完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

オトナ高校

10月 スタート テレビ朝日系 毎週土曜 午後11:05~午後11:59

出演者

三浦春馬 ほか

スタッフ・音楽

脚本:橋本裕志/演出:瑠東東一郎/プロデューサー:三輪祐見子/プロデューサー:貴島彩理/プロデューサー:松野千鶴子

概要

三浦春馬が東大卒の童貞“チェリート”役に挑戦! 不器用なオトナの学園ドラマ

テレビ朝日に新設された「土曜ナイトドラマ」枠の第1弾。三浦春馬が東大卒のトップバンク行員というエリートでありながら、30歳でいまだ童貞の荒川英人を演じる。物語の舞台となるのは、少子化対策のために政府が打ち立てた、第2義務教育法案に基づく公的教育機関「オトナ高校」。そこに、有無を言わせず入学させられた異性と性体験のない30歳以上の男女たちが、童貞・処女の卒業を目指して恋愛を学んでいく。脚本は、数々のヒット作を生み出してきた橋本裕志が担当。リアルな社会への風刺も織り交ぜながら、笑いと涙、ときめき、性経験者も未経験者も思わずドキッとする展開を、軽やかなタッチで描く。

あらすじ

2017年秋。トップバンクで将来を嘱望されるエリート行員・荒川英人(三浦春馬)は、見知らぬ男からピンクの書状を渡される。日本で第2義務教育法案がまとまり、公的教育機関「オトナ高校」が設立されたというのだ。英人が手にしたのは、まさにその入学召喚状だった。「オトナ高校」は、性経験のない30歳以上の男女を入学させ、本当のオトナになるための英才教育を受けさせる学校。英人はその容姿やスペックからは想像もできない、“チェリート”だった。入学を断固拒否しようとする英人だが、入学を拒否すれば逮捕、服役等の罰則があるという。そこで英人は、入学期日までに卒業条件である“童貞卒業”を達成しようと画策する。

キャラクター紹介

  • 荒川英人(三浦春馬)
    東大卒でトップバンク「ヤマト銀行」の国際部社員。幹部候補。高身長・高学歴・高年収という、自他共に認めるエリートだが、実は童貞のため、あだ名は“チェリート”。その事実をひた隠しにしていたが、国から「オトナ高校」への入学案内が届いたことで、人生が崩れ落ちる。しかも、「オトナ高校」では落ちこぼれ生徒と認定され、屈辱を味わう羽目になる。
LINEで送る

キーワード
関連リンク
PAGE TOP