「Girl's Culture」もはや鉄板?オーブンなしで簡単パーティービーフ!

コラム
LINEで送る

スマホで猫をかわいく撮る!

 女の子のためのお役立ち情報をご紹介する、月刊TVガイドの企画「Girl’s Culture」。今回、世は空前の猫ブームということで我が家の猫をかわいく撮りたい! そんな願いを叶える方法をご紹介。年賀状に愛猫の写真を載せて、自慢しよう!


STEP(1)スマホを簡単に使いこなしてほしいにゃ

 毛づくろいをしたり、おもちゃで遊んだりして、動いている猫を撮ろうとしたのにブレてしまう。これはスマホで猫を撮る人に共通する悩み。それは、スマホのカメラレンズでは早く動くものを捉えきれないから。そこで、「連写モード」を活用してみましょう。複数写真を続けて取ると、ブレていない写真が1枚はあるはず。「下手な鉄砲かず撃ちゃ当たる」と心得てください。

 写真がボケてしまうのは光度(明るさ)が足らないので、ピントが合いづらいから。写真撮影に一番向いているのは太陽の光。そこで窓辺に猫を連れて行って撮ってみましょう。夕方になると光が強くなりすぎてしまうので、適度に明るくふんわりとした朝の光がおすすめです。猫を撮るなら午前中、と覚えておきましょう。

 黒やグレイなど濃い毛色の猫を撮ろうとすると、背景と猫が同化してしまって猫が目立たないことがよくあります。そんな時は白いタオルを猫の下に敷きましょう。タオルがレフ板の代わりをして猫に下から光を当ててくれるので、くっきりと猫が目立つようになります。


STEP(2)かわいい表情で撮ってほしいにゃ

 スマホで撮影した猫の写真を見ると、釣り目や面長な顔に写っていて怖い印象を受けることがあります。この原因は猫を上から撮っているためです。そこでスマホを逆さまにして撮影してみましょう。同じ場所で撮影しているつもりでも、これだけでレンズの位置が大きく変わって、あおり気味で写真が撮れるので、顔が縮んで目の印象も優しくなります。面長な猫もそれはそれでかわいいですが(笑)

 人間と違って猫は名前を呼んでも一瞬しか目線をカメラに向けてくれません。しかも、エサをくれたり遊んでくれたりしないとわかると呼びかけに反応しなくなってしまうことも。そこで、タブレット菓子のケースやコンビニのナイロン袋をカシャカシャと鳴らして、猫の注意を引きつけ続けましょう。普段、猫が普段遊んでいる猫じゃらしなどのおもちゃをカメラの上で振ってみるもおすすめです。


STEP(3)お正月ポーズに挑戦にゃ

 猫が立ち上がって身体の前で手を合わせているポーズは、猫ファンから特に人気です。 カメラの前で振っている猫じゃらしを猫が掴もうとしてきた瞬間に、すばやく上に引き上げることで撮影できます。素早い動き撮影することになるので、連写モードでの撮影がお勧めです。なかなかすぐには成功しないかもしれませんが、猫はおもちゃがあると付き合ってくれるので、何度も挑戦してみましょう。

【もう1技】
 長時間の撮影で同じおもちゃを使っていると猫が飽きてしまいます。そんな時はおもちゃを自作しましょう。竹ひごにビニールを巻きつけるだけですぐに完成します。

 お正月らしく鏡餅ならぬ、鏡猫というのはいかがでしょうか。
 もっとも、本物のミカンを猫の上に乗せてはいけません。と、いうのも猫は柑橘系の匂いを嫌うからです。そこで、雑貨店などで販売されているおもちゃのミカンを使いましょう。でも中には頭の上にものが乗るのを嫌う猫もいるので、あまりに嫌がるようだったらやめましょう。寝ている時にそっーと乗せるのがおおすすめです。

【もう1技】
 猫の下に赤い布を敷くとお正月らしくおめでたい雰囲気になります。ほかにも、おせち料理や門松の前で撮るなど背景に工夫を加えることで、季節感が増します。これは春夏秋冬いつも使える技ですね。

「笑う猫には福来る」。笑顔の猫を見ているとそんなおめでたい気分になります。
でも、猫は笑うことはないので工夫が必要です。猫が目をつぶって、上を向いて寝ているところをローアングルで下から撮影すると笑顔に見えます。気持ち良く寝ている時は上を向くことが多いので、食事をして眠たくなった後に、窓辺で日向ぼっこをしながら寝ている時が絶好の撮影タイミングです。

【もう1技】
 丸まって寝ることが多いような猫だと、上を向いた寝顔が撮れません。そんな時は、のどを触りましょう。猫はのどを触れられるのが好きなので気持ち良さそうに目を細めて上を向いてくれますよ。


インタビュー「人も猫もカメラを好きになろう!」

 猫は見慣れないもの嫌うので、いきなりスマホを向けても驚いてしまいます。そんな時は猫が生活している部屋にスマホを置いてまず、猫をカメラに慣れさせましょう。そして写真撮影をした後は、おやつをあげるなどして、「カメラは楽しいものなんだ」と猫に思ってもらえることを心がけてください。だから、ちょっとでも猫が写真撮影を嫌がったら、 その日は撮影を中断してください。

 自宅で猫を飼っていない場合は、猫カフェでの撮影がお勧めです。猫カフェは撮影OKな場合がほとんどなので、猫もカメラに慣れています。野良猫は人の近くよってこないので望遠レンズのついていないスマホでの撮影は難しいと思います。

 誰しも最初はなかなか上手に猫の写真が撮れないものです。でも、じょじょに猫が写真撮影を好きになってくれたり、撮る人が慣れてきたりすると、お気に入りの1枚が撮れるようになります。飼い主も猫も気長に、カメラを楽しみましょう。

今回教えてくれたのは…
猫写真家 石原さくらさん
猫専門誌での連載や猫写真教室を定期的に開催。2016年1月16日に浅草・猫カフェMONTAにて写真教室を開催予定。撮影を行った「にゃーにゃ photo book from 週刊ニュース新書」(小社刊)も好評発売中!
「Girl’s Culture」とは?
月刊TVガイドにて掲載している、女の子のためのお役立ち情報をご紹介するコーナー。テーマに関して、本誌では更に詳しく紹介しています。
http://gekkan-tvguide.zasshi.tv/

当記事に関しては、月刊TVガイド2016年2月号にて掲載。

「Girl’s Culture」関連記事

LINEで送る

PAGE TOP