暑い野外でも、おしゃれに快適に過ごしたい! 夏フェスお役立ちグッズ

コラム
LINEで送る

プラバンで作るオールドローズ

女の子のためのお役立ち情報をご紹介するこのコーナー。
プラスチック板=プラバンでかわいいアクセサリーを!一見ガラス細工にも思えるオールドローズのモチーフはアクセサリーにぴったり☆着色の仕方で印象がガラッと変わります。

用意するもの

プラバン(透明:0.3㎜厚)、紙やすり(目の細かいもの)、色鉛筆やフリクションペン、パステル、カッター、ティッシュ、ハサミ、アルミホイル、クッキングシート、手袋(綿)、マドラーなど先の丸い棒、トースター、ボンド、ようじ、ビーズなどのパーツ

オールドローズの作り方

プラバンの両面に紙やすりをかける。全体が均一に半透明になるよう、縦、横、斜めにかけるのがコツ。最後にティッシュで粉を落とす。

①のプラバンに、色鉛筆やフリクションペンで大中小3枚の図案を写す。フリクションペンは熱で消えるので仕上がりにひびかない。

線に沿ってハサミで切り取る。色鉛筆で写した場合は線が残らないよう、線の内側を切る。花びらの境目は深めに切り込みを入れる。

パステルをカッターで削り、粉をティッシュにつけて②で線を引いた面とは反対側の面に着色する。縮むと色が濃くなるので薄めに。

あらかじめトースターを温めておく。シワをつけたアルミホイルとクッキングシートを重ね、その上に④を置いて1枚ずつ焼き縮める。

手袋をして、熱いうちに指で中心部分をへこませながらクルクル回し、大中小が重なることを意識しながらそれぞれ花の形に整える。

花びらの大きさに合わせて、ピンポン球や先が丸い棒などを型として使うと作業しやすい。

花びらの中央にようじでボンドを少量つけ、大中小の順で重ねて固定し、中心にはパールビーズをつける。ボンドのはみだしに注意。

アレンジ例

ネックレス

ネックレスに加工する場合は、③の工程の後、1番大きな花びらにパンチで穴を2つあけておく。花を重ねて完成させた後、穴に丸カンを通してチェーンをつける。

ピンブローチ

ピンブローチの台座にボンドをつけ、花の裏面につける。服にブローチをつけたときに花の重みで少し前方に傾くので、台座は中心よりも少し上の方につけるのがコツ。

リング&ピアス

リングもピアスも、台座のあるパーツを選ぶ。台座にボンドをつけてその上に花をのせる。ボンドがはみ出した部分は色抜けするので、つけすぎに注意すること。

Interview

作る人のアイデア次第で色も形も自由自在
 子ども向けのシンプルな作品から大人のアクセサリーまで、アイデア次第で幅広い作品が出来るプラバンは、手芸ファンの間でも特に人気の素材です。トースターで焼くときの面白い動きも必見!うねうねとした動きが止まり、プラバンが平らに戻ったときが、取り出すタイミングです。
 思った以上に色が濃くなるので、最初は驚くかもしれませんが、そんな着色の難しさもまた楽しいところ。何度か作るうちにコツが分かってきます。材料は、手芸店はもちろん、100円ショップでも手に入るものばかりです。ぜひ気軽にトライしてみてください。

Text:池田かおり Photo:蓮尾美智子

今回教えてくれたのは・・・
手芸作家 maco先生
プラバンをはじめ、消しゴムはんこやリボン、レジンなど、手軽にできるかわいいハンドメイド作品を研究。ワークショップも開催中。【Instagram @atelier.maco
「Girl’s Culture」とは?
月刊TVガイドにて掲載している、女の子のためのお役立ち情報をご紹介するコーナー。テーマに関して、本誌では更に詳しく紹介しています。
http://gekkan-tvguide.zasshi.tv/

当記事に関しては、月刊TVガイド2017年6月号にて掲載。
「Girl’s Culture」関連記事
LINEで送る

PAGE TOP