完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

ぼくは麻理のなか

10月16日 スタート フジテレビのみ 毎週月曜 深夜0:25~深夜0:55

出演者

池田エライザ/吉沢亮 ほか

スタッフ・音楽

原作:押見修造「ぼくは麻理のなか」(双葉社 漫画アクション)/脚本:下田悠子/演出:スミス/演出:横尾初喜/演出:戸塚寛人/プロデューサー:櫻井雄一
主題歌:Shiggy Jr.「僕は雨のなか」/オープニングテーマ:indigo la End「鐘泣く命」

概要

人気コミックを映像化。池田エライザと吉沢亮で描く新感覚”男女入れ替わり”ドラマ

押見修造の傑作コミックを映像化した、新感覚の男女入れ替わりドラマ。ある日突然、女子高生・吉崎麻理の中に意識が入ってしまった引きこもりの大学生・小森功が、麻理として生活しながら元に戻る方法を模索する中で、麻理の中身の行方と謎に迫っていくさまを描く。美人で人気者の女子高生・麻理と、功が入っている時の麻理という難役を演じるのは、若手注目株の池田エライザ。麻理を尾行して楽しむ友達ゼロの功役には吉沢亮が、麻理の中身が違うと見抜き功と行動を共にする、麻理のクラスメート・柿口依役には中村ゆりかが扮する。監督は、フジファブリック、氣志團、NMB48などのミュージックビデオを手掛けてきたスミスらが務める。

あらすじ

友人作りに失敗し、大学にも行かなくなり自堕落な生活をおくる一人暮らしの小森功(吉沢亮)の唯一の楽しみは、コンビニで見かけた名前も知らない女子高生を定期的に尾行すること。そんなある日、いつものように尾行していた功は、突然気を失う。そして気が付くと、尾行していた女子高生・吉崎麻理(池田エライザ)に入れ替わっていた。功はなぜ、彼女の体と入れ替わったのか? 麻理はどこに消えてしまったのか? 麻理として何とか日常を過ごそうと奮闘する功だが、クラスメートの柿口依(中村ゆりか)にだけは、外見は麻理だが中身は別人であることがバレてしまう。

キャラクター紹介

  • 吉崎麻理(池田エライザ)
    功が行きつけのコンビニでたびたび遭遇していた女子高生。功にひそかに「コンビニの天使」と呼ばれ、コンビニ帰りにたびたび尾行されていた。美少女で、学校では友人も多く、男子生徒に人気がある。
  • 小森功(吉沢亮)
    引きこもり気味の大学生。友人作りに失敗して以降、まともに大学に行けなくなり、親からの仕送りで自堕落な生活を送る。ある朝目覚めると、意識が麻理の中に入っていた。
LINEで送る

キーワード
関連リンク
PAGE TOP