コラム
LINEで送る

ネット、スマホの普及で情報が氾濫する現代をどう生きるのか テレビジャーナリズムの役割とは

「クローズアップ現代+」キャスター武田真一が、目指す番組の姿を語る

テレビを見ていてよく耳にするけど、実際はきちんと知らない(かもしれない…)時事ネタや話題を追いかけ、解説する連載「TVガイド新書」。
今回は、現代のテレビジャーナリズムが担う役割を考察。4月から「クローズアップ現代+」のキャスターを務めている武田真一アナを直撃した。

<試写、打ち合わせ、本番…1日4回の“真剣勝負”>

 今春、NHKの多くのニュース番組がキャスターを一新。新たな顔がそろった。

 「『ニュース7』(NHK総合)も女性キャスター(鈴木奈穂子/平日、井上あさひ/土日・祝日)がメインになり、雰囲気は変わりました。でも、報道としての姿勢、芯の部分は変わっていないと思います」

 こう語るのは、9年間「ニュース7」のメインキャスターを務め、4月から「クローズアップ現代+」を担当している武田真一アナである。“クロ現+”の呼び名で親しまれる番組では、毎回ひとつのテーマを25分間で掘り下げていく。取り上げる内容は、深刻な社会問題から、流行、文化、スポーツなど、実に幅広い。

 「今はさまざまな話題をお伝えするために、日々格闘している感覚です。頭をフル回転しているので、脳が疲れます(笑)」

 笑顔で語る武田アナだが、そのスケジュールはかなりハードだ。

 「月曜と火曜に、その週に放送予定の番組内で紹介するVTRをすべて事前試写します。試写室は各ディレクターの勝負の場。スタッフは何日もそのテーマを追いかけて、伝えたいことがパンパンに膨らんでいるんです。僕は視聴者代表としてフレッシュな目で見て、初めてそのテーマに接する視聴者に伝わるか、と考える。疑問や修正すべき点についてはしっかり話し合います。放送当日は午後3時頃、2回目の試写をしてコメントなどを確認。午後7時30分にはゲストが到着するので、VTRを見ていただいて打ち合わせをします。2回の試写とゲストとの打ち合わせ、それに本番で意見をぶつけ合うのは、真剣勝負の“バトル”に近い。毎回、4回ずつバトルをしているんです(笑)」

 テーマに多角的に迫るため、例えば利用が急増している銀行カードローンを取り上げる場合でも、破産した人を救済しているゲストとローンに理解のあるゲスト、異なる立場の2人を招くなど、コメントのバランスや方向性には気を配る。

 「25分の中で実際にお話を聞ける時間はとても短いので、僕がゲストを紹介する数秒さえも惜しいんです。ゲストの肩書などは字幕でご紹介するだけにして、僕は間髪を入れずズバッと質問し、解説していただけるようにしています」

 これまでで特に印象に残っているテーマは、今年度第一回の「稀勢の里優勝 知られざる最後の3日間」だという。

 「稀勢の里の感動的な優勝を取り上げるのはもちろんなのですが、僕たちがもうひとつ気になったのは、優勝争いをした照ノ富士が“変化”で勝利した際に、客席からブーイングが起こったこと。そこには何があったのか。調べていくと、照ノ富士もヒザを痛めていて、あのように立ち向かうしかなかったということがわかってきたんです。我々はあくまでも事実を掘り起こしてお伝えするだけですが、この事実をブーイングした人たちにもわかってもらえたら…と思います」

 キャスターとしての立ち位置の難しさを感じた回もあった。

 「『スマホで指紋が盗まれる?“映りすぎ社会”到来!』の回では、新しい防犯システムによって知らない間に顔を映像に映され、チェックされていることに僕自身も抵抗がありました。でも、深刻な万引き被害にあうお店の方のことを考えると、キャスターの僕が一方の立場になるのはよくないなと。改めて感じました」

<番組はまもなく4000回情報の海の羅針盤を目指す>

 若者を中心にテレビ離れと言われる今、報道番組の価値をどう考えているのか。

 「インターネット、特にスマホが普及して以来、ニュースも自分が興味のあるものだけを読む・見る傾向があると思います。自分が気に入ったものだけに囲まれて、他を受け入れなくなりがちですよね。それが高じると社会が分断していく。でも、テレビのニュースはさまざまな内容が雑多にあって、興味がなくても『こんなこともあるんだ』と知るきっかけになります。我々は今、大量の“情報の海”にいて、多くの人が迷っている。僕らの番組は、『情報の海の羅針盤になれたら』ということを、スタッフ全員が真剣に考えているんです」

 社会人であり家庭人でもある自身も、日常生活の中で知らなかったことや、新鮮なものに出会う楽しさを味わっている。

 「飛行機で映画を見るのが好きです。知らない作品も多いんですが、試しに見てみると意外に面白かったりするんですよ。休日もジャンルにこだわらずに録画して、洗濯物をたたみながら見ています(笑)」

 25年の歴史を刻む番組はまもなく放送4000回、「クローズアップ現代+」のタイトルになって200回を迎える。武田アナが今後、取り上げたいテーマとは。

 「坂本龍一さんへのインタビューを経験して、どんなものにも公平に耳を傾け、しなやかに主張をする姿に感動しました。僕はまだ『こんなテーマを』と提案する余裕はないのですが、文化、芸術、またスポーツについても、通常のニュースとは違う切り口で迫れたらと思っています。僕のことを気に入ってくださる方がどれだけいるかはわからないのですが、キャスターである僕や、『クロ現+』という番組に興味を持って、『このキャスターなら、この番組なら、見てみようかな』と思っていただけたらうれしいですね」


武田アナが特に印象に残っているテーマ
4/3 稀勢の里優勝
19年ぶりの日本出身横綱・稀勢の里がけがを押して出場し、奇跡の逆転優勝を果たした春場所の最後の3日間に密着。優勝を争った照ノ富士の舞台裏も取材した。
4/5 “映りすぎ社会”到来!
携帯カメラの高解像度化によって、ピースサインから指紋が盗まれる危険を紹介。解像度の高い映像から犯罪者を見つけ出す最新防犯システムについても議論した。
4/19 坂本龍一ロングインタビュー
8年ぶりに発表したソロアルバム「async」について坂本龍一にインタビュー。async=同期しない、というタイトルのアルバムに込めた現代へのメッセージに迫った。
番組情報
[クローズアップ現代+]
NHK総合
毎週(月)~(木)
午後10:00~10:25
 ’93年スタート。毎回ひとつのテーマを、取材VTRとゲストとのトークで掘り下げる。’16年4月よりタイトルが「クローズアップ現代+」に。6月に4000回を迎える予定。

今回、取材したのは…

武田真一さん(NHKアナウンス室シニア・アナウンサー)
 ’67・9・15熊本生まれ。’90年、NHK入局。「NHKニュース」の担当などを経て、’08年~’17年3月まで「NHKニュース7」(平日)のメインキャスターを務めた。4月より「クローズアップ現代+」のキャスターを担当している。

Interview=ペリー荻野

LINEで送る

TVガイド最新号

TVガイド
2017年8月25日号
発売日:2017年8月16日
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:350円
表紙:亀梨和也

新着連載

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

番組特製グッズをプレゼント!


「KEYABINGO!3」出演・けやき坂46
柿崎芽実&齊藤京子&佐々木久美
サイン入りポラ

2名様にプレゼント

PAGE TOP