完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

先に生まれただけの僕

10月14日 スタート 日本テレビ系 毎週土曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:08)

出演者

櫻井翔/蒼井優/多部未華子/瀬戸康史/井川遥/風間杜夫/高嶋政伸 ほか

スタッフ・音楽

脚本:福田靖/演出:水田伸生/プロデューサー:次屋尚/プロデューサー:高橋史典

概要

櫻井翔が4年半ぶりに連続ドラマで主演! 商社マンが高校の校長先生に

民間企業が経営する私立高校を舞台に、現代においてさまざまな問題を抱える教育の現場を浮き彫りにする、社会派エンターテインメントドラマ。嵐の櫻井翔が4年半ぶりに連続ドラマに主演し、商社マンでありながら、ひょんなことから高校の校長として辞令を受け、出向を命じられる主人公・鳴海涼介を演じる。共演は蒼井優、多部未華子、瀬戸康史、井川遥、風間杜夫、高嶋政伸など豪華な顔ぶれ。脚本は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」などで知られる福田靖、演出は「Mother」(同系)などを手掛けた水田伸生が担当する。

あらすじ

民間企業が経営する京明館高校は、社内で「不採算部門」と呼ばれている。偏差値は、中の下でスポーツが優れているわけでもない。第1、第2志望校に落ちた生徒が入る、定員割れギリギリの高校だ。そんな学校の経営を立て直すため、大手総合商社「樫松物産」で働く商社マン・鳴海涼介(櫻井翔)が、校長として送り込まれる。教育現場を知らない鳴海は、突然の校長という立場と、これまでのビジネスの常識とはかけ離れた学校現場の実態に困惑する。一方、鳴海を校長として迎えることとなった現場の教師たちは当然反発。しかし、彼らにも熱い教育理念があるわけではない。果たして、鳴海は京明館高校を立て直せるのか。

キャラクター紹介

  • 鳴海涼介(櫻井翔)
    総合商社「樫松物産」の社員。真面目な性格で、現役で東京の大学に合格。卒業後に就職した総合商社でバリバリ働いていたが、出世を目前にしたある日、会社が経営する京明館高校に“校長”として出向を命じられる。もともと営業でコミュニケーション能力を鍛えているので、人を動かすマネジメント能力には自信がある。
  • 真柴ちひろ(蒼井優)
    京明館高校社会科現代社会教師。2年3組(特進クラス)担任。学校という職場に愛着はあるが、やる気の感じられない京明館高校で教師を続けているうちに、生徒の学力・人間力を向上させることや、自分自身の教師力を向上させることを忘れがちになる。独身だが学校という狭い世界には魅力を感じる男性もいない。
  • 松原聡子(多部未華子)
    総合商社「樫松物産」社員。鳴海の恋人。校長になった鳴海を心配し、応援している。しかし、今まで鳴海と同じ会社にいたが故に、現在、鳴海と共有するものがなくなっている。さらに、価値観の違いも少しずつ生じていく。
  • 島津智一(瀬戸康史)
    京明館高校英語科教師。2年2組担任。29歳。英国に留学経験を持ち、ネイティブ並の発音で流ちょうな英語を話せる。しかし、学校では人とあまり目を合わさず、見るからに人見知りする性格で、校内での存在感が薄い。自分も意見を持っているが、ほとんどそれが周囲に伝わることはない。鳴海に対する態度は曖昧で、鳴海も島津を“頼りない教師”だと直感で判断している。
  • 綾野沙織(井川遥)
    京明館高校養護教諭。他の教師たちとは別の角度から接しているため、生徒たちの気持ちを一番よく分かっている。生徒の中には、メンタルが不安定で保健室に通う生徒もいて、そこから人間関係や家庭環境の問題に気付くことも。学校とは学問や知識を教育することよりも、健康な体、何よりも人間としての心を教育することが大切だと考えている。カウンセラーの資格を持つ。
  • 柏木文夫(風間杜夫)
    京明館高校副校長兼事務長。鳴海と共に京明館高校の改革に奔走。副校長という肩書きではあるものの、教師たちの管理より、お金やその他を管理する事務員としての役割の方が大きい。もともと信用金庫勤務だったが、10年前に事務長として京明館高校にやって来た。民間企業出身者として、鳴海のジレンマに理解を示すものの、学校を変えるのは難しいと思っている。
  • 加賀谷圭介(高嶋政伸)
    総合商社「樫松物産」専務。社内のライバル・八木専務が失脚したため、将来の社長と言われるように。鳴海を京明館高校へ送り込んだ張本人。好き嫌いが激しく、ホワイトカラーらしからぬ乱暴な言葉使いで相手を圧倒する。出世欲にまみれた人間に見えるが、社内や社員のことを事細かに把握している。鳴海のことも調べ上げている節があり、鳴海にとっては不気味な人物でもある。
LINEで送る

キーワード
関連リンク
PAGE TOP