コラム

take192「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

80年代ヒットポップに乗って友情と愛の物語が紡がれる

「アベンジャーズ」シリーズに代表されるマーベル・シネマティック・ユニバースの中でも、宇宙の落ちこぼれ軍団が疑似家族的友情と信頼で結ばれていく様子を描いて、SFコミックマニアを一際惹きつけて止まない人気シリーズの続編。原題の副題「Vol.2」をあえて「リミックス」と変えて公開した宣伝方針に対して異論も噴出したが、前作を観ている・いないにかかわらず、各キャラの立ち具合と独特のペーソスは、ヒーローものに飽きた口には一層新鮮だ。

 高慢な指導者、アイーシャが率いる黄金の惑星で小遣い稼ぎに仕事をこなしてきたガーディアンズだったが、ひょんなことからアイーシャを怒らせてしまい、一転して追われる身に。そこに、スター・ロードを自称する主人公、ピーターの前に父親だと名乗る謎の男が現れて、銀河系を大混乱へと導いていく。

 ピーターが日々テープで聴く“最強ミックス”には、彼がかつて住んでいた1988年の地球で流行っていた懐かしいポップソングが収録されている(原題の意味にもつながる)。そのメロディーには亡き母親への思い出が詰まっているのだが、続編では父親の出現と共に母の死の真相が明らかになる。己のアイデンティティーと対峙するピーターを主軸に、そんな彼をサポートする風変わりだが心優しい仲間たち、そしてピーターにとっては育ての親である宇宙海賊、ラヴェジャーズのリーダー、ヨンドゥらが織りなす人間模様は、時にほろ苦くて最後は滂沱の涙を誘う。このシリーズが愛される理由がビギナーにも充分伝わる作りになっているのだ。

 2020年の公開となる第3弾では1と2を監督したジェームズ・ガンが再びメガホンを握る。溢れるペーソスを3でも踏襲してほしいものだ。(日本での興行収入:11億4千万円)

<映画うわさの真の相>
映画を体験できるアトラクションがディズニーランドに登場!!

 昨年5月、本シリーズをテーマにした新アトラクション“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!”が米カリフォルニアのディズニーランド・リゾートに誕生した。宇宙の果てに囚われたガーディアンズのメンバーをアトラクション参加者たちが救出するという設定だとか。興味のある方はぜひ参加してみては!?

【映画情報】
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス Guardians of the Galaxy Vol.2(17年米)

3/10(土)
WOWOWシネマ 午後8:00~午後10:30
 宇宙のならず者チームのリーダーの前に、父親を名乗る謎の男が現れたことから全宇宙に危機が迫る。人気SFアクションの第2弾。ピーター(プラット)率いる“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”は、黄金の惑星の指導者から仕事を依頼される。が、アライグマのロケットの余計な行動が指導者を怒らせ、艦隊の総攻撃を受けて宇宙船が大破。そこにピーターの父親を名乗る謎の男が現れる。

監督:ジェームズ・ガン
出演:クリス・プラット ゾーイ・サルダナ デーブ・バウティスタ マイケル・ルーカー カレン・ギラン ポム・クレメンティエフ カート・ラッセル
Text=清藤秀人


キーワード

PAGE TOP