完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

さくらの親子丼

10月7日 スタート フジテレビ系 毎週土曜 午後11:40~深夜0:35

出演者

真矢ミキ/吉本実憂/本仮屋ユイカ ほか

スタッフ・音楽

脚本:清水有生/演出:阿部雄一/演出:木内健人/プロデューサー:市野直親/プロデューサー:遠山圭介/プロデューサー:浦井孝行/プロデューサー:村山太郎

概要

真矢ミキが空腹と心を満たす古本屋店主に。感情ゆさぶる社会派ヒューマンドラマ

NHK連続テレビ小説 「あぐり」「すずらん」、「3年B組金八先生」第7・第8シリーズ(TBS系)などを手掛けた脚本家・清水有生が、子どもや社会的弱者に降りかかってくるさまざまな現代日本の問題を描く、オリジナルの社会派人情ドラマ。一切事情を詮索せずに、温かい親子丼を食べさせる主人公のもとに、行き場をなくした人たちや、社会からはみ出した人たちが集い、彼らの事情が浮き彫りになっていく。古本屋を営む主人公の九十九さくらを演じるのは、民放連続ドラマ主演は5年ぶりとなる真矢ミキ。物語の重要な鍵を握る家出少女・二宮あざみを吉本美憂、さくらの娘・恭子を本仮屋ユイカが演じる。

あらすじ

東京・大田区にある古本屋「九十九堂」の奥に、「たまりば」と呼ばれる一室がある。さまざまな事情を抱えた行き場のない人たちがやって来ると、店主の九十九さくら(真矢ミキ)は、黙って親子丼を作って出してくれる。その親子丼で空腹が満たされた人々が、少しずつ自分のことを話し始めると、ある時は笑顔で励まし、ある時は共に涙を流しながら聞くさくら。「泣きたい時は泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」。それがさくらの口癖だ。今日もまた1人、2人と、現代社会からはみ出してしまいそうな人が、九十九堂を訪れる。

キャラクター紹介

  • 九十九さくら(真矢ミキ)
    古本屋「九十九堂」の店主。結婚し1男1女に恵まれたが、長男が17歳の時に、ある少女が起こした事件に巻き込まれて死亡。その後、離婚しシングルマザーとなった。少女の裁判を経て「空腹こそが非行のもと」と考えるようになり、行き場をなくしておなかをすかせている人を見ると放っておけず、親子丼を食べさせるように。純粋で真っすぐな性格。趣味は競馬。
  • 二宮あざみ(吉本実憂)
    家出中の17歳の少女。幼い頃に親類の家に引き取られたが、愛された実感のないまま育ち、15歳で家出。親子丼の味とさくらの包容力に引かれ、さくらのアパートに住み着く。本当の母親のように接してくれるさくらに、心を開いていく。
  • 九十九恭子(本仮屋ユイカ)
    さくらの娘。16年前、兄が巻き込まれた事件で心に深い傷を負ったが、それを乗り越え、現在はフリーライターとして活躍。実家を出て一人暮らしをしている。
LINEで送る

キーワード
関連リンク
PAGE TOP