コラム

古舘伊知郎の実況が戦国時代に響き渡る!?「古舘トーキングヒストリー」第2弾は本能寺の変に隠された謎に迫る!

 古舘伊知郎さんが「歴史×ドラマ×実況」という斬新な掛け合わせに挑み、昨年大きな話題を呼んだ「古舘トーキングヒストリー」。歴史上の重要な事件を本格ドラマで描き、そのドラマの中にスーツ姿の古舘さんが登場して実況を行うという全く新しい企画で、放送文化基金賞や日本民間放送連盟賞を受賞するなど、テレビ業界に新風を巻き起こしました。そんな意欲作の第2弾が、1月6日に放送されます!

 今回、古舘さんが挑むのは、日本史上永遠のミステリーと言われる本能寺の変。約430年前に起こった本能寺の変は、歴史を語る上で欠かせない大事件でありながら、その理由に定説がないため小説、映画、ドラマで様々な解釈をされながら描かれてきました。今回の「古舘トーキングヒストリー」では、明智側、織田側、さまざまな視点で記された資料をひもとき、全方位的に徹底検証。これまで知られることのなかった「本能寺の変」の謎に迫ります。

 古舘さんが実況するドラマパートは、前回同様豪華キャストが出演! 明智光秀役に大杉漣さん、また筧利夫さんが織田信長に扮し、戦国時代最後の下克上と言われる本能寺の変を鮮やかによみがえらせます。このキャスティングに古舘さんは「大杉さんと筧さんが演じる姿は、本当に光秀! 本当に信長! 僕は信長に会ったこともないし、光秀とお茶したこともないんですが(笑)、 “これぞ役者!”という演じ手のすごさを目の当たりにしました」と絶賛!

 演技している横で実況が入るなんて、役者さんは演じにくさを感じないもの?と思ったのですが、そこは心配ご無用! 「古舘さんの実況が、とっても心地いいんですよ。音楽を聴いているようでありながら、その言葉は人の心をわしづかむ強烈な力があります。古舘さんは、すてきなミュージシャンなんだ!と思いました」と大杉さん。筧さんも「古舘さんは現場の動きを見てしゃべりを変えたりもしているんです。これはもう、僕たち役者が演技を構築させる方法とまったく同じ。本当にすごいと思いました」と古舘さんの実況へのリスペクトをあらわし、ドラマと実況の融合を楽しんでいるようです!

 「教科書などに載っている権力側から見た歴史ではなく、市井の民の喜びや悲しみ、歴史の残酷な部分にも目を向けながら進行していきますので、『本能寺の変』を全然知らないという方から、よく知っているという方まで、ぜひご覧いただきたいです」と古舘さんがコメントしているように、教科書だと読み取れない、その時代の人間の息吹、苦しみを感じられる内容になっているので、「歴史はちょっと苦手…」という方も楽しんでご覧いただけます! 2018年の初めに、日本最大のミステリーを一緒に解き明かしましょう!

テレビ朝日担当 Y・I

【番組情報】
「古舘トーキングヒストリー~戦国最大のミステリー 本能寺の変、完全実況~」 
テレビ朝日系 
1月6日 午後9:00~11:10
 
キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

ドラマ25「宮本から君へ」池松壮亮
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

サイン入りポラをプレゼント!

連続ドラマJ「噂の女」中村俊介
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

PAGE TOP