放送局から直送便・ドラマ版

コラム
LINEで送る

秋元才加が「脳にスマホが埋められた!」第3話に登場で、篠田麻里子との対談をお届け!

 伊藤淳史さん主演の連続ドラマ「脳にスマホが埋められた!」(日本テレビ系)が7月6日からスタートしました。皆さんはご覧になられましたでしょうか? 本作は、ある日、突然脳がスマホのようになってしまったアパレル会社「エグザルトン」総務課の折茂圭太(伊藤)が、この能力を身につけたことで、関係のない社内外のトラブルに次々と巻き込まれていくというストーリー。主人公を演じる伊藤さん以外にも、新川優愛さん、安藤なつさん、岸谷五朗さんなど、キャストもとても華やかな作品です。

 第2話では、いろいろな男性をたぶらかしている相馬美羽を相楽樹さんが熱演されました。普段のイメージと違う小悪魔的な女性を、相楽さんは完璧に表現していて、とても印象的でした。

 さて、それでは気になる第3話についてお伝えしましょう。ようやく脳内スマホの操作に慣れてきた圭太は、脳内スマホのアプリも使いこなせるようになります。そんな圭太に、正体がバレないようにアドバイスをする石野柳子(新川)ですが、圭太と柳子のシェアハウスに遊びに来た会社の同僚・安田部々香(安藤)にすっかりバレてしまいます。部々香は圭太に、同じ総務課所属のスターマラソン選手・本吉佳蓮のサインをもらってくれば、圭太がスマホ人間であることは誰にも話さないと言うのです。

 本吉が出社した日、圭太はサインをもらうために近づこうとするも、彼女の人を寄せ付けない雰囲気に圧倒され、どうすることもできません。そして、ある日、圭太は匿名制SNSに、本吉がある書き込みをしていることを知り、彼女が悩みを抱えていることを見抜きますが…

 毎回、豪華ゲストの登場も楽しめる本作ですが、7月20日放送の第3話のゲスト・本吉役は、なんと栗山五月役でレギュラー出演中の篠田麻里子さんに“とても”ゆかりのあるあの方が登場するそうです。 それはずばり………

 秋元才加さんです! 篠田さんと秋元さんはAKB48時代からの旧知の仲で、プライベートでもとても仲良し。2人は、グループ卒業後もバラエティー番組で度々共演されていますが、ドラマで共演するのは、なんと初めてだそうです。今回は撮影現場にお邪魔し、そんなお二人にお話をうかがってきました!

──AKB48を卒業してしばらく経ちましたが、卒業してからも交流はありましたか。

秋元「テレビ番組のロケで、私の母の故郷(フィリピン)に一緒に行ったり、お仕事で一緒になることはあったんですけど。こうやってお芝居するのは初めてです」

──実際に共演していかがですか。

篠田「第3話の台本を見た時に、ゲストが佳蓮ちゃんというマラソン選手で、才加っぽいなと思ったら、台本の名前のところに秋元才加って書いてあって、『やっぱり!』と。ビックリしました(笑)」

秋元「2人で食事した時に、このドラマの話を聞いてて。その3日後ぐらいに役のオファーが来て、『あれ、麻里子が言ってたドラマだよね』って思ったんです。逆にちょっと恥ずかしくて、言い出すタイミングを逃しました(笑)。後で麻里子から『才加出るじゃん。早く言ってよ』というメールが来ました(笑)」

篠田「私が言うまでずっと隠し通していたんですよ」

秋元「その方が面白いかなと思って(笑)。実はびっくりしました」

──撮影はいかがでしたか。

秋元「私たちがAKB48で活動していた頃を知らない方々は、素直に知らないで見ていただいても『あ、こういった子たちがお芝居しているんだな』という感じで楽しめると思うんです。逆に、私たちがグループに在籍していた頃を知っている方は、より面白い部分というか、楽しめるせりふも出てくるので、そこは私も楽しみながらお芝居させていただきました」

篠田「キャストの皆さんとのシーンもすごく楽しいですが、やっぱり秋元才加がいると懐かしいし、久しぶり感もあって、お芝居していてすごく楽しかったです」

秋元「あとは、うれしいですね。なかなか違う現場で仲間と一緒になることがなかったんです。同じ空間にはいるんですけど、私はゲストで、篠田麻里子ちゃんはレギュラーとして出ていますが、朝からめちゃめちゃ元気だなと思いました。私は、朝、テンションが結構低くて(笑)、だんだん昼になってきてテンションが上がってくるタイプなんですけど。彼女は、朝から皆さんとワイワイと和気あいあいとしていたので、めちゃくちゃ仲の良い、本当にチームワークのいい現場なんだなとすごくうらやましかったです。私もすっと受け入れてもらいましたし」

──ドラマでの共演で、お互いに「ここが変わった」と思うところはありますか。

秋元「AKB48在籍時も同じドラマには出ているけど、同じシーンがなくて。実は、対峙してちゃんとお芝居を見たことがないんですよね。細かいところを、表情を加えてアレンジしたりとか、あとカメラが回っていない時に、すごく場を和ませる人だなと思いました。ずっと一緒にいたんですけど(笑)、新たな発見がありましたね」

篠田「髪形? 髪色変えたなと思って。髪以外はなかったです。ずっと変わらず、才加らしいというか、秋元才加だなって思いました」

秋元「興味をもってよ(笑)。麻里子は結構ちょっかいを出してくるタイプなので、それはすごくうれしかった。例えば肩をちょっとつっついてきたりとか。そういうしょうもないのがうれしかったです」

──スマホ人間になったら何の能力がほしいですか。誰のどんなところをのぞいてみたいなど、ありますか?

篠田「国家秘密ですかね(笑)。遠隔操作とかして(笑)」

秋元「難しいな。だってニャイン(ドラマに出てくるメッセージアプリのこと)とか見えちゃうんですよね。絶対見ていいことないからいらないな。人のケータイは見ない派です。左目がフラッシュライトになっているというのが、ドラマの中でもあるらしくて、街ですれ違った人で『めちゃくちゃイケメンだな、この人』と思った時に、シャッターを押しまくって、アルバムに入れておいて、コレクションにしたいなとは思います。イケメンをずっと見てると変な人だなって思われるから(笑)。フォルダー分けしたいなと思います、イケメンを」

──普段のお二人の関係性は?

篠田「仲良くないですね(笑)」

秋元「こういうことを言うんですよ。『ご飯行こうよ』と誘ってくれるんですが」

篠田「10回誘って、1回来るぐらいの感じで結構断られるんです」

秋元「でも、めげずに誘ってくれるんですけど。先輩なのに断るなって話ですよね。それこそ、麻里子が誘ってくれて、近況報告というか、最近こんなことを思ったという話をしたりとか。仕事の話から、このドラマの話を聞いて、『あ、そんなドラマやるんだ。面白いね』って言ってからのご縁だったので、すごく面白いなって思って、今回受けさせていただきました。でも、初めてじゃないですか。グループ内で共演って、タブーではないと思うんですけど(笑)」

──考え方とか似ているんですか。

篠田「似てないですね。才加は真面目で、私はどちらかというと楽天的です」

秋元「めちゃくちゃ天真らんまんな感じが現場でも本当に出てます。ワイワイしている中心に麻里子がいるので、すごく新鮮です」

──秋元さんがいることで居心地は?

篠田「居心地はいいですね。第3話をすごく楽しみにしてて、秋元才加がくる時からこのシーンを楽しみにしていたので、まだ3話の撮影が始まったばかりですが、ここを楽しみに乗り切りたいなと」

秋元「緊張しがちなんですけど、私。初日からやっぱり仲間が現場にいてくれることで、すっと緊張せず、伸び伸びとやらせていただいているなって感じがします」

 ここで、安藤なつさんが入り……

──共演者で気になる方はいますか。ライバル視している人はいますか。

秋元「新川さん。めちゃくちゃ顔が小さくてかわいいなって思ったので」

篠田「かぶってる?」

秋元「キャラかぶってます(笑)」

篠田「私は部々香ちゃんですね。私は長年ショートカットだったんですけど。今ちょっとかぶってるなと思って、髪形が」

秋元「最初の頃の篠田麻里子の髪形ですね」

篠田「今、部々香役ヘアになりつつあるなと思って(笑)」

──今回の役どころと、役の魅力について教えてください。

秋元「本吉佳蓮は、マラソン界のスターで、誰もが知っている選手ですが、実は、ある悩みを抱えているんです。彼女が抱えている悩みを圭太といろいろ話して、葛藤をどう乗り越えるのか。佳蓮の背中を押してくれる折茂さんを見ていただきたいです」

篠田「栗山五月は、エグザルトンの総務課勤務の女性で、元デザイナーですが、仕事にやる気をなくしちゃってる。自分の夢を追い続けて、一生懸命やっていた日々もあるけど、今は総務課で楽しくやっている。結婚や恋愛に対する悩みを抱えている女子でもあり、仕事ももうちょっと目標を見いだしていけたらなというのも、これから出てくるんじゃないかな。秘密の恋愛の部分もあるかもしれないし、楽しみです」

──五月に共感する部分はありますか。

篠田「ファッションが好きなところ。今、総務課で楽しくやっているけど、将来を見すえる時に悩んだり、挫折だったり、いろんな葛藤があると思うんですけど、そこは分かります。この世代は、恋愛や結婚を考える世代なので、それに揺れ動く女性の気持ちもよく分かります」

──最後に視聴者の皆さまにメッセージをお願いします!

篠田「今回のドラマは“スマホ人間”がテーマですが、実は今までありそうでなかったテーマなんです。キャストのみんなが、探りながら、楽しみながら作っている作品でもあり、また視聴者の皆さんもすごく面白いなと思える作品だと思います。ご覧になる方が共感できる人間ドラマもあるので、ぜひ、毎回楽しみにして見てもらえたらなと思います」

秋元「人から求められている自分、そして本当の自分は何をやりたいのかを本吉佳蓮という人物を通じて表現しております。皆さんが共感できる部分もあると思うので、ぜひ見ていただきたいなと思います」

インタビューの間は、笑いが絶えず、和気あいあいとした雰囲気で、篠田さんと秋元さんの仲の良さがダイレクトに伝わりました。お二人のお話にもあったように、AKB48時代の篠田さんと秋元さんを知っている方でも、知らない方でも存分に楽しめるシーン満載! 待望の「脳にスマホが埋められた!」第3話をお見逃しなく!

日本テレビ担当 P・Y

【番組情報】

「脳にスマホが埋められた!」 
日本テレビ系 
木曜午後11:59~深夜0:54

 
LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP