完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

連続ドラマW 東野圭吾「片想い」

10月21日 スタート WOWOWプライム 毎週土曜 午後10:00~午後11:00

出演者

中谷美紀/桐谷健太/国仲涼子/大谷亮平/鈴木浩介 ほか

スタッフ・音楽

原作:東野圭吾「片想い」(文春文庫)/脚本:吉田紀子/監督:永田琴/プロデューサー:藤原麻知/プロデューサー:井上衛/プロデューサー:黒沢淳/プロデューサー:雫石瑞穂

概要

中谷美紀が性同一性障害の主人公を熱演。東野圭吾原作のヒューマンミステリー

東野圭吾作品の映像化を多数手掛けてきたWOWOWが、満を持して連続ドラマ化する“ジェンダー”を題材にしたヒューマンミステリー。性同一性障害の主人公・日浦美月の起こしたある事件をきっかけに、大学のアメリカンフットボール部の同窓生たちが再び集い、謎と苦悩に向き合う姿を描く。同局初主演となる中谷美紀が、髪形をショートカットにして性同一性障害の難役に挑むほか、共演には桐谷健太、国仲涼子、大谷亮平、鈴木浩介らが集結。脚本の吉田紀子と監督の永田琴は、東野原作の「連続ドラマW 変身」に続き再びタッグを組む。

あらすじ(第6話 11月25日放送)

【最終回】美月(中谷美紀)から、中尾(鈴木浩介)は死ぬつもりだと知らされた哲朗(桐谷健太)と理沙子(国仲涼子)は、中尾の行方を懸命に捜す。そこに早田(大谷亮平)から、犯行に使われた車が発見されたとの電話が入り、2人は現場へ。一方、先に中尾を見つけ出した美月は、中尾から思わぬ告白をされる。全てを知った哲朗たち元チームメートは、仲間を守るため、ある行動に出る。

キャラクター紹介

  • 日浦美月(中谷美紀)
    帝都大学・アメリカンフットボール部元マネジャー。性同一性障害で、体は女性で心は男性だが、周囲にはそれを隠して生きてきた。結婚して子どもを授かったものの、現在は家出中。銀座のクラブ「猫目」で、神崎ミツルの名前で男性として働いている。
  • 西脇哲朗(桐谷健太)
    帝都大学・アメリカンフットボール部OBで、元クォーターバック。現役当時はエースだった。部のマネジャーだった理沙子と結婚し、現在はスポーツライター。美月とは一度だけ体の関係をもったことがある。
  • 西脇理沙子(国仲涼子)
    帝都大学・アメリカンフットボール部元マネジャー。学生時代は部員たちの憧れの的だった。哲朗の妻だが、夫婦仲は冷え切っている。フリーカメラマンとして活躍している。
  • 早田幸弘(大谷亮平)
    帝都大学・アメリカンフットボール部OBで、ポジションはタイトエンド。新聞記者だが記者クラブには属さず、遊軍のような立場で事件記事を担当している。感情に左右されない冷静な性格。学生時代、理沙子に片思いをしていた。
  • 中尾功輔(鈴木浩介)
    帝都大学・アメリカンフットボール部元メンバーで、ポジションはランニングバック。学生時代は、美月と交際していた。大手食品会社の重役の娘と結婚し、婿養子に入っており、現姓は高城。

記者会見情報

WOWOWで放送する「連続ドラマW 東野圭吾『片想い』」の試写会に、主演の中谷美紀と共演の桐谷健太、国仲涼子、大谷亮平、永田琴監督が出席した。ミステリー作家・東野圭吾のジェンダーを題材にした小説が原作の同ドラマは、性同一性障害の主人公・日浦美月(中谷)と、美月が引き起こした事件をきっかけに再びフォーメーションを組む元アメリカンフットボール部の同窓生たちの苦悩を描く。桐谷から国仲を奪おうとする役どころの中谷は、「桐谷さんに負けないようにと、筋トレしたり、ヒレステーキや卵を食べたりしてトレーニングした。でも、男性になろうとしてもなり切れないもどかしさを感じた」と難役での苦労を明かした。女性とのキスシーンは人生初という国仲は「今振り返ってもドキドキする」と顔を赤らめた。

  • 男性として女性を愛する設定なので、男らしさを追求しました(中谷美紀/日浦美月)

    性同一性障害の役柄で、女性として女性を愛するのではなく、自分を男性と自認して(国仲演じる)理沙子を愛する設定です。演じる上では、男らしさを追求しました。桐谷さんが、背も高いし男前なので、そんな桐谷さんに負けないように、筋トレしたり、ヒレステーキや卵を食べたりしましたが、男性になろうとしてもなかなかなり切れないもどかしさを感じました。最終的な目標は、国仲さんをほれさせることで、旦那さまの向井理さんから奪い取ることでしたが、それには至らず(笑)。桐谷さんは、黙っているとハンサムで美しい顔立ちですが、しゃべると面白いという、不思議な方でした。国仲さんとは、ドラマチックなキスシーンがありますが、報われない思いを克服しようと、夫役の桐谷さんから奪ってやろうという気持ちで演じました。

  • 中谷さんと国仲さんのキスシーンはロングバージョンで見たいです(桐谷健太/西脇哲朗)

    第1話しか見ていないですが、僕はWOWOWに加入しているので、放送開始と同時に続きを見たいです。中谷さんと国仲さんのキスシーンもまだ見ていないですが、話を聞く限りではロングバージョンで見たいし、DVD化の際には、ディレクターズカット版として収録してほしいです。自分にとっての片思いの対象は、子供の頃に学校が終わって帰る夕暮れ時のセンチな感情です。年を重ねることでそれが段々薄れていく気がして、もっと自分が素直なままでもっと真っさらな感じで生きられたら、その感情を取り戻せるのではないかと思っています。そこに片思い中です。

  • キスシーンは作品の中ではポイントとなる大事なシーンです(国仲涼子/西脇理沙子)

    (中谷とのキスシーンについて)台本を読んだ時からドキドキして、どうやって撮影をするのか、受け身なのか、それともこっちからいくのか、当日までそのことが頭にありました。女性とは初めてのキスシーンでしたが、すごく優しさに包み込まれるような…。でも、作品の中ではポイントとなる大事なシーンなので、ドキドキしながらも、しっかりやらなければと思って。今振り返ってもドキドキします。今は、ラーメンに片思い中です。ラーメンが好きで、3食ラーメンでもいいくらい。こってりとした脂ののったラーメンが大好きです。でも太りやすい体質なので、ずっと我慢しています。一度食べてしまうと火が付きそうで怖いです。

  • 桐谷さんとのシリアスなシーンで、笑いが止まらないことがありました(大谷亮平/早田幸弘)

    桐谷さんと2人のシーンが多いのですが、2人とも関西出身ということもあり、シリアスなシーンにもかかわらず、笑いが止まらないことがありました。僕は、普段は大阪弁だし、生粋の大阪ならではの独特の間やテンポが染みついていることもあり、現場がピリピリするくらい笑いが止まらない時もありました。


LINEで送る

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP