完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

金曜8時のドラマ「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」

10月20日 スタート テレビ東京系 毎週金曜 午後8:00~午後8:54

出演者

沢村一樹 ほか

スタッフ・音楽

原作:荻原浩「花のさくら通り」(集英社文庫)/脚本:岡田惠和/監督:川村泰祐/プロデューサー:田淵俊彦/プロデューサー:中川順平/プロデューサー:小松幸敏/プロデューサー:渡辺良介/プロデューサー:熊谷理恵

概要

沢村一樹が弱小広告会社で奮闘! 荻原浩の人気シリーズを岡田惠和脚本で連ドラ化

累計37万部を売り上げた直木賞作家・荻原浩の“ユニバーサル広告社”シリーズの「花のさくら通り」を連続ドラマ化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した弱小広告会社「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く、家族そろって楽しめるヒューマンコメディー。昨年末に放送したスペシャルドラマ「ダメ父ちゃん、ヒーローになる!崖っぷち!人情広告マン奮闘記」(同系)の続編にあたり、主人公のコピーライター・杉山を沢村一樹が演じ、脚本を岡田惠和、監督を川村泰祐が引き続き務める。岡田は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」後、初めてのドラマ脚本となる。

あらすじ

杉山(沢村一樹)は、かつて一流広告代理店に勤務し、数多くのプロジェクトを成功させてきた売れっ子で、時代の寵児といわれた時もあった広告マン。自分の力を信じて、大手広告代理店を飛び出し独立を考えたが、そううまくは行かず、弱小広告会社「ユニバーサル広告社」に拾われた。不運は続き、不景気のために都内のオフィスから移転を余儀なくされ、小さな港町にある寂れたシャッター商店街にたどり着いた「ユニバーサル広告社」。新天地で、弱小広告会社の新たな奮闘が始まる。

キャラクター紹介

  • 杉山(沢村一樹)
    弱小広告会社「ユニバーサル広告社」のコピーライター。以前は一流広告代理店で活躍し、時代の寵児といわれたこともあったが、独立に失敗し、「ユニバーサル広告社」に拾われた。
LINEで送る

キーワード
関連リンク
PAGE TOP