放送局から直送便・ドラマ版

コラム

「ひよっこ」で存在感際立つ佐藤仁美を直撃!! 「蔵之介さんと結婚したら、『すずふり亭』は私のもの(笑)」

 個性豊かなキャラクターが続々と登場しているNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。そんな中、第10週・第11週で特に目を引いたのが、ヒロイン・谷田部みね子(有村架純)が働く「すずふり亭」のホール係・朝倉高子役の佐藤仁美さんの存在です。職を失ったみね子に対して、「うちで働く?」と言ってはみたものの、すぐに「しまった!」と困り顔になった牧野鈴子(宮本信子)や、「何人もの美人が通り過ぎていったことか…」と遠い目をする牧野省吾(佐々木蔵之介)。鈴子たちをそうさせたのは、すずふり亭の“看板娘”でもある高子が、面接に来るかわいい女性は採用しないといううわさが原因でした。そして、みんなが心配そうに見守るなか、合格の代名詞ともいえる「あんみつ食べる?」を高子に言われて複雑な気持ちになったみね子に、思わずクスッとさせられた方も多いのではないでしょうか。今回、朝ドラ出演5作目となる佐藤さんに、役についてや撮影エピソードなど、お話を伺いました。

──撮影現場の雰囲気はどうですか?

「撮影はみんな和気あいあいとしています。架純ちゃんが本当にいい子で、休みがないのにいつもニコニコしていて、たまに関西弁が出たりするとなんてかわいいんだろうって思います。やつい(いちろう)さんはいつもふざけているし、蔵之介さんもうっかり京都弁が出たりして、本当に和やかです」

──今回演じている高子はどんな女性ですか? 演じるうえで気を付けていることはありますか?

「(脚本の)岡田惠和さんに『(印象の)まんまで書いたから』と最初に言われたんです。『真面目ではあるけど基本ふざけています』って。それから、台本を読んでいて、みね子が(すずふり亭で)働くようになって同じ制服を着ることになった時に、『へー、こういうデザインだったんだ』というせりふが出てきたりすると、『あ、岡田さん私をいじってる』って思ったりします。そういうところも見どころですね。高子を見ながら、自分はこんなふうに見られているんだ、こういうところがあるんだって思っています。なので、演じるうえで気を付けていることは全くないですね。でも、高子は若い女性に厳しいってなっていますけど、(私は)若い女性には完敗でございます。そこは高子と違いますね。(第10週で)すずふり亭の採用面接で若い女性を落とすシーンがあったのですが、監督が何を思ったのか『全部アドリブでやってください』って言ってきて。あれは困りましたね。もうレパートリーないよって思いながら理不尽な理由で断って、そんな私のアドリブに相手の方たちも対応して…、共に大変でした。こんな投げっぱなしの演出ってあるんですね。やついさんと磯村(勇斗)くんとのシーンもアドリブが多いです。監督がなかなかカットをかけなくて。ひたすら(磯村さん演じる、コックの前田)秀俊をいじる感じで遊んでいます。磯村くんは『怖いですよ。やめてくださいよ』って言ってますけどね(笑)」

──高子にとって宮本信子さん演じる鈴子はどんな存在ですか?

「お母さんみたいな感じです。右腕でありたいんだろうなって思います。普段の信子さんも同じような感じですね。いつもニコニコして、ちょっと私が毒づいても『高ちゃん、そんなことないわよね』と笑いながらフォローしてくれて。やりにくいところはちゃんと監督の前で言ってくださるので、とてもやりやすいんです。いい先輩でもあり…、親戚にいたらいいなって思います。ちょっと頑張ったらすぐ褒めてくれて、駄目なところがあれば叱ってくれて(笑)。信子さんはすぐ褒めてくれるんです。私の扱いを既に分かっているみたいです」

──5作目の朝ドラ出演。以前、今回こそ結婚したいとおっしゃっていましたが…。

「(現時点では)まだ分からないですが、結婚する気がするんです。『じゃ、誰と?』『やついさんではないんだろうな』って考えたりします。蔵之介さん(が演じる省吾)と結婚したら、すずふり亭は私のものになりますよね。鈴子さんとも長い付き合いですし、『じゃ、すずふり亭で頑張ります!』って感じですね。でも、この流れだとすずふり亭の人たちとは結婚しないだろうな。何かしら描かれるらしいといううわさは聞きましたが、もう(結婚は)してもしなくても、どちらでもいいかな」

 とても楽しくお話をしてくださった佐藤さん。佐藤さんのお話から、岡田さんの“いじり”も、監督の“むちゃぶり”も、全てを楽しんで撮影に臨んでいることが分かったと同時に、そこには佐藤さんに対して、岡田さんや監督からの信頼があるのだと感じました。みね子の恋模様はもちろん気になるところですが、高子の結婚話についても今後描かれているといいですね。

 そして、気になる第12週(6月19日~24日放送)。すずふり亭の仕事にも慣れてきたみね子は、休みの日に炊事場に居合わせた久坂早苗(シシド・カフカ)と島谷純一郎(竹内涼真)、新田啓輔(岡山天音)に「それぞれの食べ物を持ち寄って豪華な夕食にしないか」と提案し、啓輔の部屋で一緒に食べることに。そこに、音信不通だった啓輔の相方・坪内祐二(浅香航大)が突然富山から帰ってきます。しかし、長い間帰ってこなかった理由に、心底がっかりするみね子。そんな時、省吾に「内緒で届け物をしてほしい」と頼まれます。お金の入った封筒を持って喫茶店へ行くと、そこには省吾の娘・牧野由香(島崎遥香)が待っていて…。

 浅香さんや島崎さんの登場により、新たな展開が待っているようでますます目が離せません。それに加えて、佐藤さん演じる高子のシーンでは、「これもアドリブかな?」などと想像しながら見ることで、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。これまで以上に、ぜひ高子のシーンに注目してみてください。

NHK担当 Y・S

【番組情報】

連続テレビ小説「ひよっこ」 
NHK総合 
月~土曜午前8:00~8:15ほか 
NHK BSプレミアム 
月~土曜午前7:30~7:45ほか

 
キーワード
関連リンク

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP