放送局から直送便・ドラマ版

コラム

「ブシメシ!2」最終回で瀬戸康史の「すずぅ!!」がさく裂? 伴四郎は愛妻・すずを取り戻せるのか?

 瀬戸康史さんが気の弱い料理上手な武士・酒田伴四郎を演じる、ほのぼのグルメ時代劇「幕末グルメ ブシメシ!2」(NHK BSプレミアム)が2月21日にいよいよ最終回を迎えます。第1話冒頭ではちょっと調子に乗っていた伴四郎でしたが、殿こと松平茂照(草刈正雄)から「書状を取り戻せ」との密命を受けて南海藩に潜入してからは、周囲の悩み事を解決すべく、料理の腕を振るいながら密命完遂のため悪戦苦闘。一度は桔梗屋(国広富之)から書状を取り戻し南海藩から脱出するも、今度は愛する妻・すず(三吉彩花)がエゲレス公使、アンソニー・アボット(厚切りジェイソン)の毒牙に。 まだまだ伴四郎の苦慮は続きそうですが、果たして!?

 江戸の娘を土産にしようとするアボットと桔梗屋の企みを知ることとなった伴四郎は、捕らわれているすずを助け出そうと南海藩邸への潜入を試みるも失敗。そんな中、かつて桔梗屋と内通していた宗太郎(笠原秀幸)の助太刀で、伴四郎と惨助(草刈正雄)は藩邸内に潜り込むことに成功します。2人はすずを探し始めますが見つけることができず、あげく大田垣(平山祐介)ら南海藩士に見つかり捕縛されてしまいます。貧しい日々を乗り越えるために、人さらいの片棒を担ぐしかない南海藩士らの窮状を聞いた伴四郎は、「自分の中にも“南海魂”はある」と訴え、藩士らのために料理を作ります。伴四郎の心意気に触れた藩士らはすずの居場所を2人に伝え、伴四郎はようやくすずと再会。しかし、その前に南海藩主・宮田俊成(ユキリョウイチ)らが立ちはだかり…。

 これまで料理で人の悩みを解決してきた伴四郎は、最終回でも料理で人の心を動かしますが、桔梗屋だけは最後の最後まで伴四郎の前に立ちはだかります。そんな桔梗屋の本心も明かされるようです。また、いつも沈黙しているアボットの護衛・アーロン(ボビー・オロゴン)がいい働きを。さらに、伴四郎と惨助が「ええええええーーーーー!?」となる展開も。「30分で終われるのか」と思うほど盛りだくさんな内容です。伴四郎はすずとの平穏な日常を取り戻すことができるのでしょうか? 平穏に暮らしてほしいような、いつまでも「すずぅ!!」の叫びを聞いていたいような…。みんなで伴四郎の行く末を見届けましょう。

NHK担当 N・S

【番組情報】

「幕末グルメ ブシメシ!2」(最終回) 
NHK BSプレミアム 
水曜 午後11:00~11:30

 
キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」千葉雄大
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」恒松祐里
サイン入りポラを2名様にプレゼント!

PAGE TOP