完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

明日の約束

10月17日 スタート フジテレビ系 毎週火曜 午後9:00~午後9:54

出演者

井上真央/仲間由紀恵/及川光博/工藤阿須加 ほか

スタッフ・音楽

脚本:古家和尚/演出:土方政人/演出:小林義則/プロデューサー:河西秀幸/プロデューサー:山崎淳子

概要

井上真央、2年ぶり連続ドラマ主演でトラウマを抱えるスクールカウンセラーに

高校のスクールカウンセラーが、ある生徒の死の謎を究明する中で、いじめ、毒親、非行などの難題と人の心の闇に対峙しながらも、生きる意味や親子のかたちを探っていくヒューマン・ミステリー。井上真央が、主人公のスクールカウンセラー・藍沢日向役でNHK大河ドラマ「花燃ゆ」以来約2年ぶりの連続ドラマ主演を務め、仲間由紀恵、及川光博、工藤阿須加らが共演者として名を連ねる。脚本を担当するのは、「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」「任侠ヘルパー」の古家和尚、演出は「謎解きはディナーのあとで」「ゴーストライター」の土方政人と、「アンフェア」(全て同系)の小林義則が担当する。

あらすじ

椿が丘高校のスクールカウンセラー・藍沢日向(井上真央)は、「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげていた。ある日、気にかけていた不登校の男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)から、「好きです」と告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。果たして、誰が彼を死なせたのか。原因究明に動く日向の前に立ちはだかるのは、陰湿ないじめ、日向の母親と同じ“毒親”の真紀子(仲間由紀恵)による圭吾への過干渉、圭吾自身の非行歴と不穏な交友関係だった。しかし、日向は持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。

キャラクター紹介

  • 藍沢日向(井上真央)
    椿が丘高校に勤務するスクールカウンセラー。勤勉で前向きな性格。感情の起伏が激しくヒステリックな“毒親”である母親に育てられた過去から、スクールカウンセラーを志した。その生い立ちのせいで、自分に自信が持てず、他人の顔色をうかがってしまう傾向があった。恋人の和彦とは、3年間交際している。
  • 吉岡真紀子(仲間由紀恵)
    謎の死を遂げた1年B組の生徒・圭吾の母親。地元の名士の家に生まれ育ったが、夫との結婚生活に不満があり、一人息子の圭吾を溺愛する。
  • 霧島直樹(及川光博)
    椿が丘高校1年B組担任の数学教師。学年主任で、生徒や保護者からの信頼も厚い。日向と共に圭吾の死の真相究明に向けた行動をとる。
  • 本庄和彦(工藤阿須加)
    日向の恋人。穏やかな性格で、日向を支える。ブライダル会社勤務。11年前に事故死した兄は、生前家庭内暴力で家族を悩ませていたが、両親が兄を愛していたことに納得がいかない。
LINEで送る

キーワード
関連リンク
PAGE TOP