放送局から直送便・ドラマ版

コラム
LINEで送る

村上虹郎を和気あいあいの雰囲気の中で襲った怪奇現象とは!? テレ東オリジナルホラードラマ「デッドストック」撮影現場に潜入!

 皆さん、夏の暑さにやられていませんか? この夏を涼しく過ごしたい人にオススメのドラマが始まります! その名も「デッドストック~未知への挑戦~」(テレビ東京ほか)。テレ東の社屋移転を題材にした新感覚オリジナルホラードラマで、村上虹郎さん演じる新人ADの常田大陸が旧社屋に残されていた大量の恐ろしいビデオテープを整理していくところから物語が始まります。

 脚本には、「クロユリ団地」など数々のホラー作品を生み出した三宅隆太氏(兼監督)や加藤淳也氏らベテラン作家を迎えます。監督には「ナイトヒーローNAOTO」(テレビ東京ほか)などの話題作を生み出し続ける権野元氏に加え、ドキュメンタリー映画「A」や「FAKE」で数々の話題を巻き起こした森達也氏も参加するということで、テレ東の本気が垣間見えますよね。それにしても、ホラー作品の撮影現場とはどのような雰囲気なのでしょうか!? 気になって仕方がない記者は、撮影現場に潜入! 村上さんと二階堂早織役の早見あかりさん、佐山暁役の田中哲司さんがお寺で人形のお焚き上げをするシーンです。

 早速お寺に上がらせてもらうと、そこに待っていたのはギョッとする数の人形たち。異様な雰囲気に圧倒されながらも写真を撮っていると、なんと三宅監督が「この子が一番かわいいよ~」とクマの縫いぐるみを抱いて見せてくれました! そのかわいさは、本当にホラー映画を撮られているのか疑ってしまうほど(笑)。

 また、実際に人形をお焚き上げする場面を撮影する時には、4人の本物の僧侶の方たちが出演されました。皆さんで一斉に御経を唱える様子は本当に迫力がありました。休憩時間にお写真をお願いしたところ、快く対応していただきポーズもとってくれました! 皆さんとても優しく「今日はレアな宗派の者もいます(笑)」と教えてくれました。

 主役の村上さんにごあいさつをしたところ、「今日は1シーンしかなくて、服装もいつもの衣装と違うけど大丈夫ですか?」と優しい気遣いを! ほかにも、「この前寝ているシーンを撮った時に、本番で本当に寝ちゃって、権野監督に怒られちゃった(笑)」と笑わせてくれたり、「三宅監督が僕の親(歌手のUAさん)と同い年なんですよね~」と意外なエピソードを披露してくれたり。「一日のうち、19時頃にやっと頭・体・心が起きてくるからね。いつも撮影が終わる頃にテンションMAXなんだよな(笑)」と村上さんの貴重な生態も教えてくれました。

 それだけでなく、村上さんが常に面白い声を出している姿も印象的でした。スタッフが日傘を差す時に、「ひっがーさ!!」と復唱したり、スタッフの「撮影始まりまーす!」の声に、「うぃー!!」と元気良く反応するなど、その明るい姿に、見ているこちらも元気をもらえました。

 共演者の早見さん、田中さんとも和気あいあいとされていてとても和やかな様子。しかし、3人で木の下にスタンバイしていたところ、なぜか村上さんにだけ水滴が落ちてくるという怪奇現象(?)が! しかも何回も落ちてきていたようで、早見さんが「虹郎にだけ水滴が落ちてくるー!!(笑)」とスタッフに報告。それを聞いていた田中さんの「ラッキーなやつだといいね!」という一言に、皆さん爆笑されていました。ちなみに、その後、田中さんにも水滴が落ちてきて、「あ! 落ちてきた!!」と驚かれていました(笑)。

 休憩時間には、村上さんと三宅監督が談笑する姿も。時に笑顔で、時に真面目に話をしているその姿から、しっかりコミュニケーションをとりながら撮影をされていることが感じられました。怪奇現象(?)に見舞われながらも、撮影現場はとても和やかで良い雰囲気でした。

 7月21日放送の第1話では、大陸が膨大な未確認素材を確認していると、再生した心霊特番の素材の中にリポーターが包帯女に襲われるという何とも不可解な映像が。ディレクターの二階堂はこの映像を検証して番組にすることを思いつき、大陸も怪奇現象の取材に巻き込まれていきますが…。果たして包帯女とは? 大陸たちは無事に帰ってこられるのか!? 和気あいあいとした雰囲気で撮影されている本気のホラードラマ、ぜひお見逃しなく!!

テレビ東京担当 Y・O

【番組情報】

ドラマ25「デッドストック~未知への挑戦~」 
テレビ東京ほか 
7月21日スタート 
金曜深夜0:52~1:23

 
LINEで送る

キーワード
関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP