完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

木ドラ25「Re:Mind」

10月19日 スタート テレビ東京のみ 毎週木曜 深夜1:00~深夜1:30

出演者

齊藤京子 ほか

スタッフ・音楽

企画・原作:秋元康/脚本:室岡ヨシミコ/脚本:田中洋史/脚本:保坂大輔/監督:内片輝/監督:石田雄介/監督:頃安祐良/プロデューサー:大和健太郎/プロデューサー:江川智/プロデューサー:野村敏哉
主題歌:けやき坂46「それでも歩いてる」

概要

けやき坂46が、秋元康企画・原作の密室サスペンスで連続ドラマ初主演!

秋元康がプロデュースするアイドルユニット・けやき坂46(ひらがなけやき)の12人が、秋元が企画・原作を手掛ける密室サスペンスドラマで、連続ドラマ初主演を果たす。メンバーが演じるのは、同じ高校のクラスメート。知らない間に古い洋館の一室に閉じ込められてしまった彼女たちが、さまざまな困難と出遭い、それを乗り越えて、脱出できるかどうかが見どころとなる。ファンのみならず、ドラマ好き、ミステリー好きの視聴者にとっても、目を離すことのできない謎が満載のドラマ。

あらすじ(第6話 11月23日放送)

執事の正体は、監禁された少女たち(けやき坂46)の元担任・林友幸(宮川一朗太)だった。林の持つ遺恨から、少女たちは、報復で監禁されたものと考える。

キャラクター紹介

  • 齊藤京子(齊藤京子)
    洋館に閉じ込められた少女たちの中で、一番最後に目を覚ました少女。気が付くと密室に閉じ込められていたという異常な状況に、パニックになり、泣き叫んだり、けんかをする者などが出る中、混乱するクラスメートたちの発言に冷静なツッコミを入れるなど、肝の据わった姿を見せる。

記者会見情報

テレビ東京の連続ドラマの木ドラ25枠・第3弾となる「Re:Mind」の会見が行われ、主演を務めるけやき坂46のメンバーが、ドラマの衣装である制服に身を包んで登場した。同作は、「徳山大五郎を誰が殺したか?」(同系)などを生み出した秋元康が企画・原作を手掛けるサスペンスドラマで、謎の密室で目覚めた高校のクラスメートたちが、恐怖や疑念に襲われつつも「なぜこの部屋にいるのか」「どうやったら出られるのか」を探っていくさまを描く。メンバーの井口眞緒は「このような素晴らしい機会をいただけてとてもうれしいです。この機会を生かせるように、みんなで一生懸命頑張っています!」と意気込みを語った。今までとは一味違う新たな世界に挑み、演技指導や撮影など初めての経験をする彼女たちのドラマ内での成長も、ファンには見逃せない要素の一つとなりそうだ。

  • 一つのシーンを何回も撮るので驚きました(井口眞緒)

    このような素晴らしい機会をいただけてとてもうれしいです。この機会を生かせるように、みんなで一生懸命頑張っています! 応援よろしくお願いします!ステージではいつも一度に流して終わるので、撮影では一つのシーンを何度も撮ることに驚きました。

  • シリアスな表情と演技ができるよう頑張ります(潮紗理菜)

    このようなすてきな機会をいただき、本当にありがとうございます。初めて演技をさせていただくということで不安は大きいんですけれど、その中でも、自分では真顔のつもりが「口角が上がってるね」ってよく言われるので、今回はドラマに合ったシリアスな演技と表情ができるよう頑張ります。1分を撮るのにこれだけたくさんの時間をかけて作られているんだなぁと思いましたし、セットもとても奇麗で世界観が完成されているので驚きました。みんなで頑張っているのでよろしくお願いします!

  • 演技もこれから成長していくので、ぜひ見てほしいです(柿崎芽実)

    演技が初体験で、最初はすごく自信がなかったんですけど、作品はお話も面白くて誰でも楽しめるものになっています。演技もこれから成長していけると思うので、その点も見て楽しんでいただけたらいいなと思います!実際に撮影に入って、続いたシーンを撮る時も髪のセットや小物の場所を常に直していたので、普段普通に見ていたものがこんなにこだわって作られているんだなと知って驚きでした。

  • 毎日が発見と素晴らしい経験の積み重ねです(影山優佳)

    私は女優さんに憧れてこの世界に入ったのですが、初めての演技の日々は本当に毎日発見と素晴らしい経験の積み重ねです。これからもっともっと、けやき坂46を知ってもらえるように頑張っていけたらいいなと思います!もともとドラマが好きだったのですが、泣く演技に関していろんなカットで毎回同じ気持ちになって泣かなくちゃいけない経験をして、俳優さんや女優さんの努力をあらためて実感できました。

  • けやき坂46を知ってもらえるチャンスを無駄にしないように頑張ります(加藤史帆)

    けやき坂46はまだあまり知名度がないのですが、今回のドラマで多くの方々に知っていただけるチャンスだと思うので、このチャンスを無駄にしないように、これからも撮影を頑張っていきます!ずっと同じセットで撮影していると「怖い部屋だな」という気持ちがなくなってきてリラックスしてしまうので、「ずっと閉じ込められている」という感情の準備が大変でした。

  • 歌って踊っている姿にも興味を持っていただければうれしいです(齊藤京子)

    このドラマを見て、私たちのことを知らなかった方も、普段の歌って踊っている姿も見てみたいと思えるくらい興味を持っていただければうれしいです!演技をしている時の言葉のイントネーションですが、普段話している時と演技をしている時で違っていたことに気付いて驚きました。

  • アイドルとしても女優としても好きになってもらえたらうれしいです(佐々木久美)

    今回はけやき坂46主演のドラマという機会をいただけて、本当にうれしく思っています。まだまだけやき坂46を知らない方は世の中にたくさんいると思うのですが、このドラマを通して、アイドルとしての私たちも、女優をやっている私たちも好きになっていただけたらうれしいなと思います。ドラマの撮影は、カットを細かく割って撮っているのかと思っていたのですが、台本5ページを一気に撮ったりすることもあるんです。その緊張感と、ドラマの作り方を感じられてよかったです。

  • 一つのシーンをいろんな角度から撮っていて驚きました(佐々木美玲)

    今回、初めての演技ということですごく緊張したんですけど、初めてで主演をさせていただけることはすごいことだと思うので、みんなで頑張っていきたいと思います。撮影している時に、一つのシーンをいろんな角度から撮ること驚きました。私たちのMV(ミュージックビデオ)も何度かは撮るんですが、それとは比べ物にならないくらい、天井からもカメラが入ったりしてびっくりしました。

  • ドラマをやってみたかったので、今回機会をいただけてありがたいです(高瀬愛奈)

    演技の経験がなくてすごく不安だったのですが、ドラマをやってみたいという興味はあったので、今回このような機会をいただけてありがたく思っています。このドラマを見ていただいた方にも「アイドルだけどすごいな」と、ハッとしていただけるような作品にしていきたいなと思います。一つのドラマを撮るのに、たくさんの方々が関わってくださっていて、照明さんや音声さん、装飾など細かい部分にもこだわって作られているんだなぁと思いました。

  • 「1分撮るのに1時間かかる」という監督さんの言葉が印象的でした(高本彩花)

    私たちのことを何も知らなかった方が、ドラマの放送を見た時に「この子たちは何だ?」と興味を持ってもらえるようなドラマになるよう頑張りたいと思います! 第1話を撮っている時に監督さんから聞いた「1分撮るのに1時間かかる」という言葉に驚きました。

  • 初めての主演ドラマをたくさんの人に見てほしいです(東村芽依)

    初めての主演ドラマを、たくさんの人に見ていただいて、けやき坂46のことを知っていただけたらいいなと思います! 標準語でセリフを言っているつもりなんですが、関西弁になってしまうことがあったので、セリフを言う時に特に気を付けていました。

LINEで送る

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP