったし、いろいろな動物が出てきて、温かい皆さんに囲まれて楽しく撮影が進んでいます。たくさんの動物を扱っているけれど、実際にはそんなに大変なことはなくて、音やセリフで感じ取ってくれて、いいタイミングで鳴いたりしてくれます。すごくお利口さんです。動物は好きだけれど、蛇は苦手です。その蛇との掛け合いのシーンがあるので、今からドキドキしています。横山さんは、外でロケをすると、お母さんや子どもが集まってきて「だいすけおにいさんがいる!」と話題になりました。渡部さんはたくさん笑わせくれます。こわもてのイメージだけれど、すごく面白くて、話し掛けてくれるし、アドリブも増やしてくれてアドバイスをしてくれます。ずっと一緒のシーンが多いので、撮影が楽しくなります。

  • 長谷川さんと一緒に楽しくやっています(三浦翔平/石松和夫)

    今クールは「僕たちがやりました」(同系)でも刑事役をやっているので、頭が混乱しました(笑)。動物を使って事件を解決するという斬新な話なので、大変な部分もあるけれど楽しいです。長谷川さんと一緒にいることが多くて、いつも楽しくやっています。

  • 老若男女楽しめるドラマだと思います(長谷川朝晴/日塔始)

    子どもに見せられるいいドラマです。早く日曜日になって、皆さんが見てくれるのを楽しみにしています。老若男女楽しめるドラマだと思います。僕自身も気合が入っていて、リハーサルの1日前に間違えてスタジオに来ました(笑)。湾岸スタジオの受付で名前を言ったら通されて、顔なじみのスタッフの方にあいさつしたら、そこは「コード・ブルー」の打ち合わせ場所でした(笑)。橋本さんが踊っているところを、20人くらいのスタッフが見ていたんですが、皆さん笑顔でした。それはすごいことだと思います。僕をも笑顔にする橋本はすごい。あれは一体何なのでしょうか(笑)。

  • 子ども番組を卒業して初めてのドラマ挑戦です(横山だいすけ/四十万拓郎)

    みんな~、元気~? 交番のお兄さんも元気~! 子ども番組を卒業して初めてのドラマ挑戦で緊張しています。幼い頃から「警察官になりたい」という夢を持って巡査になった役どころで、僕自身も幼い頃からの夢を持って“うたのおにいさん”になれたという経験があるので、それを役柄にシフトチェンジしてピュアな気持ちを表現できたらと思っています。撮影では、勝手が違ってどうやってやればいいのか緊張して、立ち位置を間違えるハプニングもありました(笑)。

  • 戦隊ものに出演していたので、子ども人気はあります!(寺島進/鬼頭勉)

    戦隊ものに出演していたので、子ども人気はあります! 今回も引き続き、大人も子どもも楽しめるドラマにしたいです。昨日は錦糸町で桜肉(馬肉)を食べたので、馬からのプレッシャーを感じています(笑)。いきもの係も食べ物係も大事ですね。

  • たくさんの動物に囲まれて、夢の中のようでうれしいです(浅野温子/田丸弘子)

    動物たちが、私たち以上に芝居をしてくれるので、人間の役者よりも動物たちに目が行くのでは…と、それが私たちにとっては恐怖ですね(笑)。犬か猫を飼いたくて、できれば私の面倒を見てほしいです(笑)。動物を飼うならば、きちんと面倒を見なければいけないのですが、それはできないだろうなという人生を送ってきました。でも、この撮影を通して、こんなにたくさんの動物に囲まれているので、今は夢の中のようでうれしいです。

LINEで送る

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP