完全保存版TVドラマガイド【2017年秋】

特集
LINEで送る

トットちゃん!

10月2日 スタート テレビ朝日系 毎週月曜~金曜 午後0:30~午後0:50

出演者

清野菜名/松下奈緒/小澤征悦/高岡早紀/竹中直人/山本耕史 ほか

スタッフ・音楽

原案:黒柳徹子/脚本:大石静/演出:星田良子/演出:遠藤光貴/プロデューサー:五十嵐文郎/プロデューサー:服部宣之/プロデューサー:角田正子/プロデューサー:菊地裕幸/プロデューサー:田原敦子
主題歌:福山雅治

概要

清野菜名&松下奈緒がダブル主演! 黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く物語

テレビ朝日が創設した「帯ドラマ劇場」の第2弾。40年以上「徹子の部屋」(同系)の司会を務め、常にエンターテインメントの第一線で活躍を続けている黒柳徹子とその家族の歩んだ激動の昭和史を描く。黒柳の自伝的著書「窓ぎわのトットちゃん」でも描かれたつらく困難な時代を、持ち前の好奇心と笑顔、そして自由な心で真っすぐ進んだ“トットちゃん”は、いかにして生まれたのか。その個性が巻き起こしたさまざまなエピソードを、笑いと涙とともにつづる。黒柳の子ども時代を豊嶋花、15歳以降を清野菜名が演じるほか、松下奈緒、山本耕史、竹中直人らが共演。脚本は、人気ドラマを数多く手掛けてきた大石静が担当する。

あらすじ

昭和4年、東洋音楽学校で声楽を学んでいた門山朝(松下奈緒)は、帝都交響楽団が主催する“第九演奏会”の合唱員募集のチラシを見て、友人たちと共に応募する。そこで朝は、楽団のコンサートマスターを務めるバイオリニスト・黒柳守綱(山本耕史)と運命的な出会いを果たす。ところが、北海道で医院を開業する朝の父・周通(佐藤B作)が突然上京し、朝を連れ戻して見合いをさせるという。叔父・井上宏(高田純次)、えつ(八木亜希子)夫妻のとりなしで、なんとか帰郷を1日延ばした朝は、演奏会に参加することだけは許してもらう。そして、朝は演奏会後も家に戻らず、守綱の住むアパートへ行き、守綱から一緒に暮らそうとプロポーズされる。

キャラクター紹介

  • 黒柳徹子(清野菜名)
    自由奔放で好奇心旺盛な女の子。まだ自分の名前がうまく言えなかった幼少期に“トット”と言い続けていたため“トットちゃん”のあだ名がつく。戦争に翻弄(ほんろう)された子ども時代、戦後の激動を乗り越えて音楽学校へ進み、テレビの世界に飛び込む。その後、NHKテレビ女優の第1号としてデビュー。テレビタレントの先駆けとなる。
  • 黒柳朝(松下奈緒)
    徹子の母。旧姓・門山。女優にスカウトされるほどの美女。ゆくゆくは婿を取り、北海道の村にある父・周通の医院を継ぐという約束で、東京の音楽学校に通い、声楽を学んでいた。守綱と出会い、電撃的に同居生活を始め結婚。繊細で経済観念のまるでない夫を気丈に支える。
  • シイナさん(小澤征悦)
    本名は椎名昭造。朝と守綱が結婚生活をスタートするアパート「乃木坂上倶楽部」の1階で喫茶店を営んでいる。インド人の父、日本人の母の間に生まれたが、父親に認知されず、母の姓を名乗る。立派な口ひげがトレードマーク。
  • 伊藤華子(高岡早紀)
    日本初の国際的建築家の未亡人。若き日に夫と出会い、共にパリに渡ったが、夫が病に倒れたため帰国。現在は「乃木坂上倶楽部」で一人暮らし。よき時代の思い出を胸に秘めながら、画家として生きている。ヨーロッパの自由な考え方を身に着けており、俯瞰で世の中を見つめる。
  • 小林宗作(竹中直人)
    徹子が通う「トモエ学園」校長。徹子の人生に多大な影響を与えた人物。「きみは、本当はいい子なんだよ!」と、トットちゃんにいつも語りかけていた。戦前には珍しい、個性を伸ばすユニークな教育法を実践。
  • 黒柳守綱(山本耕史)
    徹子の父。日本を代表するバイオリニスト。第九の演奏会で、朝に一目ぼれし、プロポーズする。ただひたすらに妻とバイオリンを愛する自由人で、真の芸術家。第2次世界大戦末期、招集を受け、満州に送られる。
LINEで送る

キーワード
関連リンク
PAGE TOP