コラム

冬ドラマはラブストーリーが熱い!
恋愛ドラマの魅力は“クセが強すぎる”男子にあり!?

クズホスト、女装男子…
視聴者が求める“イケメン像”の変化とは

テレビを見ていてよく耳にするけど、実際はきちんと知らない(かもしれない…)時事ネタや話題を追いかけ、解説する連載「TVガイド新書」。
今回は、イケメン俳優が女装男子やクズホストなど強烈キャラを演じることで話題の冬ドラマを、ライター・吉田潮の視点から考察!

左上から時計回りに「トドメの接吻」、「海月姫」
「ホリデイラブ」、「きみが心に棲みついた」

<処罰欲求を満たすクズ、いけ好かない美男がカギ>

 恋愛ドラマの8割はコケる時代。残りの2割のうち、ほんの一握りだけが成功する。しかも、成功するのは惚れたはれたの王道ラブストーリーではない。

「逃げるは恥だが役に立つ」(’16年)のように、契約結婚など新奇性のある設定と、現実に即したキャラクターが共感を呼ばなければいけない。

 あるいは、不倫や略奪愛を描き、理性を失った人物を罰する快感がなければいけない。さらには、夫の浮気と下半身事情を暴露した松居一代ばりの復讐をくわだてるキャラも必須である。「あなたのことはそれほど」(’17年)の東出昌大や、「奪い愛、冬」(’17年)の水野美紀を思い出してほしい。物語の展開がベタでも、話題をかっさらうのはエキセントリックなキャラクターなのだ。

 もはや恋愛は絵空事というか、一大エンタメとして、視聴者が嘲笑うコンテンツでなければならない。純愛に感涙とか、イケメンに胸キュンとか、君がどうした、僕はどうしたっつう「ゆるふわラブストーリー」は、ファンだけがこぞって見に行く、思春期向け映画に任せておけばいい。TVドラマでは、ベタと言われようが、昼ドラテイストと馬鹿にされようが、人間の業をあぶり出すような「エグみ」が必須である。

 そこで重要なのは、クズ男だ。救いようのない人生破綻者のようなカスではなく、社会に適応しつつも、人としては疑問符がつくようなクズ男がほしい。実生活では男日照りに直面している淑女たちが「こいつ、クズ!」と心の中で処罰できる対象、見目麗しく裕福でも、「こんないけ好かない男は絶対イヤ」と拒む妄想を楽しむ対象が必要。1月期ドラマにもそんな注目のクズ男が目白押しである。

<ホスト、サディスト、誘惑で理性を失う男>

 まず、金と権力への欲望が素直なホストが登場する「トドメの接吻」。黒目が大きい小型犬顔の山﨑賢人が、どこまでクズホストを演じきれるか見ものだ。この作品、女性支持票の減少を気にして手加減したら失敗する。ブスでもババアでも金・金、女の顔が福沢諭吉にしか見えないくらい銭ゲバホストであってほしい。続いて、「きみが心に棲みついた」では、絵に描いたようないけ好かない男キャラの演技に定評のある、向井理がエリートイケメンを演じる。その内実はサディスト、人に非ずというのだから楽しみだ。「ドS男」なんて生ぬるい表現ではない、サイコパスに近いサディストをこなしてくれると期待しておこう。

 もう1人、「ホリデイラブ」の塚本高史も加えておきたい。単身赴任先で誘惑に負けて浮気する、最もリアリティーのあるクズ夫を演じる。誠実な人柄という設定らしいが、世の奥様たちからボコられる「無神経さ」も期待できる。

 この他にも、クズ男のニオイがしそうなドラマがいくつかある。ぜひお気に入りのクズ男を、おのおの見つけてほしい。

 この短い文章の中で、あまりにクズと書きすぎたせいか、眉間にシワが寄ってきた。異なる注目点をもう1つ、提案しておきたい。「女装する男たち」である。

<女装ナンバーワンは誰か。若手俳優の競演を愛でる>

 「海月姫」では、芳根京子演じるオタク女子に恋する女装男子を瀬戸康史が演じる。くりんとした目とナチュラルボーン“アヒル口”を存分に生かせるだろう。

 男性が女装しOL生活をする「女子的生活」(NHK総合)では、そもそも素顔が女子っぽいというアドバンテージをもつ志尊淳が演じる。性的マイノリティーを異質な存在とせず、ごく日常の風景として、NHKがどこまで描けるか。設定が興味深い分、志尊のポテンシャルが余計に注目されるところだ。

 ちょっと異色なのは、「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」(WOWOWプライム)の城田優。高良健吾扮する、5股に多額の借金を抱える男(あら、ここにも愛すべきクズが!)を監視する、異形の女性を演じる。金髪、長身、全身黒ずくめで、強烈な毒舌と破壊的な行動をとるという。美よりも迫力重視かな。

 キャラクターや展開に女装がどう影響するかは始まってのお楽しみだが、3人の女装はぜひ見比べたい。

 個人的には若くない俳優の女装のほうが切なくて好きだが(近藤芳正や滝藤賢一)、そもそも美形の3人が、どこまで女装役をモノにできるか。奇しくも3人は同じ事務所。ワタナベエンターテインメントの女装押しに期待したい。


1月冬 注目の恋愛ドラマをチェック!
「トドメの接吻」 1/7(日)スタート
日本テレビ系 毎週日曜 午後10:30~11:25
※初回は午後10:00~
(C)日本テレビ

金と権力を愛するホスト・旺太郎(山﨑賢人)は、謎の女(門脇麦)にキスされて死ぬも、7日前に戻る奇妙なタイムリープを繰り返す。
「海月姫」 1/15(月)スタート
フジテレビ系 毎週月曜 午後9:00~9:54
※初回は~10:09
(C)フジテレビ

オタク女子が集う男子禁制アパートが舞台。クラゲオタクの女子(芳根京子)をある危機から救った美女は、実は男性(瀬戸康史)で…。
「きみが心に棲みついた」 1/16(火)スタート
TBS系 毎週火曜 午後10:00~10:54
※初回は~11:09
(C)TBS

自分に自信がない今日子(吉岡里帆)が、心優しい編集者(桐谷健太)と、過去に関係のあった先輩(向井理)の間で揺れ動く。
「ホリデイラブ」 1/26(金)スタート
テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15~深夜0:15
※地域によって放送時間が異なります
(C)テレビ朝日

幸せな結婚生活を送っていた専業主婦の杏寿(仲里依紗)が、夫(塚本高史)が単身赴任中に浮気したと知り夫婦の確執と闘いが始まる。

text=吉田潮
72年千葉生まれ。編集プロダクション勤務を経て、’01年よりフリーランスに。現在「週刊新潮」で「TVふうーん録」を連載している。著書「産まないことは『逃げ』ですか?」がKKベストセラーズより発売中。

キーワード

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

ドラマ25「宮本から君へ」池松壮亮
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

サイン入りポラをプレゼント!

連続ドラマJ「噂の女」中村俊介
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

PAGE TOP