完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

ドラマ24「新宿セブン」

10月13日 スタート テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:12~深夜0:52

出演者

上田竜也/中村倫也/大野いと/野波麻帆/田中哲司/夏木マリ ほか

スタッフ・音楽

作:観月昴、画:奥道則「新宿セブン」(日本文芸社)/脚本:山田能龍/脚本:山岡潤平/脚本:和田清人/脚本:小寺和久/監督:藤井道人/監督:植田泰史/監督:佐藤源太/監督:山内大典/監督:淵上正人/プロデューサー:浅野太
主題歌:上田竜也

概要

KAT-TUN・上田竜也が、依頼人の悩みや事件を解決する天才鑑定士役で連ドラ初主演

KAT-TUNの上田竜也が、同名人気コミックを映像化するヒューマンミステリーで、連続ドラマ初主演。それに加え、主題歌もソロで担当する話題作に挑む。新宿歌舞伎町とアジアを舞台に、上田演じる質店の店主で抜群の鑑定眼を持つ主人公・七瀬が、物の真贋(しんがん)を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決していくさまを描く。七瀬の周りの一癖も二癖もある登場人物には、中村倫也、大野いと、野波麻帆、田中哲司、夏木マリら魅力的なキャストが扮する。また、本格アクションシーンをふんだんに取り入れたスタイリッシュな画面構成と演出にも注目。海外ロケを敢行し、国内では描ききれないスケール感で、ストーリーが展開する。

あらすじ

東洋一の歓楽街と呼ばれ、怪しく危険に満ちた眠らない街・新宿歌舞伎町。この街で一目置かれる存在の「七瀬質店」店主・七瀬(上田竜也)は、抜群の鑑定眼で、持ち込まれた“物”のみならず、“人”の真贋も見抜く天才鑑定士だ。七瀬の店には、時計やバッグはもとより、拳銃、クスリ、臓器まで、あらゆる物が持ち込まれる。“物”も“人”も、本物しか信じない七瀬は、持ち込まれた品物を鑑定し、依頼人の悩みをも解決していく。彼が、なぜこの街で質店を経営しているのか? そこには、歌舞伎町に潜む謎と、隠された理由があった。

キャラクター紹介

  • 七瀬(上田竜也)
    歌舞伎町にある「七瀬質店」の店主。誰もが認める歌舞伎町の顔で、「“七つ屋”の七瀬」と呼ばれる天才鑑定士。幼少期にアジアを放浪し、さまざまな修羅場をくぐり抜けて鑑定眼を身に付けた謎多き人物でもある。“物”の鑑定はもちろん、“人”に関しても、偽物を認めず本物しか信じない。
  • 大野健太(中村倫也)
    ある出来事をきっかけに、七瀬の下で働くようになった鑑定士見習。極めて普通の人間だが、ざまざまな体験を通して成長していく。
  • 水月華(大野いと)
    七瀬らの前に現れる、記憶喪失の謎の女性。
  • 宝生エリカ(野波麻帆)
    七瀬らが足しげく通うコリアンバー「エルドラド」のママ。
  • 近藤昭人(田中哲司)
    歌舞伎町を見回る、新宿西署犯罪対策課の刑事。目的のためなら手段を選ばない。
  • シノブ(夏木マリ)
    七瀬らが常連として通う餃子店の店主。
LINEで送る

キーワード
関連リンク
PAGE TOP