放送局から直送便・ドラマ版

コラム

吉岡里帆演じるえみるが自分自身と向き合う「健康で文化的な最低限度の生活」注目の最終回!

 吉岡里帆さんが新人ケースワーカーとして生活保護受給者と向き合う「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)。ついに9月18日に最終回を迎えます。吉岡さん演じる義経えみるは、識字障害やアルコール依存症など、さまざまな人たちと真摯に向き合ってきました。えみるは真っすぐすぎる熱意の持ち主。時にそれが空回りすることもあるのですが、周りの半田明伸(井浦新)、京極大輝(田中圭)ら上司にアドバイスをもらいつつ奮闘する姿に、心を打たれた方も多かったのではないでしょうか。

 さて、最終回の第10話では、第1話からえみるが気にかけてきた丸山ハルカ(永岡心花)が中心となります。第9話では、孫のハルカと2人暮らしの高齢受給者・幸子(小野和子)の家でボヤ騒ぎが起きます。えみるが駆けつけると、そこには4年前にハルカを残して男と消えたハルカの母・梓(松本まりか)がいました。梓は「幸子の介護をしながらハルカを育てる。そのために自分も生活保護を受けたい」と申し出ます。しかし、えみるが彼女に不信感を抱いた瞬間、梓は突如攻撃的に。ハルカはどうなるのでしょうか。

 第10話は鬼気迫るシーンから始まります。えみるが勤める東区役所に乗り込んでくる梓と彼氏の洋介(渋谷謙人)。生活保護費の振り込みがないと、えみる、半田、京極に食ってかかります。洋介は「お金だけもらって帰ろう」と言い出す始末。えみるは「ハルカちゃんが今、どんな思いでいるのか、気にならないんですか?」と梓に問いかけます。実はハルカは、児童相談所で保護されていたのです。この状況に逆上した梓でしたが、洋介は「しっかり育てるんでお金だけください」と言い出し、挙句の果てには京極から「生活状況が分からないとお金は渡せない」と告げられると、目の前のテーブルをひっくりかえすなどして、しっちゃかめっちゃかに。警察に連れていかれる梓と洋介の背中を見ながら、えみるはハルカを守るために、自分にできることは何かを考えます。えみる自身が出す結論とは。この案件を解決させることで、えみるはまた少し大きくなるはずです。

 一方、阿久沢正男(遠藤憲一)の娘・麻里(阿部純子)の妊娠の行方にも注目です。第9話で倒れた麻里が妊娠していたことを知り、言葉を失った阿久沢。おなかの子について知りたい阿久沢ですが、何も話そうとしない麻里。阿久沢と麻里が笑顔になる日々は来るのでしょうか。

 さまざまな人の決断が交錯する第10話。ぜひ、最後までご覧ください。

【番組情報】

「健康で文化的な最低限度の生活」(最終回) 
フジテレビ系 
火曜 午後9:00~9:54

 
キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP