コラム

中川翔子が自身原案のアニメ試写で感激!
さらには声優にも挑戦!

 しょこたんこと中川翔子さんのエッセイ「ねこのあしあと」が原案のアニメ「おまかせ!みらくるキャット団」が3月31日からスタート! その試写会と取材会が都内の猫カフェにて行われ、原案の中川翔子さんをはじめ、主役・マミタスの声を務める杜野まこさん、監督の橋本みつおさん、シリーズ構成の園田英樹さんが出席されました。しょこたんは、このアニメの主役である愛猫・マミタスと一緒に登場し、「まさか人生のベストパートナーのマミタスさまがアニメになるなんて!」とうれしさ大爆発の様子。そしてマミタスとともに試写を見ることに。

 アニメのあらすじは、東京の下町、谷中野(やなかの)町に住んでいる小学4年生の女の子、赤川ぽこ美。通称「ポコタン」は、勉強も運動も苦手ですぐに落ち込むネガティブ少女。ある日、そんな娘を他界した父・夏彦は心配し、天上の「ヨミヨミランド」からやって来て、飼い猫のマミタスに自分の代わりにポコタンを助けるようにと魔法の猫じゃらし「みらくるじゃらし」と変身できる鈴「みらくるベル」を託します。託されたマミタスは、みらくるキャットに変身し、ポコタンを助けるべく大奮闘! という楽しいドタバタストーリー。

 試写中、父の夏彦の動きやセリフに大笑いし、マミタスが変身する姿に「おおっ!」などと歓声を上げながら楽しんでいるしょこたん。猫のマミタスもアニメのマミタスが変身した途端、ニャーニャーと鳴きはじめ、まるで「テレビの中の自分が変身したニャー!」と言っているようでした。本当に分かっているのかもと思っちゃいました。

 第1話を見終えたしょこたんは、「マミタスがしゃべったらどんな声になるのかいつも想像していたんですけど、こういう声だったんですね。マミタスといつも話していたんですけど、妄想のはるか1億倍の素晴らしい形になってうれしい」と大感激。それを聞いたマミタス役の杜野さん、「今日初めて翔子さんと本家のマミタスさまにお会いしてリアクションも気になって緊張していました。『こんなんじゃねえよ』って思われないかと」。と話している合間に、猫のマミタスから「ニャー」とひと声。しょこたんが「今、ОKと」と猫語を通訳(?)し、無事にマミタスからもお墨付きをもらえたようです。

 また、取材会の中でしょこたんが声優としても登場することが発表されました。
「いくつ夢がかなってしまうんだろう」と笑顔のしょこたん。
 中川さんが演じるのは、ルリックス姫という商店街のコスプレ専門店でアルバイトをしている女子高校生。マイケルという猫の飼い主でもあります。「猫の飼い主でありながら、コスプレ好きという。親近感しかないので、ノリノリでやりたいなと思います」と決意表明。

 笑いあり、涙ありのほんわかアニメで、ほっこりできる猫アニメ。果たして、しょこたんはどんな声優ぶりを披露してくれるのか。そこも見逃せません。

NHK Eテレ担当 K・H


【番組情報】

「おまかせ!みらくるキャット団」(Let’s天才てれびくん内)
NHK Eテレ 毎週火曜 午後6:45~6:55



テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」千葉雄大
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」恒松祐里
サイン入りポラを2名様にプレゼント!

PAGE TOP